MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 「4」はどう発音する?車好きなら知っておくべき難読車名なフランス車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

「4」はどう発音する?車好きなら知っておくべき難読車名なフランス車たち【推し車】

最近だとシトロエンもルノーも数字車名をやめてプジョーくらいになりましたが、フランス語の数字は日本人の常識からすると理解が追いつきません。

筆者のごとくフランス語に弱い日本人だと、プジョーの308が「トロワ(3)ゼホゥ(0)ユイット(8)」ではなく、「トロワサンシス(308)」と読む理由は全くチンプンカンプンで、ルノー11など二桁数字も同様、フランス語って難しい…と思いつつ適当に日本語読みします。

しかし、せめて一桁数字くらいはフランス語で…と思う人が多いのか、フランス語読みで定着している車名もあり、今回は「何とか日本人でも覚えられそうな難読フランス車名」を紹介しましょう。

シトロエン 2CV(1948年)

読み方:ドゥ シュヴォなど…発音によりけり

シトロエン 2CV(ドゥ シュヴォ)

日本だと「にーしーぶい」や「つーしーぶい」と読む人が多く、ちょっとマニアックな人だと「2馬力(にばりき)」と読む人もいます。

CVはフランス語で「馬力(Cheval Vapeur)」の略ですし、フランスの自動車税は馬力ごとにクラスが変わる(数字は馬力そのものではなく、クラスを表す)課税馬力方式ですから、そのまま車名になっているクルマをまんま日本語読みすれば「2馬力」で正しいわけです。

ただ、ヨーロッパ車を好む古参の自動車評論家やショップなど、フランス語そのままに「ドゥ シュヴォ」と読み、それもカッコイイなといくらか広まっています。

ただ、フランス語は発音も難しいのでカタカナの活字にするのも難しく、「トゥ シボ」、「ドッチボー」など、なまりやイントネーション違いで読み方のブレが激しいようです。

ルノー 4(1961年)

読み方:キャトル。ちなみにルノー 4CVではキャトル シュヴォなど

ルノー 4(キャトル) ©Marek Gottschalk/stock.adobe.com

日本語読みで「るのー・よん」、英語読みで「るのー・ふぉー」というのも語呂が悪いためか、素直にフランス語で「ルノー・キャトル」と呼ばれる事が多い、数少ないクルマです。

これが同じルノーでも4CVだと「キャトル シュヴォ」ではなく「ふぉーしーぶい」と読む人が多い気がしますが、キャトルの場合は1990年代に人気ドラマで登場した時、日本人でも呼びやすい車名で紹介され、そのまま馴染んだからかもしれません。

なお、面白いことにフランス本国では、ヒット作となった上級モデル「4L(LはリムジンのLらしい)」が由来の「キャトレール」という通称が定着しているらしく、日本でもそう呼ぶと多少は通っぽく見られそうです。

ルノー 5(初代・1972年)

読み方:サンク。2代目はシュペール・サンクとも呼ぶ

ルノー 5(サンク)ターボ

これも日本ですっかり定着したフランス語読み車名ですが、広まった理由はWRCでも活躍したミッドシップスポーツ版「5ターボ」のマニアックぶりがクルマ好きを熱く刺激したためで、最初に覚えたフランス車が5ターボだったという人も多いのではないでしょうか?

そのため、日本で「サンク」という名前が出る時は大抵が5ターボの話題で、「フランス人はケチだからヨンク(四駆)にせず、サンク(三駆?)にした」なんてジョークはバブル時代の頃には既にありました。

なお、普通のサンクは初代がキャトルからエンジン縦置きのフロントミッドシップ・レイアウトを受け継いだFFコンパクトカーで、一般的なエンジン横置きFFになった2代目サンクは、初代と区別するため「シュペール(英語でいうスーパー)・サンク」とも呼ばれます。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード