MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > GR86 > “空力ガチ勢”が作ったGR86!F1などのデザイナー集団が手掛けたボディキット登場
GR86

更新

“空力ガチ勢”が作ったGR86!F1などのデザイナー集団が手掛けたボディキット登場

「スポーツカーは、カルチャーです。」のキャッチコピーで登場した“86”

トヨタ GR86

ソフトトップのオープン2シーター車『MR-S』が2007年7月に販売を終了して以来、スポーツカーをラインアップしていなかったトヨタは、2012年4月に発売した『86』でふたたびスポーツカー市場に参入しました。

86は「スポーツカーは、カルチャーです。」というキャッチコピーを掲げ、かつてトヨタが販売していた『ハチロク』の愛称で知られるスポーツカー、AE86型の『スプリンタートレノ』および『カローラレビン』のような車になることを目指したモデルです。

スポーツドライビングの技術を磨いたり、豊富なパーツからカスタマイズを楽しんだりといった、スポーツカーの楽しみ方を味わえる車として、日本国内だけでなく海外市場でも大ヒット。

2021年10月には2代目となるGR86がデビュー。現在は半導体不足による生産遅れから注文受付を2022年8月21日を以て終了してしまったものの、月販目標台数の700台を大きく上回る順調なセールスを記録していました。

4ヶ月の修理終え引き取り…半日後に炎上

GR86もカスタマイズパーツが豊富に登場

前述のとおり、『86』はカスタマイズパーツの豊富さも魅力のひとつとなっています。

AE86型や先代86と同じく、GR86も発売前から複数のメーカーからカスタマイズコンセプトが発表され、その後も多くのパーツメーカーからさまざまなカスタマイズパーツが発売されました。

サーキット走行を前提としたパフォーマンス重視のボディキットや、他メーカーのスーパースポーツのような外観にできる見た目重視のボディキットなど、多種多様なカスタマイズパーツがあるため自分好みの1台を作り上げることが可能です。

こうしたGR86向けのカスタマイズパーツは、HKSやBLITZ、TRUSTなど大手はもちろん、小規模なメーカーからも登場。日本国内だけでなく、海外のパーツメーカーもGR86向けのカスタマイズパーツを製造しています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード