MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ポルシェだけじゃない!スカイラインGT-Rに立ち向かったマツダロータリー軍団たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

ポルシェだけじゃない!スカイラインGT-Rに立ち向かったマツダロータリー軍団たち【推し車】

日産 スカイラインとGT-Rにとって、S54スカイラインGTとポルシェ904が激闘を繰り広げて伝説となった、1964年の第2回日本グランプリ以来となる「ポルシェとの因縁」は有名ですが、もうひとつ深い深い因縁を持つのがマツダです。

1969年にデビュー以来最強を誇った初代スカイラインGT-Rを、執念で実用化した「未来のエンジン」、ロータリーで破ってみせる!と意気込んだマツダは刺客のごとく次々と新型車を送り込み、ついにGT-Rへ黒星を叩きつけます。

その後GT-Rとマツダロータリーにはモータースポーツで直接対決の機会がないものの、今や昔の戦友のように…とは、なかなかいかないようです。

ファミリアロータリークーペ(2代目ファミリア)

初代スカイラインGT-R初期型、4ドア版PGC10のデビュー前年、コスモスポーツに次ぐマツダ2番目のロータリー車として発売。

デビュー戦でトヨタ1600GTに勝利して以降、国産最強ツーリングカーとなったGT-Rを打倒する刺客として名乗りを上げ、当時としては高性能な10Aロータリーのパワーで直線は猛烈に食いつきます。

しかし、あまりに小型軽量すぎたのが災いしたか、トレッド不足のためコーナリングは苦手な直線番長で、GT-Rがショートホイールベースで運動性能も高い2ドアハードトップ版KPGC10へ進化すると全くかなわず、打倒GT-Rは次の刺客へと持ち越されました。

最新「ファミリア」中古車情報
本日の在庫数 7台
平均価格 107万円
本体価格 30~248万円

カペラロータリークーペ(初代カペラ)

1970年にはファミリアより大型のカペラが登場。10Aより大きくパワフルな12Aロータリーを武器に、直線だけでなくコーナリングでも追い詰め、1971年8月の富士500kmレースでついに総合優勝するなど、打倒GT-Rを果たしました。

ただしファミリアより大きく重く、前面投影面積拡大で空気抵抗も増えたボディは、12Aをもってしても安定した速さを発揮するにはパワー不足の感があり、日産もワークス体制で挑んでくるメジャーレースでGT-Rを打ち崩すには、もうひと押し。

なお、3代目以降は滑らかなヨーロピアンスタイルになったカペラですが、ロータリークーペがあった2代目までは猛々しい精悍なアメリカンスタイルでした。

最新「カペラ」中古車情報
本日の在庫数 1台
平均価格 118万円
本体価格 118~118万円

サバンナGT(RX-3)

打倒GT-Rを目指してカペラで成果を出したとはいえ、万全のワークス体制で最強のGT-Rをメジャーレースで撃破しない事には、完璧に倒したと言えません。

最後の真打ちは、カペラとファミリアの中間サイズなサバンナにカペラと同じ12Aを搭載する海外名RX-3。日本名サバンナGTです。

1972年の日本グランプリTS-bレースでカペラと1-2-3フィニッシュしたサバンナRX-3(サバンナGT)は、ついにワークスGT-Rを完全撃破!

ただしサバンナでもコーナーが苦手な直線番長は変わらなかったようで、高速コースの富士スピードウェイならではの勝利と言われ、コーナリングマシンとなったのは初代サバンナRX-7以降でした。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード