MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 知ってた?保険付帯のロードサービスでも十分なのにJAFの入会者が多い理由
ニュース

更新

知ってた?保険付帯のロードサービスでも十分なのにJAFの入会者が多い理由

バッテリー上がりやキーの閉じ込みなど、急なトラブルに見舞われたときに心強い味方となるのがロードサービスです。ひと昔前までは「ロードサービスといえばJAF」という認識が一般的でしたが、最近では任意保険に付帯するケースも多くなってきました。

いまや大半のドライバーは任意保険に加入しているため、保険付帯のロードサービスがあれば、わざわざJAFに入会する必要はないように思えます。

任意保険とJAF、それぞれのロードサービスにはどのような違いがあるのでしょうか。

任意保険とJAFのロードサービスの特徴

©︎ThamKC/stock.adobe.com

損保会社によってサービス内容には若干違いがありますが、そのなかでも無料で受けられる代表的なものをいくつか挙げておきます。

  • 落輪時の引き上げ
  • レッカー移動
  • キーの閉じ込み対応
  • バッテリー上がり
  • 燃料切れ
  • パンク時のスペア交換(パンク修理はできない場合が多い)

基本的に上記のような対応は、保険付帯のサービスでも無料であり、保険金の請求がなければ等級にも影響しません。

ただし、利用できる回数に制限が設けられているケースも多く、作業によっては有料になることもあります。無料になる範囲や回数などは、利用前にスタッフに聞くのが確実です。

対して、JAF会員になることで利用できるサービスをいくつか見てみましょう。

  • 落輪時の引き上げ
  • レッカー移動
  • キーの閉じ込み対応
  • バッテリー上がり
  • 燃料切れ
  • パンク時の応急修理・チェーン着脱
  • 雪道でのスタック救援
  • 大雨などによる自然災害時の対応

JAFの個人会員は入会金2,000円(クレジットカードによる入会は1,500円)、年会費4,000円を支払う必要がありますが、パンク時の応急修理やチェーン着脱、雪道・泥道におけるスタック救援、自然災害トラブルも含まれます。

また、こちらも一部例外はあり、有料となるケースも存在しますが、サービスの多くは何度利用しても原則無料となります。

サービス内容については、保険付帯の場合は回数制限があることも多いですが、よくあるトラブルの「バッテリー上がり」や「キーの閉じ込み」などは、損保会社・JAFのどちらでも対処してもらえるため安心です。

料金をみてみると、保険付帯の場合は保険料を支払っていれば基本的には年会費無料。一方でJAFの場合は、先述したとおり入会金2,000円、年会費4,000円がかかります。

料金だけをみれば、保険付帯のサービスのほうが金額的にはお得かもしれません。

JAF会員になるメリットはあるの?

意外にも保険付帯のサービスが充実していると思った人もいるのではないでしょうか。

しかし任意保険と比較したとき、JAFには大きなメリットがあります。それは、「サービスの対象」です。

JAF広報部に聞いてみると、以下の回答が得られました。

「JAFの会員サービスは『クルマ』ではなく、『人』にかかります。ですので、個人会員(もしくは家族会員)であればレンタカーやご友人のクルマの運転時でも、24時間365日ロードサービスをご利用いただけます(同乗しているだけでも利用可)。」

保険の場合、基本的にサービス対象は保険を契約している車に限定されます。しかし、JAFの場合は「人」にかかるため、会員であれば社用車やレンタカー、友人の車、バイク、原付に乗っているときでも対象となるのです。

マイカー以外に乗車、あるいは同乗しているケースでも適用となるのは嬉しいポイントです。

任意保険とJAFのサービスの組み合わせが安心?

毎年の費用を考えると任意保険、トラブル対応の範囲を考えるとJAFが優れているといえますが、おすすめは「保険付帯のサービス+JAF」の組み合わせです。

JAFでは「自動車保険加入者への優遇サービス」を行っており、それを利用すれば任意保険のロードサービスに対し、プラスαのサービスを受けることも可能です。

例えば、保険付帯のサービスで、レッカーの無料移動距離が50kmだとします。JAFにも加入しており優遇サービスを受けると、そこにJAFの無料移動距離(15km)をプラスした65kmまでが無料の距離となります。

さらに優遇サービスにおいては、保険付帯サービスでは対象にならないことが多い「パンク修理」や「チェーンの着脱」なども対象となります。

各損保会社によって、内容や利用できる回数は違ってきますので、加入済み保険のロードサービスを確認してみましょう。お住まいの地域や車の利用状況を考慮し、もし不安材料があった場合は、入会費・年会費はかかりますが、JAFへの入会を検討するのも有効です。

とはいえ、保険付帯のサービスでも基本的なものは揃っているため、マイカー以外乗ることがなく、運転頻度も少ないという人には、「保険付帯のロードサービス」がおすすめです。

一方で、マイカーだけではなく、社用車や友人の車、レンタカーに乗る機会が多い人、降雪地帯に住んでいる人には、「保険付帯のサービス+JAF」の組み合わせをおすすめします。

知っとくと便利!まさかの事態に備えよう

冬のトラブル対策に役立つカー用品とは?

JAFの入会者数は年々増加中!

執筆者プロフィール
成田 佑真
成田 佑真
1993年生まれ。普段は医療機器販売を行っているが、暇があれば自動車関連記事を読み漁る。愛車はマークX。子どもの頃からマークⅡに憧れ、社会人になりマークXを購入。週末は必ず手洗い洗車を行い、ドライブに出か...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード