MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > ピロボールとは|異音発生は交換すべき?車の足回りに重要なその役割を解説
役立つ情報

更新

ピロボールとは|異音発生は交換すべき?車の足回りに重要なその役割を解説

ピロボールとは?

NMB ピロボール M18 ピロアッパー等用 補修用 交換用ピロ 新品♪
現在の価格3,100 円
現在の入札数0
詳しくはコチラ⇒https://t.co/nkA4m9MHOj pic.twitter.com/OgScSLpj8t— もいちゃんデラックス (@moichandx) 2016年6月10日

ピロボールとは、サスペンションのリンクや、スタビライザーなどの継ぎ手に使われている金属製の球と球面シートからなるボールジョイントのことです。
今回は、ピロボールの役割や、ブッシュとの違いなどを説明していきます。

サスペンションとピロボールの関係と重要な役割

サスペンション

サスペンションには、部品を覆うハウジングと車の強度を向上させるためのパーツであるクロスメンバーを結合するリンク、アームという棒があります。そのリンクとアームの端には、ブッシュと言われるゴムと筒が仕込まれています。
そのブッシュをピロボールに交換します。

サスペンションとは?仕組みと効果、交換のメリット・デメリット総まとめ

ピロボールに交換するとどうなるか

ピロボールに交換すると、ゴムによる衝撃吸収などが無くなりますが、ゴムのたわみによるサスペンションの余計な動きが少なくなり、ブレーキング、コーナー進入のサスペンションの変化を抑え、安定性を向上させます。

ピロボールは高価!

ゴムブッシュの値段はピンキリですが、100円から600円ほどになっているのに比べて、ピロボールは1000円から3000円ほどと、10倍近くの差があります。

ピロボールは高価なものなので、一般車にはゴムであるブッシュが使われていますが、レーシングカーなどにはゴム特有の弾力によってサスペンションやステアリングの遊びが大きくなってしまい、挙動が伝わらなくなってしまうので、全ての稼動する軸受けにピロボールを使用しています。

ブッシュよりピロボールの方が良い?

ここまで記事を読むと、一般車にもピロボールを取り付ければいいのではないか、と思う方もいることでしょう。
しかし、一概にそうはいえないのです。
ブッシュにも利点はきちんとあります。
次からは、ブッシュの利点やピロボールが抱える欠点を説明します。

ブッシュの利点

車のサスペンションの接合部などに使われる「ブッシュ」という部品があって、なんで「藪」なんだ?と疑問だった。bushには切り株、丸太という意味もあり、形が切り株みたいだからブッシュだと思う。ケーキのビュッシュ・ド・ノエルと同源。 pic.twitter.com/fk3XrZnkIH— 惹起一休 (@jack19998) 2017年1月7日

一般乗用車の場合、ゴムブッシュを前提に足回りの設計がされているため、ピロボールに交換することで、かえってオーバーになってしまうのです。

具体的にどういうことなのかというと、サスペンションには接合部にブッシュを使っているのが一般的となっていますが、コンプライアンスステアという、ブッシュ自体が持つ硬さやねじれの剛性を最大限に利用し、微妙にタイヤのトウ角やキャンバーなどを変えて、乗り心地を調整しているのです。

その他にも、ブッシュは加重がかかるようなコーナリングでは、タイヤが外側に向いたり、キャンバーがついたりし、逆にブレーキングでリアの加重が抜けた時は、リアタイヤが内側に向いたり、キャンバーが起きたりして、コーナリングがしやすくなるのです。

ピロボールの欠点

また、ピロボールは劣化すると二次災害を起こしやすいですが、ブッシュは劣化してもゴムなので粘り強く残り、二次災害を起こしにくくしています。

このように、ピロボールはすべてにおいてブッシュを上回っているというわけではなく、用途や性能が違います。
こまめに車をチェックしている方はピロボール、そういった手間を省きたい方はブッシュがおすすめです。

ピロボールを守るジョイントブーツや異音発生時の交換について

ジョイントブーツとは、ボールジョイントに水分や異物が入らないようにカバーしているブーツのことです。
これが破けてしまうと、車検で通らなくなってしまうので、交換する必要があります。

ジョイントブーツが破れると……

ジョイントブーツが破れた状態で、ボールジョイントに異物が入ってしまうと、ジョイント部分が損傷し、損傷が進むとガタができ、やがてジョイント破損となります。

ジョイント破損をしてしまうと、車輪は明後日の方向に向くようになってしまい、走行中の場合は大惨事になりかねません。

つまり、安全性が大きく損なわれてしまうのです。
そのため、ジョイントブーツが破けてしまったら、直ちに業者に頼んで交換してもらいましょう。

交換のタイミングは?

交換するタイミングは、ピロボールの部分から異音が発生したときです。
異音が発生するということは、ジョイントブーツが破けてボールジョイントが損傷している可能性が高いので、音に気付いたらジョイントブーツをチェックしましょう。

車の足回りに必要なピロボール!

ピロボールに関する記事はいかがでしたか?
足回りに大切な役割を持つピロボールに交換すると、運転の安全性を高めることができますが、きちんとケアをしないと逆に安全性を損なってしまいます。
快適に運転するためにも、定期的にピロボールの状態が良いかをチェックしてみましょう。

MOBYには、車の足回りに関する記事がいくつかありますので、そちらもあわせてどうぞ!

車の足回りに関するまとめ記事

ストラットとは?特性や構造もご紹介|車のサスペンションの代表となった理由とは?

エアサスとは?エアサスペンションの構造と値段、車検や乗り心地は?

リヤサスペンション比較|マルチリンクサスとトーションビームの違いと特徴

車のカスタムに関連するおすすめのまとめ

車高調とは?取り付けと調整方法からおすすめメーカーまで徹底解説

ストラットタワーバーとは?乗り心地への効果やデメリット、取り付け方法まで

シャコタン(ローダウン)って意味あるの?そのメリット・デメリットとは?【カスタム】

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード