MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > CX-8 > マツダが意味深なグレード名を商標出願!CX-8の「最後の特別仕様車」になるか?
CX-8

更新

マツダが意味深なグレード名を商標出願!CX-8の「最後の特別仕様車」になるか?

マツダが『GRAND JOURNEY』の商標を出願

出典:chizai-watch.com

マツダが2022年6月1日に出願していた商標が、2022年6月9日に公開されました。

商標は『GRAND JOURNEY』で、CX-5の特別仕様車『CX-5 Field Journey』と同じく、特別仕様車に関する商標と思われます。

MAZDA6かCX-8に設定される特別仕様車か

マツダ CX-5 Field Journey

“GRAND”には“雄大”といった意味を持つ英単語です。車においては、大型モデルやそのグレードなどで主に使われています。

『GRAND JOURNEY』が特別仕様車名だとする場合、マツダの大型モデルに使われる可能性が考えられますが、該当するモデルはMAZDA6とCX-8です。

ミドルサイズSUVのCX-5で“JOURNEY”の単語を使用しているため、この単語を含む特別仕様車はSUVに設定するとした場合、『GRAND JOURNEY』はCX-8の特別仕様車ということになります。

CX-3では『Super Edgy』、CX-5では『Sports Appearance』といった、フェンダーモールを含めて各部にグロスブラック塗装を施し高級感を高めた特別仕様車が設定されているため、同様の処理を施した『CX-8 Grand Journey』が発売されるのかもしれません。

『CX-8 Grand Journey』でCX-80へのバトンタッチが始まる?

マツダ CX-8

CX-8、MAZDA6のどちらもモデル存続が危ぶまれているモデルですが、3列シートSUVのフラッグシップというCX-8は、今後登場する同じく3列シートSUVのCX-80へのバトンタッチにより、モデル廃止となる可能性がより高くなっています。

CX-80は2023年までに導入されることが2021年10月7日の2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画により明らかとなっているため、CX-8のモデル廃止は早けれれば今後数ヶ月で実施される可能性が少なくありません。

CX-8の最後の彩る特別仕様車として、“壮大な旅”を意味する『CX-8 Grand Journey』が設定されるのではないでしょうか。

CX-8が消滅…CX-80は後継にならない?マツダが今後のSUVラインナップ公開

マツダ CX-30にMHEV追加?7月の年改で「e-SKYACTIV G」搭載か

【新型車情報カレンダー:2022~2023年】ニューモデル&フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープニュースまとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード