MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > “過剰なまでに美しい”新製品新車用「EXキーパー」カーコーティング施工に密着取材!経年車もOK
カーライフ

更新

“過剰なまでに美しい”新製品新車用「EXキーパー」カーコーティング施工に密着取材!経年車もOK

クイズに答えて、EXキーパーの施工を2名様にプレゼント!詳しくは本記事をお読みください。

気さくで超ていねいで優しい伊藤店長。

カーコーティングの「KeePer技研」が新製品「EXキーパー」を開発、2020年2月22日から全国に92店舗を展開する「KeePer LABO店」と前回の“KeePer選手権” で全国10位までに入賞した「KeePer PRO SHOP」にて提供開始されたと公式発表がありました。そこでMOBY編集部は、新製品「EXキーパー」の施工の一部始終を密着取材させていただくことに。最大の注目ポイントは「新車用」だということ。KeePer技研が「過剰なまでに美しい」「過剰な美しさ」と形容する「EXキーパー」の実力を検証してきました。

新車用「EXキーパー」とは?なぜ新車?

取材にご対応いただいたのは、KeePer LABO 世田谷店、店長の伊藤正希さん。まずは、新車用「EXキーパー」について開発の経緯や、既存製品との棲み分け、なぜ「新車用」なのかなど、いろいろとお伺いしました。

そもそも「カーコーティング」とは?

クルマの塗装面の敵は、日光、雨、ホコリ、砂…などなど。洗車スポンジも敵だったりします。カーコーティングは、塗装面の身代わりとなってクルマの美しい塗装面を長期間保護するものです。

新製品「EXキーパー」の開発

KeePer技研の代表製品である「ダイヤモンドキーパー」は最高峰のカーコーティングとして高い人気を誇っています。ドイツのケミカルメーカー、SONAX社のマンフレッド・ピッチ博士とそのチームが、新たに不思議な分子構造を持つ被膜を作りだし、KeePer技研の技術チームがそれを実用化に向けて2年がかりで開発したのが「EXキーパー」とのことです。この「EXキーパー」は車本来が持つと塗装の美しさをコーティングするだけでなく、コーティング剤そのものが存在感のある美しさを発し、KeePer技研はあえて「EXCESS BEAUTY=過剰なまでの美しさ」と表現しています。

「新車用」とは?

EXキーパーには「新車用」というワードが付随しています。キーパーの製品は、ポリシラザン系というケミカル剤を用いたガラスコーティング 「クリスタルキーパー」「ダイヤモンドキーパー」「Wダイヤモンドキーパー」があります。しかし「EXキーパー」はケミカル剤そのものが異なるとのことです。今までの製品は継続して販売されますが、特に新車の輝きをさらに増し、且つ長期間持続させることができることから「新車用」ということばを用いているそうです。

経年車には使えるのか?

経年車でも全く問題なく使えるとのことで、今までの製品よりワンランク、ツーランク上の輝きを車にもたらしてくれるとのことです。ただ、経年車は塗装面そのものが傷んでいることあるため、その傷みの度合いに応じて「軽研磨」か「鏡面研磨」のオプション設定をおすすめしているとのこと。

EXキーパーの施工とメンテナンス、保証

  • 保証は6年間
  • 2年に1度のメンテナンス(有料)
  • ノーメンテナンスでの持続は3年
  • 新車納車後1ヶ月以内または走行1,000km以内の車は脱脂後そのまま施工
  • 納車後1ヶ月以降の車はオプションの「軽研磨」、「鏡面研磨」を前施工

Keeperコーティング施工の流れ

① 下処理

コーティング剤を塗るときだけなく脱脂剤などの薬剤を塗るときは、利き腕とは逆に腕を後ろにするのがお作法とのこと。伊藤店長は左利き。

ウォーターガンで丁寧にボディの汚れを吹き飛ばす → 車の上部から泡状のシャンプーが降ってくる → 手洗い洗車 → すすぎ → 脱脂(専用のケミカル剤を使用)→ 水で洗い流す → もう一度シャンプー洗車 → すすぎ → エアーガンで水を吹き飛ばす

