MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 【取り締まり強化】自転車でやりがちな“アレ”は違反?警察に聞いてみた!
ニュース

更新

【取り締まり強化】自転車でやりがちな“アレ”は違反?警察に聞いてみた!

悪質な自転車には赤切符交付へ、取り締まりを強化

©Peterfactors/stock.adobe.com

交通ルールを守らずに走行している悪質な自転車の走行が多発しています。自転車が加害者になるケースも増えていることから、警視庁は2022年10月から悪質な自転車への取り締まりを強化していくことを発表しました。

具体的には「信号無視」「一時不停止」「右側通行」「徐行せずに歩道走行」を重点的に取り締まるとしています。

また、これまでは、こうした違反をした自転車には「自転車指導警告カード」を交付していましたが、今後は赤切符が交付され、罰則の対象となります。

自転車指導警告カードには罰則などの法的な措置はなく、あくまでも注意を促すという役割のみでした。しかし、赤切符は、比較的重い違反を犯したときに交付され、行政上、刑事上の責任を問われる告知票です。

赤切符を交付されると、警察官からの取り調べを受け、状況によっては、交通裁判所への出頭を命じられる可能性もあります。そこで事実確認などの取り調べを再度受け、書類送検されることもあります。

取り締まりが強化されるのは4つの違反行為

©candy1812/stock.adobe.com

取り締まりが強化され、自転車であっても赤キップが交付される対象となるのは、以下4つの違反行為です。

1.信号無視

歩行者用の信号を見ていたなどの理由で、車両用信号が赤になっているにも関わらず進行してしまった場合は違反となります。

2.一時不停止

一時停止が標識や標示で義務付けられている場所で止まらない行為を一時不停止と言います。停止線の手前で止まらなければ違反です。

3.右側通行

自転車は車両と同じく「左側通行」が原則です。右側通行している自転車と車や歩行者との接触事故が増えています。

4.徐行せずに歩道走行

道路交通法によって「普通自転車が歩道を通行する場合、道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分又は歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しなければなりません。 また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければなりません。」と定められています。

執筆者プロフィール
室井大和
室井大和
1982年生まれ。ライター歴6年、自動車業界9年。合わせて約15年。雑誌編集、記者、指定自動車教習所員資格保有。愛車はスズキスイフトスポーツ(33型)、BMW323i(E90型)、ジムニー(JB23型)。車はセダンではじ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード