MOBY

CVTとは?そのメリットとATとの違い│エンジン音や燃費は?

最近、多くの車に採用されているCVTですが、いったいなんのことなのでしょう?他にもよく聞くことがあるATと一体何が違うのでしょうか?ここでは、CVTの燃費やエンジン音とCVTのメリットやそしてATとの違いをまとめてみます。結局CVTって買いなの?そんな疑問をお持ちで購入に踏み切れていないそんなあなたに読んでいただきたい記事です!

CVTとは?

エンジン画像

出典:http://thepage.jp/

「CVT」とは、「Continuously Variable Transmission」の略称で、日本語では「無段変速機」または「連続可変トランスミッション」と言う動力伝達機構です。

CVTは大きく分けると、ベルト式、チェーン式、トロイダルの3種類で、いずれも歯車ではない機構を用いて、変速比を連続的に変化させます。

CVTには様々なタイプがあるが、ハイブリッドに使われているものを除けば、そのほとんどがベルト式だ。ふたつのプーリーの間にベルトを掛ける。プーリーはベルトがかかる谷間がV字構造になっており、油圧でV字の谷間を狭めたり広げたりできる。するとベルトの掛る位置が変わり有効径が変わる。回す側と回される側両方のプーリーの有効径を変えることでふたつのプーリーの回転速度を変えて変速する仕組みだ。

出典:http://www.subaru.jp/

CVTは、Continuously Variable Transmissionの略で、
文字通り、連続的に変速することができるトランスミッションです。
いくつかの歯車の組み合わせで変速するAT(オートマチックトランスミッション)が
数段階のギア比から走行状況に応じて最適な変速段を選ぶのに対し、
CVTの場合は歯車ではなく自由に径を変えることのできるプーリー(滑車)と、
それにかけられたチェーンを用いることで無段階に変速。
そのためいつでも最適なギア比を選択でき、しかも駆動力を途切れさせることなく走行できます。

出典:http://www.subaru.jp/

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す