MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ドライブ > ドライブスポット・コース > 【奥多摩湖紅葉狩り・ドライブコース総合情報】ダム湖では鉄板!ダムカレーを味わう

【奥多摩湖紅葉狩り・ドライブコース総合情報】ダム湖では鉄板!ダムカレーを味わう

「奥多摩湖」紅葉狩りの見頃の時期は10月中旬~11月中旬

奥多摩湖の紅葉は10月上旬ごろから色づきはじめ、例年10月中旬~11月中旬に見頃を迎えます。東京都と山梨県をまたぐ広大な湖に、カエデや桜、コナラ、イチョウなどの木々が約1ヶ月をかけて色づいていくようすは見事です。

青梅街道と奥多摩周遊道路が湖を囲み、エメラルドグリーンに輝く湖面と紅葉した山々をさまざまな角度から見ることができます。湖畔には展望台や駐車場が数ヶ所あるため、途中で休憩を挟みながらドライブを楽しめます。

奥多摩湖に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

サス沢山山頂からの見事な眺望

サス沢山の山頂は、奥多摩湖や倉戸山が一望できる絶景ポイントです。エメラルドグリーンの湖と大自然が織りなす風景が見事に調和しています。湖畔からの眺めとは異なり、はるか遠くまで続く山々が見渡すことができます。

小河内ダムから見下ろす紅葉

小河内ダム展望塔からは、谷川と山側の風景を楽しめます。谷川を見下ろせばダムの高さが実感でき、山側を見渡せば広大な奥多摩湖の絶景が見渡せます。展望塔の2・3階には展示室もあり、入館料は無料です。

紅葉に囲まれた奥多摩周遊道路

青梅街道から深山橋を渡り、檜原方面へ向かう道が奥多摩周遊道路です。紅葉した木々と大自然の織りなす風景が檜原都民の森まで続く、景観のよいワインディングロードです。きついヘアピンカーブはありませんが長い直線もなく、ひたすらカーブが続きます。

景色に気を取られて事故を起こさないように気をつけて走りましょう。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称奥多摩湖(おくたまこ)
色づき初めの時期10月上旬
見頃の時期10月中旬~11月中旬
紅葉する木の種類カエデ、桜、コナラ、イチョウ
住所東京都西多摩郡奥多摩町
電話番号0428-83-2152(奥多摩観光案内所)
0428-86-2731(奥多摩水と緑のふれあい館)
営業時間24時間
9:30~17:00(奥多摩水と緑のふれあい館・水曜定休)
料金無料
駐車場65台 無料(奥多摩湖ダムサイトパーキング)
84台 無料(大麦代園地駐車場)

アクセス

首都圏中央連絡自動車道青梅IC、または日の出ICから60分ほどで奥多摩湖に到着します。中央自動車道を利用する場合は、大月ICで下りて国道139号線を北上するルート(約60分)が便利です。

カーナビに住所を入力すると正しい目的地設定ができない場合があるため、施設名称検索で「奥多摩 水と緑のふれあい館」と入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、奥多摩の大自然と美しい紅葉が見られると全体的に非常に高い評価を得ていました。一方で食事ができる店が少ない、サイクリングやライダーが多く運転には注意が必要とのコメントも見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。

「赤く染まった木々がとっても湖とマッチして美しかった」
「ダムの無料展望台からの眺めが抜群」
「四季桜と紅葉のコラボレーションが楽しめる」
「サイクラーが多く、バイカーも多く、事故に要注意」
「リゾート地ではないので、お土産屋や飲食店はあまりない」

おすすめグルメ・特産品情報

「カタクリの花」

奥多摩 水と緑のふれあい館のなかにあるレストラン「カタクリの花」は、メニューが豊富で美味しいと評判です。なかでも人気のメニューは、小河内ダムの特徴をよく表わしている「小河内ダムカレー」です。このほかそばやうどん、定食もあります。

「のんきや」

View this post on Instagram

2度目の奥多摩ラーツーはバンド仲間の「ファイヤー洋一くん」と。 「のんきや」さんの手打ちチャーシュー麺は1度目より更に美味しかった✨(拉麺より先に出してくれるもっちり系餃子もまいうーっ✨) 奥多摩湖の紅葉も見頃の時季に入りました🌰🍂🍁これからの半月くらいが一番美しいと思います。 洋一くんは、バイクレーサー&ボディビルダー&トランペッターというマルチファイヤーマン(ゴルフも上手い!)一回りも上の私と良く遊んでくれます(笑) ハーレー他4~5台のバイクを所有していますが、今日はクロスカブに合わせて超カスタム&ボアアップ&チューンナップされたCDで付き合ってくれました。峠道走行の速さ・上手さはさすがプロ✨私には真似できません💦(近々YouTubeにupしますね!) 幸せの黄色いクロスカブは、ウィンカーレンズをスモークにし、リアフェンダーガードを取り付けました。 テールレンズもスモークにしなきゃダメですね‥‥💧 #のんきや #奥多摩ツーリング #奥多摩ラーメンツーリング #奥多摩湖 #ラーツー #奥多摩湖周遊道路 #幸せの黄色いクロスカブ #クロスカブカスタム #手打ち中華そば #紅葉ツーリング

A post shared by Saito-X (@sight.cross) on

奥多摩湖へ来たら食事はここで!というリピーターの多い「のんきや」。見た目はさっぱりなのに、味は濃厚な手打ちチャーシューメンが人気です。奥多摩湖の雄大な景色が一望できる窓際の席がおすすめです。

「Cafe Indigo Blue」

水と緑のふれあい館から近く、青梅街道を挟んだ山側の高台にたたずむ古民家カフェが「Cafe Indigo Blue(カフェ インディゴ ブルー)」です。畳の上に座卓が並ぶ店内では、コーヒーや紅茶、ジェラートが味わえます。縁側からは、奥多摩湖や周囲の山々の雄大な景色が見渡せます。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード