MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 【ガソリンの種類】レギュラー・ハイオク・軽油の違いとは?
役立つ情報

更新

【ガソリンの種類】レギュラー・ハイオク・軽油の違いとは?

レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油(ディーゼル)の違いを紹介し、指定燃料の見分け方指定以外の燃料を入れるとどうなるかを解説します。軽自動車に軽油はOK?レギュラーとハイオクを混ぜるのはアリ?などの疑問にもお答え。

車の燃料の種類と特徴

レギュラーハイオク軽油
沸点30℃~180℃30℃~180℃240℃~350℃
オクタン価89以上96以上
給油口ラベルの表記・レギュラー
・無鉛ガソリン
・ハイオク
・無鉛ハイオク
・プレミアム
・軽油
・ディーゼル
給油ノズルの色
液体の色・オレンジ色
・ピンク色
・オレンジ色
・ピンク色
淡黄色
輸入車での表記無鉛ガソリン無鉛プレミアム
ガソリン
ディーゼル
レギュラーを給油ハイオクを給油軽油を給油
レギュラー指定車×
ハイオク指定車×
軽油指定車××

レギュラー、ハイオク、軽油の違いとは?

ガソリンと軽油の違いは生成時の沸点

レギュラー、ハイオク、軽油は、生成時の沸点によって「ガソリン」と「軽油」に分けられます。ガソリンも軽油も、油田から産出された原油を蒸留して生成しますので元は同じ。レギュラーとハイオクはガソリンの種類を指します。

原油は製油所の加熱炉で約350℃に加熱、蒸気になって蒸留塔に送られ、以下のような蒸気の沸点により異なる燃料として分けられます。

沸点冷却後の色
ガソリン30℃~180℃無色
軽油240℃~350℃淡黄色

レギュラー・ハイオクは「オクタン価」の違いによるガソリンの種類

同じガソリンであるレギュラーとハイオクの違いは、ガソリンの性質を表す「オクタン価」の違いによるものです。オクタン価とは、ガソリンに含まれる成分の一つである「イソオクタン」の割合を表すもの。最高値は100です。

日本のガソリンにおいては、オクタン価が96以上のガソリンを「オクタン価が高い(High)ガソリン=ハイオクガソリン」と分類しています。

レギュラーとハイオクのオクタン価の違いは以下の通りです。

  • レギュラーガソリン:89以上
  • ハイオクガソリン:96以上

ハイオクガソリン=理想的なタイミング&効率のよい燃焼が可能

オクタン価が高いガソリンほど、自己着火しにくく、ノッキングが起こりづらくなる性質をもっています。

自己着火しにくいということは着火性が低いので、エンジンのシリンダー内でピストンが一番上に上がった時点で点火し、ピストンが下がりきったところで爆発が終了するという、理想的で効率がいい燃焼を実現できるというメリットがあります。

理想的なタイミングでガソリンが燃焼することで、ノッキングを抑えることができます。

このようにハイオクガソリンにはレギュラーガソリンにはないメリットがあるうえ、液体内にエンジン洗浄成分が混合されていることから、ハイオクガソリンのほうが高価です。

適合する燃料の見分け方|レンタカー利用時に便利なポイント

給油口を開けてラベルをチェックしよう

給油する燃料の種類がわからないときは、給油口のフタを開けてみましょう。フタの裏や給油口キャップまたは給油口の近くに、燃料の種類を示すラベルや記載があります。

レギュラー指定のラベル

レギュラー指定のラベル
赤のラベルに「レギュラー」と記載されている

ハイオク指定のラベル

ハイオク指定のラベル
オレンジに「無鉛プレミアム」と記載されている

ラベルの記載は、以下のように見分けることができます。

燃料の種類記載・表示
レギュラーガソリン「レギュラー」「無鉛ガソリン」
ハイオクガソリン 「ハイオク」「無鉛ハイオク」
「プレミアム」「無鉛プレミアム」
軽油 「軽油」「ディーゼル」

指定燃料のラベル・表示が汚れていたり、破損して確認できない場合は、ガソリンスタンドの店員さんを呼んで確認してもらいましょう。

給油ノズルも色で見分けよう

セルフ式ガソリンスタンドの給油ノズル

日本の一般的なセルフ式ガソリンスタンドでは、燃料によって給油ノズルが色が分けられています。

  • レギュラー:赤
  • ハイオク:黄色
  • 軽油:緑色

間違えないように液体も色が異なる

ガソリンと軽油は間違えないように、ガソリンにはオレンジ色系統(ガソリンによってはピンク色に近いものもあり)に着色してあります。 とはいえ、ガソリンスタンドでの給油時に燃料の色を確認することは難しいため、参考程度に覚えておきましょう。

無鉛ガソリンと無鉛プレミアムガソリンの違いは?

輸入車の場合「無鉛ガソリン」「無鉛プレミアムガソリン」 という言葉を目にすることもあります。この「無鉛ガソリン」「無鉛プレミアムガソリン」は、日本でいう「レギュラー」と「ハイオク」にあたります。

無鉛とは文字通り、鉛を使っていないガソリンのことです。現在のガソリンはほぼ無鉛なので、「無鉛ガソリン」「無鉛プレミアムガソリン」を使用しなければならない場合、レギュラーガソリンかハイオクガソリンを入れれば問題ないのです。

昔は有鉛ガソリンが主流だったなごり

かつて車には有鉛ガソリンを使用するのが普通でした。なんと昭和40年代の車はほぼ有鉛ガソリンが使用されていました。

有鉛ガソリンとは「エチル鉛」を混合しているガソリンのことです。このエチル鉛にはエンジン内でのガソリンの燃焼状態を改善するアンチノック剤としての効果がありました。またバルブシートが衝撃で摩耗しないようにクッション材としての役割も果たしていました。

エンジンは車にとって心臓部分なので、鉛は当時とても重要な役割を果たしていたのです。

無鉛か有鉛かを区別するステッカーもあった

無鉛ガソリン車であることを示すステッカー
出典:wikipedia.org Author:Norseman5614 CC 表示-継承 3.0

しかし、1970年に東京で鉛中毒事件が起こりました。鉛は人体には多大な害を及ぼす物質だったため、すぐさま原因の究明がなさます。そこで中毒の原因として上がったのが、車から出る排気ガスに含まれる鉛でした。

その後、政府の指導のもと1975年にレギュラーガソリンが無鉛化、1987年にはハイオクも無鉛化され、全てのガソリンが無鉛化されました。

自動車メーカーもそれに伴い、無鉛ガソリンに対応したエンジンの再開発を余儀なくされましたが、鉛は排ガス浄化に使われる触媒を被毒させ性能を低下させる効果があることも判明。最終的に無鉛化したほうが、エンジンにとってもよい影響があることがわかりました。

なお、有鉛ガソリン車からの移行期には、画像のようなステッカーでガソリン車を区別していました。

有鉛ガソリンは完全には無くなっていない

有鉛ガソリンは環境破壊にも繋がっています。先進国では、ほぼ無鉛化が進んでいますが、発展途上国ではまだ有鉛ガソリンが使われており、環境破壊に繋がるとして問題となっています。

現在、車と環境問題は切っても切り離せない関係になっていますので、車業界としても世界のガソリンの完全無鉛化が急務となっています。

無鉛プレミアムガソリン車は環境性能が高い?

最近は無鉛プレミアムガソリンの開発が進んでいます。そのため、無鉛プレミアムガソリンは、よりクリーンなガソリンとしてのイメージが強く、それを売りにしている傾向にあります。

日本車ではまだそこまで増えていませんが、輸入車などは小型(フィアットなど)車であっても無鉛プレミアムガソリンを燃料としている場合があります。

指定以外の燃料を入れるとどうなる?

レギュラーガソリン指定の車

レギュラー車にハイオクを入れた場合

レギュラーガソリン指定車はオクタン価の低いレギュラーガソリンを使用して、ノッキングが発生しないように設計されています。したがって、ハイオクガソリンを入れてもとくに問題はないでしょう。

レギュラー車に軽油(ディーゼル)を入れた場合

軽油を間違って給油しても燃料パイプにガソリンが残っているので、とりあえずエンジンはかかります。しかし、軽油はガソリンほど気化しないので、走行中に不完全燃焼による点火プラグの汚れによってエンジンが停止します。

どれくらいの距離を走れるかは、タンクに残っていたガソリン残量と軽油との濃度割合によります。

エンジンが停止した後は燃料・エンジンオイル・点火プラグの交換などの整備で済む場合が多いようです。

ハイオクガソリン指定の車

ハイオク車にレギュラーを入れた場合

ハイオク指定の車は、高いオクタン価の燃料で性能が発揮できるように設計されています。そのため、オクタン価が低いレギュラーを給油するとノッキングの発生、出力の低下、燃費の低下などが発生する可能性があります。

しかし現在、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れるというのはある程度メーカー側も想定しており、即故障には至るということはありません。 ただし、継続的なレギュラーの給油により故障した場合は、メーカーの保証対象外となることが多いようです。

現代の車はコンピューター制御されており、エンジンも例外ではありません。ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れた場合、レギュラーガソリン用のプログラムが作動し、自動的に燃料噴射や点火時期を遅らせ、ノッキングを抑えるようになっています。

ただし、出力や燃費は5~30%ほど落ちる傾向にあるので、エンジン本来の力を発揮することはできなくなります。よって、ハイオクガソリン指定車にレギュラーガソリンを入れることは推奨はされていません。

同じく、クラシックカーや旧車など年式が古い車や、キャブ車、「ハイオク専用車」となっている車の場合は、レギュラーガソリンを入れることでエンジントラブルを引き起こす可能性もあります。

ハイオク車に軽油(ディーゼル)を入れた場合

レギュラーガソリンに軽油を誤給油した場合と同じ症状です。

軽油(ディーゼル)指定の車

ガソリン(レギュラー・ハイオク)を入れた場合

ガソリンを誤給油しても、残っていた軽油と混合されるのでエンジンの始動はできるでしょう。しかし始動後は、馬力が落ちて白煙混じりの排気ガスが出るようになり、最終的には噴射ノズルが故障しエンジンが停止します。

ディーゼルエンジンの乗用車に用いられる分配型噴射ポンプの多くは、燃料(軽油)でポンプを潤滑するため、ガソリンが混入すると故障します。

また、トラックの列型ポンプはエンジンオイルで潤滑されるので噴射ポンプの故障はありません。しかし馬力の低下につながり最終的にはエンジン停止に至ります。

【要注意】軽自動車に「軽油」はNG!

「軽自動車」「軽油」という名前から、軽自動車には軽油を給油すると勘違いしている人もいるようです。誤給油を防ぐために、ガソリンスタンドによっては注意書きや「軽油」ではなく「ディーゼル」と表記している場合もあるぐらいです。

軽油はディーゼルエンジン車の燃料。軽自動車は基本的にレギュラーガソリンを給油します。

レギュラーとハイオクを混ぜるとどうなる?

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンのオクタン価の平均値である「95」が、ハイオク車指定のオクタン価です。

そこで、ハイオクガソリンとレギュラーガソリンを半分ずつ入れると、オクタン価はちょうどハイオク仕様車が推奨している95になります。この場合、ハイオク仕様車に適した燃料が使用できているので、問題有りません。

半分ずつ入れたところで均一に混ざり合うことはないと指摘している人もいますが、まったく違う物質を給油するわけでなないので、心配するほどではありません。もし心配であれば、ハイオクの割合を少し多くして様子を見てみましょう。

ただし、「ハイオク専用車」の場合はハイオクだけを入れましょう。

燃料以外のものを入れるとどうなる?

給油タンクに燃料以外の液体を入れると、ほぼ確実に故障の原因になります。

例えば、海外の若者が投稿した動画では、ガソリンの代わりにコカ・コーラを入れています。ガソリン切れを起こしそうな車にコーラを投入。アクセルを踏むと、まだ残っているガソリンのおかげで走行することができますが、車は途中で動かなくなります。

同様に、他の液体を入れた場合も、最初は残っているガソリンにより少しは車が動きますが、最終的に停止し、エンジンが壊れてしまいます。

コーラを入れた動画では、日本円にして18万円の修理費がかかる結果に。エンジンの修理や燃料タンクの洗浄(または交換)などで高く付きますので、絶対に真似しないようにしましょう。

誤って間違った種類の燃料を入れてしまった場合、車のエンジンをかけたりせず、ガソリンスタンドのスタッフへ相談してください。

【まとめ】車には指定燃料を入れるのが鉄則。レンタカーへの給油は要注意

車の故障を防ぎ、最も効率のよい動きを引き出すためには指定燃料を給油することが大前提です。唯一、レギュラー車にハイオクガソリンを入れても問題ありませんが、メリットはあまりありません。

特に、普段乗りなれない車やレンタカーに給油する場合は、指定燃料が何なのかを給油口ラベルから必ず確認しましょう。万が一、誤った燃料を給油してしまった場合は、車のエンジンをかけずに、ガソリンスタンドのスタッフへ確認してください。

車の燃料や燃費に関する記事

車選び初心者へのおすすめ記事

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!