MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > CX-30 > 「松本民芸家具 工房見学」編 – マツダCX-30 価値体験型取材会#4
CX-30

更新

「松本民芸家具 工房見学」編 – マツダCX-30 価値体験型取材会#4

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

マツダがメディア向けに開催した「マツダ CX-30 価値体験取材会」のレポート。“松本の家具”として有名な民芸。一般公開されていないを特別取材。マツダは木工民芸からどうCX-30の価値を伝えたかったのか?どうぞご覧ください。

前回の記事:「松本市の夜散歩」編 – マツダCX-30 価値体験型取材会#3

松本民芸家具ショールーム
テーブルと椅子

「ウィンザーチェア」を代表とする松本民芸家具。これまでにロックフェラー三世から再三注文を受け、自動車評論家の巨匠、故徳大寺有恒氏も愛した松本の家具。その歴史は現在の株式会社松本民芸家具の前身である中央構材工業株式会社が設立された昭和19年までに遡ります。

松本民芸家具工房の表札

取材時に受けた説明から、特に注目したいのが、この工房でつくられる家具は「工芸品」であり、工業製品ではないことが強調されたこと。

松本民芸家具工房の材木置場

まずは材料からして一般の家具とは異なります。主要な材木は「ミズメザクラ」、カバノキ科の落葉高木で「梓(あずさ)」とも呼ばれる樹木。松本市を流れる河川は「梓皮」、東京上野から松本へ向かう特急は「あずさ号」。あの「特急あずさ2号」の梓。ミズメザクラの他は、欅(けやき)、楢(ナラ)、栓(セン)、栃(トチ)、楓(かえで)などすべて国産の落葉高木を使用しているとのこと。

また、ミズメザクラは植林ができず、自生する樹木からしか伐採できないとのこと。それも群生せず、伐採できるとしたら、たまたまの道路工事や開発などで伐採されるミズメザクラを全国からかき集めるそう。

さらに、製材された材料は野外で天然乾燥、最低で1年、長いものでは5年、10年と野積することも珍しくないそう。

取材のとき、工房に入る前の材木置場だけでも膨大な情報量。非常に興味深い。筆者の工房見学は撮影した画像でみなさまへご共有。

松本民芸家具工房内
松本民芸家具工房内にある湧水
ポンプで組み上げなくとも噴出する天然水。工房の職人はここから直接水を飲んでいるとのこと。
松本民芸家具工房内
松本民芸家具工房内
松本民芸家具工房で#44型ウィンザーチェアをつくる職人
職人さんが作っているのが、松本民芸家具の代表「#44型ウィンザーチェア」
職人の腕
これぞ職人の腕。
松本民芸家具工房内に祀られる聖徳太子
センターに祀られるのは聖徳太子。聖徳太子は「大工の神様」。中国から大工道具の「差し金」を持ち込んで日本に広めたという言い伝えがある。これゆえ、大工、家具職人が崇めている。
松本民芸家具工房内の道具

ここで注目したいのは「鉋(かんな)」

松本民芸家具工房内
並ぶ鉋

無数にありますが、実はかんなも職人自らの手作り。ミズメザクラはとても固く、普通のかんなでは刃が立たず、さらに曲面や細かい仕上げに合わせたかんなを自作する必要があるとのこと。

職人が手にする鉋

職人の修行の内、親方のかんなの刃を研ぐことがあるという。親方から道具を借りたら、刃を研いで返すという礼儀でもあるとのことだが、これがなかなか難しく、丸一日かけて刃を研いだことも珍しくなかったと語っていました。

筆者に手渡された小さな鉋
筆者に手渡していただいたかんな。

また、刃も使っているうちに減っていき、調整が難しいとのこと。交換する刃はなく、もし使えなくなったらイチから道具を作ることから始まるという。

ウィンザーチェアに塗装する職人
職人の修行の初期段階は塗装。といっても均一に塗るのは難しい。
塗装工程を説明する松本民芸家具工房代表
「普通の工業製品なら絶対にやらない塗装」という抽象的な説明が一番わかりやすいだろうか。長年使い込むことによって味が出る塗装は、工業製品では成し得ない。
リペア途中のウィンザーチェア
松本民芸家具は修理が可能。再塗装もできる。
松本民芸家具工房内
ラッシチェアの座面を編む

「ラッシチェア」と呼ばれる乾燥させた草を編み込んだ座面をつくっている。

ラッシチェアの座面を編む職人

材料は沼などに生える「ガマ」の長い茎を使用。自社で栽培しているとのことだが、生産量が少なく貴重なイスとなる。

松本民芸家具工房裏庭に生えるミズメザクラ
裏庭に生える梓ことミズメザクラ。ソメイヨシノなどのいわゆる桜とは異なる。
松本民芸家具ショールーム外観
工房見学のあとは、中町通りにある「松本民芸家具ショールーム」へ
松本民芸家具ショールーム内
ペンシルバニアウィンザーチェアのプライスタグ
本記事冒頭の画像のチェアの価格。工房見学の後に見るプライスは安く感じる。一生モノに終わらず後世も使える家具としても安く感じる。

以上、松本民芸家具工房見学のレポートでした。

やはり、モノ作りの経緯、裏側を知るとそのモノの良さが特に身に染みてよくわかります。そして欲しくなります。普段の生活では兎角完成品を見るばかり。クルマもそうですね。完成品が街中にたくさん走っていますが、クルマが街を走るまでにもそれぞれのストーリーがあるはず。

マツダは自社の製品の開発工程を我々に細かく共有してくれる自動車メーカー。新型車1車種あたりの取材会、試乗会の開催回数はマツダが最多となるでしょう。また、今回の松本民芸家具工房見学も、CX-30の開発主査、佐賀氏をはじめとした開発担当者が一緒で、モノ作りの悲喜こもごもを共感したり語りあったりしました。

クルマを買うというのは滅多にない大きな買い物ですし、日常生活に密着したものですから、つくり手の顔と背景が見えるクルマを買う、というのもひとつの選択肢かと。

CX-30の記事

CX-30開発、デザインのハイライト(発表会前に開催された事前取材会)はこちら

CX-30開発主査、佐賀氏へのインタビューはこちら

CX-30デザイナー、柳澤氏、狩野氏へのインタビューはこちら

コインパーキングに並ぶCX-30

コインパーキングに戻るとずらりとCX-30が並んでいました。別に予約したわけではないのでたまたまですが。

さて、マツダCX-30価値体験型取材会は終盤になりました。松本民芸家具工房の後は、諏訪湖の畔のレストランまでドライブしてランチ、CX-30開発関係者と意見交換。その後は自由行動で横浜へ帰るという工程。自由行動ではマツダのおすすめコース、ヴィーナスラインをドライブしていきました。このドライブのレポートは次の記事でお伝えします。

すべての画像を見る (24枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!