下処理だけでおおよそ1時間程度の所要時間。

脱脂後の塗装面

水を全く弾いていません。

② コーティング材塗布

取材時の撮影では、塗布前後の比較のため、ボンネットにマスキングテープを貼っています。

下地になるコーティング剤「プライマーガラス」を塗る → きれいなウエスで拭き上げる → ライトを使って塗りムラ、拭きムラがないかどうかを確認し均一に塗布 → 新車用 EXキーパー カーコーティング剤VP326」を塗る → ライトを照らして塗りムラ、拭きムラがないかどうかを確認し均一に塗布

この作業の所要時間は約3時間。

新車用カーコーティング「EXキーパー」施工前後比較

ボンネットの半分だけ施工

画像で右半分が施工、左が未施工
画像では伝わり辛い…

「触るとわかる!」

EXキーパー「VP326」を塗ったところをウエスで吹くと「スルスル」、塗っていないところは「ズッズッ」とウエスが引っ掛かかる。塗布面から非塗布面にウエスを滑らすと「スルスル スルスル …ズッズッ…」となります。

EXキーパー施工前

納車したばかりの新車なので十分きれいですが……

EXキーパー施工後

ボディのツヤに注目!

EXキーパーはコーティング後、被膜の硬化に最低6時間かかります。今回の取材では、翌日に施工後の確認に伺いました。(生憎の雨のため、施工前と同じ環境で撮影ができませんでした…)

ボディの水弾きで比較!

施工前後の2つの動画を同時再生で比較してみてください。

施工前

施工後

「EXキーパー」でコーティング後は、水の弾き方が全く違います。施工後では、エアーガンだけで簡単にボディの水を吹き飛ばしています。水シミ、水アカ、泥などの汚れがボディにつきにくい状態になっている証でもあります。水を吹き飛ばした後のボディのツヤにも注目してください。

「過剰なまでに美しい」は本当でした!

ただでさえキレイな新車。新製品「EXキーパー」でコーティング後は本当に「過剰なまでに美しい」ボディに仕上がっていました。「効果は触ってわかる」も納得。施工された方は、実際に触って見てください。

“新車用”EXキーパーの価格・作業時間

EXキーパー

サイズSSSMLLLXL
施工料金108,100117,900128,500143,000152,600166,300
※軽研磨8,6009,50010,30010,90012,000別途見積
※鏡面研磨41,90046,10050,30053,50059,700別途見積
メンテナンス16,60018,60020,80022,80027,00031,300

価格は税込(洗車料金含む)。※印はオプション。

施工時間

8~12時間(皮膜の硬化時間6時間含む)

EXキーパー・プレミアム

上記のEXキーパーに加えて下記の10ヶ所にもEXキーパーを施工。さらに、フッ素ガラスコーティング、ホイールコーティング、レンズコーティングもプラスされた文字通り「プレミアム」なプランになっています。

  • 窓ガラス全面
  • アルミホイール4本
  • ヘッドライト
  • テールレンズ
  • サイドバイザー(ある場合)
  • ドア内側のステップ
  • ボンネットの裏側
  • 給油口の内側
  • エンジンルームの中
サイズSSSMLLLXL
施工料金162,100180,600196,800214,500223,800254,900
※軽研磨8,6009,50010,30010,90012,000別途見積
※鏡面研磨41,90046,10050,30053,50059,700別途見積
メンテナンス24,90027,90031,20034,20040,50047,000

価格は税込(洗車料金含む)。※印はオプション。

11~15時間(皮膜の硬化時間6時間含む)

「KeePer LABO 世田谷店」店舗情報

環八通り沿い、第三京浜道路インター近くにある「KeePer LABO 世田谷店」で取材させていただきました。どうもありがとうございました!

所在地:東京都世田谷区上野毛4-38-6
電話番号:03-6431-0353
営業時間:9:00〜20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:毎週火曜日、1月1日~3日
KeePer LABO 世田谷店 店舗詳細・WEB予約(公式)

クイズに答えて「EXキーパー」読者プレゼント

KeePer技研株式会社さんの特別な計らいで、この記事を読んで頂き、クイズに答えて正解した方から抽選で2名の方に「EXキーパー」の施工をプレゼントしてくれることになりました!

新車がおすすめですが、古い車でも施工可能です!クラシックカーオーナーさんもぜひご応募ください!

応募はこちらから。

応募期間:2020年4月30日まで
この懸賞は、KeePer技研株式会社が実施するものです。

すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード