初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【初心者向け必需品】車を買ったらすぐに欲しい必須カー用品11選

車を購入して乗り始めると、いろいろとカー用品が必要になるものです。必須カー用品は、なくて困る前に用意しておきたいところ。近年は質の高い商品が安価で手に入るため、予算が少なくても最低限の用品やグッズは揃えられます。とはいえカー用品選びは、ポイントを押さえて行わなければなりません。やみくもに商品を買っても、無駄なお金の浪費で終わる可能性があります。カー用品選びのポイントを押さえつつ、厳選した11のカー用品を見ていきましょう。

車を買ったらまず揃えたいカー用品・必需品は?

これだけ揃えればひとまず安心

近年の車には多彩な機能が備わっていますが、ドライブ中に生じる要望をすべて満たしてくれるわけではありません。念願のマイカーを購入したら、必要最低限のカー用品も揃えたいところです。

とはいうものの、はじめて車を購入した方にとって、カー用品選びは意外と難しいもの。本当に必要なものに絞り、かつよい品物を厳選しなければ、後々の買い直しが必要になるかもしれません。

そこで今回は、正しいカー用品選びの参考となるように、必須カー用品やドライブの必需品を選定しました。商品選びは、Amazonの売れ筋ランキングおよび高評価ランキング(2018年6月1日時点)にもとづいて行っています。
今回選んだ必須カー用品は全部で11点。各用品について次節で詳しく解説しますので、気になる商品をチェックしてみてください。

また、「全部揃えると車内が超便利になるおすすめカー用品」を別の記事で紹介しています。こちらの記事を初心者編とすると、以下の記事は上級者編です。
細かい商品まで揃えたいという方は、こちらの記事も参考にして下さい。

車を買ったらすぐに欲しい必須カー用品11選

スマホホルダー

カーステレオで音楽データを再生したり、ハンズフリーイヤホンで通話したりと、車に乗る際もスマホは役に立ちます。しかしながら、「車にスマホホルダーが標準装備された」という話は耳にしません。

運転席で必要に応じてスマホを操作したいなら、スマホホルダーの設置は必須です。スマホホルダーは使い勝手がよく、信頼性の高いものを選びたいところ。そこでおすすめしたいのが、SmartTapの「EasyOneTouch2」です。

EasyOneTouch2は、ワンタッチでスマホをロック&リリースできる優れもの。使いやすさとホールド力の高さから、EasyOneTouch2は売れ筋商品となっています。

おすすめスマホスタンドについてはこちら

小銭入れ

有料道路や駐車場では、車に乗った状態で料金精算を行います。こうした場面で必要となるのが小銭入れです。使用頻度の高いアイテムであるにも関わらず、小銭入れの装備がない車は少なくありません。

小銭入れは、コインの出し入れがしやすいものを選ぶのがベスト。そこでおすすめしたいのが、セイワの「スプリングコインホルダー」です。

スプリングコインホルダーは、スプリングの力でコインが固定される小銭入れ。スライドさせるだけでコインを取り出せる、アイデア商品です。使い勝手のよさと値段の安さから、スプリングコインホルダーは売れ筋商品となっています。

ウェットティッシュ

参考価格: ¥ 323
(2018年08月20日現在)

愛車でドライブするようになると、車内で食事をとる機会も増えるものです。ドライブ中の食事は楽しいものですが、食品によって汚れた手でハンドルを握ることはおすすめできません。

車内で飲み食いをするなら、おしぼりとして使えるウェットティッシュが必須。車に備えるウェットティッシュには、収納しやすく運転中でも使いやすいものが適しています。

和光堂の「アルコール配合 除菌ウエッティー」は、ドライブに最適なウェットティッシュです。容器がスリムなボトルタイプになっており、カップホルダーやドアポケットに収納できます。

品質のよさも、除菌ウエッティーの魅力です。ティッシュが取り出しやすく、かつ厚手で使いやすいことから、除菌ウエッティーは売れ筋ランキングの常連商品となっています。

ゴミ箱

鼻をかんだティッシュやコーヒーの紙カップなど、車の運転中に出るゴミは意外に多いものです。当然のことながら、車外へのゴミのポイ捨てはしてはなりません。

車内をゴミで汚さないためにも、愛車へのゴミ箱の設置は必須です。車で使うゴミ箱には、インテリアになじみ、かつ倒れにくいものが適しています。

そこでおすすめしたいのが、ナポレックスのダストボックス。底部に転倒防止用の重りが入った、レザー調のゴミ箱です。インテリア性と安定性の高さから、ナポレックスのダストボックスは売れ筋No.1商品となっています。

車用ゴミ箱についてはこちら

フック(ゴミ袋をかける袋としても使える)

車は買い物に便利ですが、帰宅する際に買った商品の置き場所に困る場合があります。とくに鉢植えのような横に倒せない商品は、助手席や後部座席に乗せて気軽に運搬する、というわけにはいきません。

そんなちょっと気をつかう買い物も、フックがあれば楽になります。買い物用のフックは、ゴミ袋をかけるアイテムとしても使えて便利。フックを選ぶなら、耐久性と汎用性の高いものがおすすめです。

ナポレックスの「シートフック」は、運転席や助手席のヘッドレストに引っかけて使うフック。アジャスターを使って長さを調整でき、耐荷重は5Kgと十分です。

シートフックの人気の理由は、使い勝手のよさと耐久性の高さ。Amazonのベストセラー商品であり、リピート購入するユーザーも少なくありません。

傘入れ

多くの車には、傘の収納場所がありません。このため雨の日に車に乗ると、傘の置き場所に困ります。フロアに傘を置くことはもちろん可能ですが、水浸しになるため衛生的といえません。

車内に傘入れを設置すれば、傘の収納の問題は解消できます。車用の傘入れは、傘の出し入れが楽なものを選びたいところ。スムーズに傘を出し入れできれば、必要以上に車内を濡らさずに済みますし、乗り降りの際のストレスを軽減できます。

そこでおすすめしたいのが、ナポレックスのアンブレラケース。開口部が大きく設けてあり、傘の出し入れが楽な車用傘入れです。最大5本の傘をすっきり収納できることから、ナポレックスのアンブレラケースは売れ筋商品となっています。

傘入れ・傘ホルダーについてはこちら

ティッシュホルダー

車を運転しているとき、手に届く場所にティッシュがあると便利です。しかしながら、多くの車にはティッシュを設置するような設備はありません。

車内へのティッシュの設置に役立つのが、ティッシュホルダーです。ティッシュホルダーは取り付け場所の自由度が高く、かつ走行中に外れないものを選ぶ必要があります。

Smilemallのティッシュカバーは、付属のベルトと組み合わせることでティッシュホルダーになる人気商品。車内での取り付け場所には、ヘッドレストやサンバイザー、アームレストなどを選べます。

Smilemallのティッシュカバーは、値段の安さも魅力的。そのコストパフォーマンスの高さから、売れ筋商品となっています。

ティッシュケース・ホルダーについてはこちら

灰皿

近年の車には、灰皿がないモデルが増えています。また、車に灰皿が備わっていたとしても、使用はおすすめできません。車内に備え付けの灰皿を使うと、乗り換えの際に買取査定額が低下する原因となります。

付け加えると、ヤニが染みついてしまうため、車内でたばこを吸うこと自体がNGです。とはいえ、無理にたばこを我慢し続けると、ストレスが溜まって運転の妨げになりかねません。

そこでおすすめしたいのが、車外でも使える車用灰皿の利用です。車内に灰皿があれば安心できますし、実際の喫煙を車外で行うことにより、車の価値を維持できます。

KISTONOの灰皿は、カップホルダーに入るサイズの車用灰皿。筒内を照らすLEDが付いており、夜の車外での使い勝手に優れます。デザイン性の高さもKISTONOの灰皿のグッドポイント。見た目のよさと実用性の高さから、KISTONOの灰皿は売れ筋商品となっています。

車用の灰皿についてはこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す