MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 車体番号(車台番号)とは?検索方法から職権打刻の手続きについても
役立つ情報

更新

車体番号(車台番号)とは?検索方法から職権打刻の手続きについても

車体番号(車台番号)とは?

駐車場に並ぶ車
©merrymuuu/stock.adobe.com

車体番号(車台番号)とは、自動車や原動機付自転車の車台部分に打刻されている、車両にとって固有の識別番号になります。同じ番号の車両は存在しません。

イメージするならば、マイナンバーのようなものに近いのかもしれません。正式には「車台番号」というのが正しい呼び方のようですが、地方などによっては車体番号という呼び方が一般的な場合もあるようです。

登録や車検にも必要な番号

新たに登録する車を特定する際や車検の際にも必要な番号なので、この番号のない車は登録や車検を受けることもできません。この番号の意味ですが、10桁の英数字・記号から車種だったりグレードなどの車両に関する情報が分かるようになっています。

ただし、具体的にこれらの番号の意味などは公開されていないので個人でそれらを特定することは不可能なようです。また、部品の供給やリコール対策の時にも使用されることもあるようです。

車体番号(車台番号)の位置と検索方法とは?

車台番号記載場所
出典:https://www.toyota.co.jp/

車体番号(車台番号)の位置は、車の骨格部分など外部からの損傷(事故)によっても影響を受けにくい場所へ刻印されていることが多いようです。

ほとんどの車種では、ボンネットを開けたエンジンルームの奥の「ダッシュパネル」と呼ばれる骨格部分に刻印されているのですが、車種やボディのタイプによってその場所も多様なようです。

リコール対象かどうかの確認に使用する事が多い

また、車検証にも車体番号(車台番号)の記載欄があるので、そこからも確かめることもできます。

車体番号知りたいという方の多くは、その車がリコールの対象なのかどうかを調べているケースがほとんどだと思われます。

国土交通省により、車体番号からリコール情報などを検索できるサイトがあるので、不安な方やお乗りの車種にリコールが発表された場合はそちらから確認してください。

リコールの対象になっている車体番号を検索する方法(国土交通省サイト)

そもそも職権打刻とは?

職権打刻
出典:http://www.tsukasa-kougyou.com/

職権打刻とは、何らかの理由でこの車体番号が無い、または読めなくなった場合に、新たに車体番号を打刻することを言います。

例えば、盗難車などは刻印された部分を削り取られている場合があります。これは、車体番号を残しておくことで盗難車だと発覚するのを防ぐためです。

並行輸入車とは、正規代理店を通さずに海外で車を購入して日本に輸入してきた車のことを言いますが、これらのうち、輸入車の製作者が特定できない車などは職権打刻の対象になります。

また、事故を起こした車で車体番号が識別できないほど損傷した場合などは職権打刻を行うことになります。

しかし、それほどまでにダメージを受けてしまった場合は廃車にするケースが多いようです。これらの例のように車体番号が識別できなくなってしまったのなら職権打刻をする必要があるということになります。

職権打刻の手続きについて

自動車の車体番号が腐食などの理由で識別ができなくなった場合は、職権による打刻が必要のなります。手続きの流れとしては下記のようになります。

1.現車の確認

各地域の運輸局等に車を持ち込み、状態を確認してもらいます。状況によっては現車の確認だけをしてもらい、申請は後日行うということもできるようです。

2.打刻の申請

  • 塗まつ許可申請書(所有者の印鑑が必要)…各運輸局に申請書が置いてあります。
  • 自動車制作者による製造証明書(腐食により識別が困難な場合)…メーカーに発行してもらいます。
  • 車検証のコピー
  • 旧打刻の拓本または写真

3.職権打刻の実施

運輸局からの連絡で、実施日の調整を行って打刻をしてもらう流れになります。

4.変更登録申請(同日)

登録自動車(登録変更申請)

  • 手数料納付書(手数料印紙350円)
  • OCRシート2号様式(打刻の位置により10号様式も必要)
  • 委任状(所有者及び使用者の印鑑)
  • 自動車検査証

登録が終わった後は、新しい車体番号を自動車税申告書へ記入して、税務課へと提出して手続きは終了となります。

「車体番号(車台番号)」は車のマイナンバー!

車に乗っている家族
©hedgehog94/stock.adobe.com

車の車体番号(車台番号)とその検索方法、職権打刻について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。普段はあまり聞きなれない車体番号や職権打刻というワードを少しでも理解できたのなら幸いです。

繰り返しになりますが、車体番号は車のマイナンバー制度のようなものです。あまり身近なものではないかもしれませんが、リコールの対象車となっている場合など知らずに損をしてしまうこともあるかもしれません。

知っておいて損はないので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

車の制度・法律に関連するおすすめの記事

4ナンバーの条件と維持費は?4ナンバーと5ナンバーの自動車税比較も

オービスとは?その名の由来は?

2021年10月からナンバープレートの新基準が適用

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード