MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 6ヶ月点検と12ヶ月点検とは?費用から必要性、自分で出来るのかをご紹介!
車検・メンテナンス

更新

6ヶ月点検と12ヶ月点検とは?費用から必要性、自分で出来るのかをご紹介!

チェックリストに記入する整備士
©buritora/stock.adobe.com

車の定期点検をしっかりと受けている方はどのくらいいるのでしょうか?
使用者は愛車に定期的な点検を実施し、常に安全に走行できる状態にしておかなければなりません。

車の定期点検は12ヶ月点検と24ヶ月点検の2種類があります。
これらは国が定める点検であり、点検の実施は法律で決まっているのです。
またディーラーではこの2種類以外にも6ヶ月点検を実施しており、12ヶ月や24ヶ月点検の間に行うことで、消耗品の劣化や各パーツの異常を確認しています。

今回は各点検の内容や費用をお伝えすると同時に、なぜ点検が必要なのかをご説明し、初心者でも簡単にできる点検項目をご紹介していきます。

車は定期点検を受ける義務がある

胸に手を当てる女性
©takasu/stock.adobe.com

冒頭でも少しご説明しましたが、車の所有者は定期的に車を点検し、常に安全に走行できる状態にしておかなければならないという義務があります。
「自動車の使用者は、自動車の点検をし、および必要に応じ整備をすることにより、当該自動車を保安基準に適合するように維持しなければならない」
道路運送車両法の第四十七条ではこのように定められています。

【参考サイト】日本法令索引 道路運送車両法

では保安基準とはどういった基準なのかご存じでしょうか。
保安基準とは道路運送車両法で定められている車の構造や装置についての取り決めであり、簡単に説明すると車検で行う検査の基準となるものです。

【参考サイト】国土交通省 道路運送車両の保安基準(2020年4月1日現在)

車検では安全に走行できる状態であるかということはもちろんのこと、決められた基準に達しているかどうかも確認します。

例えば3列シート8人乗りの車であるにもかかわらず、3列目を取り除き5人乗りに改造していれば、保安基準に適合しないため不正改造にあたります。
保安基準では車の大きさや排気ガスの濃度、窓ガラスの透明度まで細かく取り決めがあり、どれか一つでも基準に適合していなければ、車検に通すことはできないのです。

そして定期点検の義務は「道路運送車両法第四十八条」に定められており、そのなかでも自家用車は1年ごとの点検が義務付けられています。

【参考サイト】日本法令索引 道路運送車両法

たかが点検と思いがちですが、定期点検は大切です。
使用者が気付いていない異変に気付くこともありますし、劣化状態を把握することもできます。

またディーラーではメーカーの車種に詳しい人ばかりなので、車種ごとの弱い部分を重点的に点検することで、大きなトラブルを回避することにもつながるのです。

定期点検には12ヶ月点検と24ヶ月点検の2種類がある

2つのブロック
©kelly marken/stock.adobe.com

2年を1サイクルとして行われる点検には、12ヶ月と24ヶ月点検の2種類があります。

内容としては12ヶ月より24ヶ月の方が詳しく点検を行い、保安基準に適合しているかどうか、安全に車を走行できる状態なのかを確認するのです。
法定点検とも呼ばれる12ヶ月や24ヶ月点検ですが、この点検内容には「シビアコンディション」と呼ばれる点検項目があります。

シビアコンディションとは、乗り方が通常よりも過酷である車が該当し、具体的な基準は以下の通りです。

【悪路(目安:走行距離の30%以上が当てはまる場合)】
・運転者が体に衝撃(突き上げ感)を感じる荒れた路面
・石を跳ね上げたり、わだちなどにより下回りを当てたりする機会の多い路面
・ほこりの多い路面

【走行距離大】
・自家用乗用車・・・年間走行距離20,000㎞以上

【山道・登降坂路(目安:走行距離の30%以上が当てはまる場合)】
・登り下りの走行が多く、ブレーキの使用回数が多い場合

【短距離走行の繰り返し(目安:走行距離の30%以上が当てはまる場合)】
・1回の走行距離が8㎞以下

【高地走行が多い(目安:走行距離の30%が当てはまる場合)】
・高度2000m以上の走行

覚えていてほしいのは、1回の走行距離が少ない車もシビアコンディションであるということです。
走行距離が多ければシビアコンディションになるということは誰でも分かりますが、短距離の繰り返しもシビアコンディションに該当する、という事実はあまり浸透していません。
つまり短距離の繰り返しは、車にとっては過酷な乗り方であるといえるのです。

定期点検の内容は車に積んであるメンテナンスノートで確認できます。
ディーラーや民間整備工場で定期点検を受けている方は、メンテナンスノートを確認してみましょう。
しっかりと記入されているはずです。

バスやトラックは3ヶ月レンタカーは6ヶ月に点検を実施

ここまでは乗用車についてお伝えしましたが、公共の乗り物であるバスや走行距離が多くなりがちな商用トラック、一般人を乗せて運ぶタクシーなどは自家用車よりも点検期間が短くシビアに状態を確認しなければなりません。

点検の期間は、
・バス/トラック・・・3ヶ月
・タクシー、レンタカー・・・6ヶ月
となっており、点検内容も自家用車に比べかなり多いという特徴があります。
また車検も毎年行います。

ここまで厳重に点検をする理由には、自家用車よりも使用頻度が高く、事故を起こしてしまうと大勢の人を巻き込む可能性が高いためであるといえます。

長距離トラックの走行距離は1年で10万キロ以上です。
なかには100万キロ以上を走る車もあります。
しっかりと点検やメンテナンスをしておかなければ、事故につながる可能性が高く危険なのです。

普段何気なく乗っている公共車は、安全面を十分に考慮した管理のもと運行しています。

法的義務はない6ヶ月点検を行う理由

石でできたクエスチョンマーク
©gearstd/stock.adobe.com

ディーラーでは12ヶ月や24ヶ月点検以外に6ヶ月点検も行っています。
6ヶ月点検には法的義務はありません。

しかし1年に一度だけではメンテナンスの及ばない箇所もあるため、半年を一度のサイクルとしメンテナンスを行うことで、安全で快適な状態を保つことを目指しています。

1年に2回も点検をしないといけないの、と感じる方もいるかもしれませんが、車の使用者は、日ごろから自分自身でメンテナンスを行う方ばかりではありません。
定期的なメンテナンスが必要なオイル交換やタイヤの空気圧調整なども、全てディーラーに任せている人もいます。
半年に一度の点検でもすでに空気圧がかなり減っている、オイル交換時期が過ぎているのに交換していない方は意外と多く、仮に新車であったとしても将来故障の原因になりかねないのです。

ディーラーでは定期点検の時期が近くなると、電話やハガキで連絡をします。
自分自身で点検時期を把握していない方でも、ディーラーから呼び込みを行うことで、定期的なメンテナンスを車に受けさせることができます。

点検の際、車の状態を聞き気になる点も一緒に点検することで、故障の早期発見にもつながるのです。

車のトラブルで圧倒的に多いのはバッテリー上がり

車のトラブルで一番多いのはバッテリー上がりです。
これはロードサービスで有名なJAFの統計ですが、圧倒的にバッテリー上がりのトラブルが多いことが分かります。

【参考サイト】JAFロードサービス

次に多いトラブルはタイヤ関係、特にパンクやエアー不足が原因となり起こったトラブルです。
どちらも急に発生するトラブルではありません。
バッテリーに関してはライトの消し忘れなどもありますが、故障前にはからなず兆候があったはずです。

その兆候を見逃してしまったため、タイヤのバーストやバッテリー上がりが発生したと考えられます。
このことから、日ごろ点検やメンテナンスを行っていない方がいかに多いかということが分かります。

新車をディーラーで購入した方でも、点検に来てくれる方ばかりではありません。
なかには購入だけして、点検に全く来ないという方もいるのです。
故障の上位にあるバッテリー上がりやタイヤのバーストなどを回避するためには、定期的な点検が必要であるといえるでしょう。

24ヶ月点検と12ヶ月点検、6ヶ月点検は何が違うの?

二択に悩む女性
©metamorworks/stock.adobe.com

12ヶ月や24ヶ月の法定点検と6ヶ月点検の大きな違いは、「分解整備作業」の有無です。
法定点検では分解整備作業がありますが、6ヶ月点検では分解整備作業はなく日常的にできる点検をメインに行います。

分解整備とはブレーキやドライブシャフトなど、車が走行するうえで重要なパーツを分解した際に発生する作業のことを指します。

具体的な装置としては、
・原動機(エンジン)
・動力伝達装置(ミッションなど)
・走行装置(ホイールなど)
・操縦装置(ハンドルなど)
・制御装置(ブレーキペダルなど)
・緩衝装置(サスペンションなど)
・連結装置(ドライブシャフトなど)

以上の7つです。
現在では分解整備から「特定整備」という名称に変わり、整備内容にセンサー類も含まれています。

これらのパーツは車が安全に走行するために必要不可欠な部品であり、どれか一つでも故障すれば事故に直結します。
車の整備は人の命を預かる作業でもあります。
整備のミスが事故につながることもあり、分解整備作業には整備士の資格が必要です。

国が定める法定点検後にはダイヤルステッカーが発行されます。
ダイヤルステッカーとは、丸形のステッカーとなっておりフロントガラスに貼り付けることで、法定点検をしっかりと受けていますという証明になります。

一番点検内容が多いのが24ヶ月点検、逆に少ないのが6ヶ月点検です。
また6ヶ月点検の名称や点検内容はディーラーによって違いがあります。
では具体的な点検内容をご紹介します。

6ヶ月点検の内容

チェックリストとミニカー
©beeboys/stock.adobe.com

・灯火類
・ウォッシャー液の噴霧状態
・ブレーキのきき具合
・各ベルトの損傷や張り具合
・オイルや水漏れ(エンジンルーム内および下回り)
・ペダルの操作
・サイドブレーキの引きしろ
・バッテリーターミナルのゆるみや電圧、水
・タイヤの状態や空気圧、溝
※ディーラーによって違いあり

費用

・4,000円~8,000円
※排気量が多くなるほど料金は高くなる

12ヶ月点検の内容

タイヤをはめる整備士
©New Africa/stock.adobe.com

・ペダルの操作
・サイドブレーキの引きしろ
・バッテリーターミナルのゆるみや電圧、水の量
・各オイルや水の量(エンジンオイル・ブレーキフルード・パワーステアリングオイル・オートマチックオイル・冷却水・ウォッシャー液など)
・各ベルトの損傷や張り具合
・オイルや水漏れ(エンジンルーム内および下回り)
・ブレーキパッド(前後)
・プラグの状態
・排気状態
・エアクリーナーエレメントの状態
・タイヤの状態や空気圧、溝の深さ
・各シャフト連結部のゆるみ
・ホイールナット・ボルトのゆるみ
・灯火類
・ブレーキのきき具合
・ホーン
・ウォッシャー液の噴霧状態
・エンジンの始動
・走行時の状態

費用

・1万円~1万6,000円

24ヶ月点検の内容

タイヤの溝をチェックする整備士
©THANANIT/stock.adobe.com

・12ヶ月点検項目
・各接続部のガタや損傷、ゆるみ
・ブーツ類の亀裂や損傷
・ホイールアライメント
・ブレーキ周りの損傷や摩耗、機能
・サスペンションのオイル漏れや損傷、ゆるみ、ガタ
・電気配線のゆるみや損傷
・車体や車枠のゆるみや損傷
・マフラー周囲に取り付けてある装置の作動
・マフラーのゆるみや損傷

費用

・1万6,000円~2万8,000円

点検パックに入ることで点検代を安くすることができる

電卓を持つ女性
©miya227/stock.adobe.com

各ディーラーでは点検パックを実施しています。
支払いにはまとまったお金が必要ですが、点検パックを購入することで、単発での点検より安く受けることができます。

また消耗品であるエンジンオイルや、ワイパーゴムなどの交換もパックに含まれているものが多くとてもお得です。
もしディーラーで点検を受けようか迷っている方は、一度足を運び値段を確認してみてはどうでしょうか。

定期点検を自分で行うことは可能?

クエスチョンとアンサーマーク
©tatsushi/stock.adobe.com

愛車の定期点検を自分で行うことは可能です。
車の知識がありしっかりとジャッキアップができて、タイヤの取り外しなども行えるのであれば自分自身で行うという方法もあります。
また愛車の点検であれば整備士の資格は必要ありません。
しかし友達など他人の車を点検する場合、整備士の資格が必要となります。

点検を自分自身で行うことは可能ですが、車の知識がなければ、法定点検は少し難易度が高い点検だといえるでしょう。
理由としては、
・自宅でのジャッキアップが大変
・初心者ではブレーキを分解するだけでも難しい
・メンテナンスノートに書かれてある内容が分からない
などが挙げられます。

法定点検はタイヤの脱着が必須です。
整備工場のようにリフトがあれば簡単に行える作業でも、そのような機器がない自宅では、車をジャッキアップするだけでも大変な作業となります。

また点検時にはブレーキを分解しパッドの厚さを見ているだけではなく、サイドブレーキの調整も同時に行っているのです。
全く知識がなければブレーキをどれだけ調整すればいいか、という判断は難しいのではないでしょうか。

法定点検後はメンテナンスノートの記載が必要ですが、記載項目には専門用語も多くあり装置の名前を知らなければ、そもそもどこを点検すればいいのかすら分かりません。

もちろん車の知識がある方ならば簡単に行える作業はたくさんあります。
しかし、全く知識がない方が法定点検を自分自身で行うのは少し難しいと考えられるでしょう。

まずは日常点検から始めてみるのがススメ

車の知識がないから点検を行わなくても良いかといわれれば、それは少し違います。
まずは簡単な日常点検から始めてみましょう。

車で走行する前の点検に「運行前点検」があります。
法定点検と違いタイヤの脱着作業などがない点検なので、どのような方でも行うことができます。

日常点検も重要な点検の一つです。
特に長距離移動の際は最低でも空気圧くらいは見ておきましょう。
空気圧が低いままで高速道路を走行すると、タイヤはスタンディングウェーブ現象を起こす可能性が高くなります。

この現象はタイヤの空気圧が低いときや、荷物を積みすぎてタイヤにかかる負荷が多すぎる場合に起こる現象です。
タイヤが高速回転することで、たわみがひどくなり側面が波打ったような状態となります。
最悪の場合、バーストと呼ばれるタイヤの破裂が起こってしまい危険です。

先ほどもお伝えしましたが、車のトラブルにおいてタイヤも上位を占めています。

逆にとらえるとタイヤのトラブルを防ぐことができれば、事故を起こす可能性はグッと下がるともいえます。

今まで一度もタイヤの空気圧を確認したことがないという方は、定期的に空気圧を見る癖をつけておきましょう。

今後の車はさらに高度な点検技術が必要になるかも

車はすごいスピードで年々進化しています。
例えば、一昔前であればハンドルの操作を軽くするパワーステアリング装置は、油圧式が採用されていました。
しかしここ数年で電動のパワーステアリングが主流となり、今では新車時に油圧式を採用している車の方が少なくなっています。

50年ほど前の車にはそもそもパワーステアリング装置がついていない車も多くあり、ここ数十年で2段階進化しているといえるでしょう。
現在でも自動ブレーキや周囲のものや人を感知するセンサー、ハイブリッドシステムなどさまざまな最新技術が車には備わっています。

従来の車ならば故障した箇所が分かりやすく、修理も簡単にできる部分も多くありました。
しかし電子制御装置が増えている現代の車は修理診断が難しく、故障したパーツを見つけたとしても修理ではなく交換という選択肢となっています。
電子制御装置は機械式に比べ、故障しずらいという特徴がありますが、修理の際は交換となるため修理費用は高額になりがちです。

つまり車を故障させないためにも、今後は点検の必要性がさらに高くなると考えられます。
そして点検技術も複雑で高度なものが増え、一般家庭ではできない作業も多くなっていくことでしょう。

初心者でも簡単に行える点検3選

いいねサインをする男性
©luismolinero/stock.adobe.com

初心者の方も簡単にできる点検に日常点検があるとお伝えしました。
ではどのような項目を点検すればいいのかをご紹介していきます。

各オイルや水の量を点検

まずはエンジンルーム内のオイルや水を確認しましょう。
・エンジンオイル
トランスミッションオイル
・ブレーキフルード
・パワ-ステアリングオイル
・冷却水
・ウォッシャー液
・バッテリーの液

この7点を確認すればいいでしょう。

車によってはパワーステアリングオイルがないものもあるので、なければ省略します。
通常「LOW」や「UPPER」と書かれている線があるので、その間に水面があるかどうかを目視します。

オイルや水は、駆動系の焼き付きや高温になりすぎるのを制御しておりとても重要です。
LOWレベルよりも少なければ、どこかで漏れているという可能性も考えられます。
点検時には必ず確認しておきましょう。

タイヤの溝や空気圧を点検

次にタイヤの状態を確認します。
タイヤの点検箇所は、
・空気圧
・溝の深さ
・劣化状態

この3点です。

空気圧は車種により違いがあるので、分からなければ運転席のドア周辺を見てみましょう。
たいていの車は、運転席周りに適正空気圧が書かれたシールが貼られてあります。

そしてタイヤの溝は1.6㎜以上なければ車検に通りません。
2.5㎜以下であれば交換時期となります。
またタイヤは紫外線により劣化が進み、劣化が進行するとひび割れが起こったり、新品時の柔軟さは失われていきます。
目視で確認しひび割れが多ければ交換時期です。

ひび割れが多いタイヤや溝が少ないタイヤは危険です。
早めに交換し事故を未然に防いでいきましょう。

電気周りを点検

電気周り、つまり灯火類の点検を行います。
ヘッドライトをはじめ、ウインカーやブレーキランプなどをひと通り確認しておきましょう。
ライトは昨日までは点いていたのに今日、突然切れていたという場合もあります。

ウインカーやブレーキ、バックランプは自分の車のために取り付けれらているのではなく、周りの車にどう動きたいのかを伝える重要な役割を持つ装置です。
例えば左のウインカーが切れていれば、後続車からすれば、あなたの車が左に曲がることを察知する手段はありません。
ブレーキを踏んだ際、ぶつかる可能性もゼロではないのです。

安全に走行するためにも灯火類の確認は必須です。
特に後ろ周りのライト切れはなかなか気付かないことが多いので、しっかりと確認しておきましょう。

まとめ

エンジンルームを点検する整備士
©Shutter2U/stock.adobe.com

車の点検は安全に走行するうえで大切です。
法律で決められている点検には「12ヶ月点検」と「24ヶ月点検」の2種類があり、点検内容にはタイヤの脱着など多少の技術が必要となります。
愛車であれば自分自身で点検を行っても問題はありません。
しかし知識や技術のない方には少し難易度の高い点検だといえるでしょう。

車の状態を良くしておくためには1年に一度の点検では頻度が少なすぎます。
そのためディーラーではこの2種類以外に6ヶ月点検も実施しているのです。

6ヶ月点検は各ディーラーによって名称や点検内容に違いがありますが、主に交換頻度の高いエンジンオイルやタイヤの空気圧点検をメインに行っています。
また点検パックには消耗品のエンジンオイルや、ワイパーゴムを交換料金も含まれており点検自体の料金も安くなっているという特徴があります。

自分自身で行うことができればベストですが、できない方はディーラーで点検を行い愛車を常に良い状態にしておきましょう。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (12枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード