MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 大型トラックの運転手は給料が高すぎ?安すぎ?長距離・中型トラックドライバーの年収とは
役立つ情報

更新

大型トラックの運転手は給料が高すぎ?安すぎ?長距離・中型トラックドライバーの年収とは

大型トラック運転手の給料は手取りでいくら?

大型トラック
©xiaosan /stock.adobe.com

地域により格差はありますが、大型トラック運転手の1か月の給料が30万円を下回ることはまずありません。約35万円~50万円ぐらいが相場のようです。

給料に幅があるのは、大型免許を取得したばかりで経験が浅い、年齢が若いなどの個人差によるもの。また、決められたルート配送などは比較的35万円に近い金額になります。

基本的に配送する距離が延びるほど、給料が上がるシステムを採用する会社がほとんどです。そのため、免許とりたての頃は短距離で固定客を配達することから始め、慣れれば長距離を任せてもらうという昇給システムになっているところが多いです。

大型トラックの場合、賞与(ボーナス)が出る会社もある

中型免許だと、物流企業は月の給料は高くても賞与が寸志程度であることが多いのですが、大型トラック運転手だと賞与が出る会社もあります。年収ベースで考えると大きい額になりますね。

トラック運転手の年収を調査してみた

トラックの種類必要な免許の例月収(給料)年収
小型トラック
4tトラック
普通トラック
普通免許
準中型免許
約32万円約300~400万円
中型トラック中型免許約34万円約420~450万円
大型トラック大型免許約35万円約450~550万円

求人情報サイトを元に、大型トラック運転手だけにとどまらず、トラック運転手の年収を調査してみました。

雇用条件によって差が生まれるためあくまで目安ですが、言えることは「大きなトラックほど年収が上がる」ということ。

高年収を狙うのであれば、普通免許や準中型免許で乗ることのできる小型トラック(4tほどまで)よりも、中型・大型免許を取得したほうがよいでしょう。

年収600万円以上は大型トラック&長距離ドライバー

上の表では最大550万円としていますが、年収600万円のトラックドライバーの求人も存在します。

しかし、この年収は長距離ドライバーであることが前提でしょう。長距離トラックのほとんどは中型・大型トラック求人であるため、年収600万円以上を狙うのであれば、中型・大型免許は必須と考えましょう。

大手宅配業者や引越し業者なら年収1,000万の求人も

クロネコヤマトや日本通運などの大手宅配業者や、引越し業者のトラックドライバーの場合、年収1,000万円以上を謳う求人も存在しているようです。

ただしこれは入社10年などの勤続者の年収のようなので、就職・転職してすぐ1,000万円を達成できるわけではないと考えましょう。

普通免許でトラックの積載量は何トンまで運転できる?免許取得日で変わる

職種別トラック運転手の年収ランキング

1位:大手宅配業者や引越し業者の大型トラックドライバー

大手の宅配会社や引越し業者といった、大手企業のドライバーの平均年収は約840万円。企業が自社トラックを保有していて、そのドライバーも雇用しているのであれば、雇用も安定していてあんしんです。

配送業と引越し業を兼任している企業は、給料も高くなる傾向にあります。

2位:陸送コンテナなどの牽引トレーラードライバー

国内陸送コンテナなどの牽引トレーラードライバーは、平均年収約770万円と、収入が高い傾向にあります。

大型免許はもちろん、牽引の技術も必要ですが、安定した収入を得ることができます。

3位:大手倉庫の大型トラックドライバー

大手物流倉庫や、メーカーと提携している大型トラックのドライバーの平均年収は、約665万円です。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事