初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【自分で】車のバッテリーの交換方法7ステップ|意外と簡単?損をしないために

車のバッテリー交換が必要となった時、まずディーラーやカーショップへの依頼を考えるかもしれませんが、意外と簡単に自分で交換することができ、また費用的にも安価に済むのです。自分でバッテリー交換をする方法をまとめました。

自分で車のバッテリー交換作業はできるのか

バッテリーの交換は、車を購入した(正規)ディーラーや、カーショップに依頼するものと多くの人は考えるのではないでしょうか。
車のバッテリー交換作業で「端子から火花が出たと聞いたことがある」とか「感電してしまうのではないか」とか不安なことを考えがちですが、きちんと手順を守って作業すれば、車のバッテリー交換は意外と簡単に自分でできてしまいます。
また自分でバッテリー交換をすることで、費用を抑えることもできます。

車のバッテリー交換の価格

車のバッテリー交換を、車を購入したディーラーに依頼すると、車種によって幅がありますが高い金額がかかります。
また、車のバッテリーに限らず正規ディーラーでは、多くの場合メーカー純正品の使用を推奨しています。
しかし純正品でなくとも、形式や仕様があっている適切なバッテリーは使用することが可能です。

バッテリー交換の工賃は、店頭でバッテリーも買った場合と持ち込んだ場合で異なります。
バッテリーを自分で持ち込もうとしても、断られる場合もあるので、事前の確認が必要です。

自分で車のバッテリーを用意すればかなり得をするケースも

同じ仕様のバッテリーであれば、ディーラー指定でなくても安価に購入することができます。
バッテリーメーカーのカタログに車種別で記載されていますので、きちんと確認すれば間違うことはありません。
どうしても心配な方は、メーカー指定のバッテリーを自分で購入すればいいでしょう。

自分で車のバッテリーを交換する前に準備するもの

自分で車のバッテリーを交換する前に準備をしましょう。

1) 新品のバッテリー(同一品、もしくは同仕様・同等品)
 自動車用品量販店やネットなどで車に合ったバッテリーを購入してください。
2) 工具(レンチ、ソケットレンチ)、作業用の手袋
 使用されているナットにあったサイズのレンチ/ソケットレンチ、またドライバー(+/ー)が必要なケースもありますので、用意しておくと便利です。
3) バッテリーの「+端子」をカバーするもの(ゴム手袋、軍手など)
 外した+側のケーブルコネクターが短絡しないよう保護するためのものです。
4) メモリーバックアップ

メモリーバックアップとは?

自分で車のバッテリーを交換する際に「メモリーバックアップ」を使用することがあります。
バッテリー交換時、そのままバッテリーを外してしまうと、時計や純正のオーディオ/ナビ/セキュリティ装置も電源供給が絶たれ、それらの設定内容がリセットされてしまうことがあります。
また車のECU(車載コンピューター)による学習機能の情報が蓄積されている場合もあり、車の設計によってはバッテリーを外すとそれもリセットされてしまいます。

これらをリセットしないように一次的に乾電池で保護するのが「メモリーバックアップ」です。
メモリーバックアップを必要としない車種もありますので、事前に取扱説明書や正規ディーラーなどに確認してください。

メモリーバックアップ製品の紹介

バッテリー交換時に、ECU、オーディオなどの機器に設定されているデータをリセットしないように電池を使用してデータを保護します。

自分で車のバッテリーを交換する方法:7ステップ

自分で車のバッテリー交換するするための作業「7ステップ」を紹介します。
メモリーバックアップが必要ない車種の場合は、ステップ2とステップ6を省略できますので「5ステップ」となります。

作業の際はエンジンルーム内の金属部分のエッジや、部品などで怪我を防ぐために作業用の手袋をすることをおすすめします。
また作業は全て自己責任となりますのであらかじめご理解ください。

ステップ1:バッテリーを外す

自分で車のバッテリー交換する最初の作業は、バッテリーを固定している部品を外すことです。
メーカーや車種によって、バッテリーの固定方法は異なりますが、多くの車種は、バッテリーの中央をステーにて固定しています。
六角ナットで固定されている場合が多く、サイズにあったレンチ/ソケットレンチを使用するといいでしょう。
外した六角ナットを落とさないように注意してください。

ステップ2:メモリーバックアップを接続する

バッテリー端子からケーブルを外す前に、メモリーバックアップを取り付けます。
バッテリー端子に固定されている電源ケーブル側の金属部分(バッテリーターミナル)に、メモリーバックアップのクリップを挟んで取り付けます。
最初に「+」端子、次に「ー」端子の順で、対応する極に取り付けましょう。
「+」端子は、短絡を防止するために赤いゴムカバーで覆われているので手で剥がしてからクリップをしっかり取り付けてください。

ステップ3:外すのはマイナス端子から!

メモリーバックアップを取り付けて、車のデータがリセットされない状態になったら、バッテリー端子からケーブルを取り外します。
最初に「ー」端子から外します。
多くの場合、六角ナットで締め付けてありますので、それを緩めてから取り外します。
固着している場合は、ナットを緩めてケーブルの端子部分を左右上下に揺らして外してください。
次に「+」端子です。
「+」端子からケーブルを「ー」端子と同じ要領で外します。

外した「+」端子は、メモルーバックアップのクリップを外さないように、他の金属と接触しないよう、ゴム手袋や軍手などでくるんでおいてください。

ステップ4:バッテリーを載せ替える

ケーブルを邪魔にならないところに避けてください。
バッテリーには取り外し作業に便利なグリップがついていることが多いので、そのグリップを立てて、垂直に持ち上げて取り出します。
バッテリーは重いので、落とさないように注意して作業してください。
新しいバッテリーを載せる際には端子の向きを間違わないようバッテリーの方向に注意してください。

ステップ5:接続はプラス端子から!

取り外したケーブルをバッテリー端子の接続します。
最初に「+」端子です。
短絡しないように被せてあったゴム手袋や軍手を取ります。
その際にメモリーバックアップのクリップを外さないように注意してください。
バッテリーの端子に付けたら六角ナットを締めて固定します。
次に「ー」端子も同じ要領で取り付けてください。

ステップ6:メモリーバックアップを外す

メモリーバックアップを取り外します。
外す手順は、バッテリーとの時と同じ要領で、最初に「ー」のクリップ、次に「+」のクリップを取り外します。
バッテリーの「+」端子にある短絡防止用の赤いゴムカバーを元に戻します。

ステップ7:バッテリーを固定する

バッテリーを固定していたステーを元に戻して固定します。
最後にもう一度、バッテリーの端子に固定したケーブルが緩んでいないか軽く左右に振って確認してください。

これで車のバッテリー交換作業は完了です。

バッテリー端子を取り扱う手順は【ー++ー】

バッテリー端子からケーブルを取り外す順序は「ー」→「+」です。
取り付ける順序は「+」→「ー」です。

【ー++ー】と覚えておけば分かりやすいと思います。

これはバッテリーの「+」端子から電流が流れないための措置です。
先に「ー」端子を外しておけば、「+」端子を取り外している最中に何処かに短絡しても電流は流れませんので火花は出ません。
バッテリー端子からケーブルを取り外す順序を間違えなければ大丈夫です。

愛車のメンテナンスを自分で行うことによって車をより理解し、愛着が湧いてくると思います。
機会があれば是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

バッテリーに関するおすすめ記事はこちら!

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す