MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アルピーヌ > A110 > アルピーヌ A110 試乗レポ&大解剖|ピュア・フレンチ・スポーツカー
A110

更新

アルピーヌ A110 試乗レポ&大解剖|ピュア・フレンチ・スポーツカー

#アルピーヌ A110 をあまり知らない方へ
#ロングドライブレポート vol.41

試乗インプレッション

アルピーヌ A110 フロント
ボディカラーは「ブルー アルピーヌ」

今回の試乗車は、フランスの自動車メーカー「アルピーヌ」のスポーツカー「A110」。アルピーヌという名を知らない読者は少なくないかと思いますので、概略は後述するとしまして、まずは500km以上走り倒した感想の結論からお届けしましょう。箇条書きにまとめます。

  • 軽い!
  • 速い!
  • 曲がる!
  • 愉しい!
  • 面白い!
  • かっこいい!
  • 欲しい!

月並みな形容詞を無数に並べただけですが、これが正直な感想です。ひとことで言えば「ヤバい」クルマです。このインプレッションの詳しいことは後述していきます。先に、アルピーヌとは?A110とは?についてお伝えしますので、既知の方はお読み飛ばしくださいませ。

アルピーヌ A110のリア。背景は駿河湾。

「アルピーヌ」「A110」とは?

フランスの自動車メーカー「アルピーヌ」の創立は1956年、同国のレーシングドライバーでルノーのディーラーを経営していた「ジャン・レデレ」が設立。ルノーの車をベースにしたレース仕様車の販売を行い、1973年にルノーの子会社へ、1995年にアルピーヌのブランドは一旦途絶えます。その後イギリスの自動車メーカー「ケータハム」との業務提携、解消などを経て2017年に復活します。アルピーヌブランドの復活を推し進めたのは、かのカルロス・ゴーン。今ではちょっと微妙な気持ちですが、すばらしいブランド、クルマを復活させたことには感謝。

アルピーヌ A110の給油口のアルピーヌのロゴバッジ
給油口に飾られるアルピーヌのロゴ・バッジ。これは創業当初から不変。

アルピーヌはモータースポーツでは強豪のひとつ。ル・マン24時間レース、世界選手権、モンテカルロ・ラリーなどのトップモーターレースで幾度も優勝を重ねます。この記事では詳細を割愛しますが、本記事末尾のアルピーヌ公式HP内に、その活躍と歴史が伝えられていますので、ご興味があればそちらをご覧ください。

アルピーヌ A110のリアピラーのフランス国旗のバッジ
フランス国旗のバッジがリアピラーに施されている。

アルピーヌ「A110」とは?

1963年〜1977年まで生産されたアルピーヌ A110のフロントマスク
1963年〜1977年まで生産されたアルピーヌ A110

アルピーヌ・A110は1963年にデビュー、1977年までに生産されたスポーツカー。コンパクトなボディのリアにエンジンを搭載、後輪を駆動するRRレイアウトで車重が軽い高性能なモデルで数々のラリーで優勝を収めた名車です。

初代アルピーヌA110のリア。トランクリッド。
※この項の初代アルピーヌ A110の画像は、ルノー・ジャポン広報画像。2018年のアルピーヌ日本導入レセプションでのもの。
現行型アルピーヌA110
現行モデルは初代A110のDNAがしっかりと受け継がれている。ボンネットの3本のラインは現代版デザインとして残されている。

現行モデルは2017年にルノー傘下のアルピーヌブランドとして復活。コンパクトで軽量なボディは初代同様ですが、初代はRRで4人乗りだったのが現代版では2シーターのMR(ミッドシップ)のレイアウトに変更されたのが大きな相違点。ライトウェイトスポーツとデザインのコンセプトは変わりません。

現行型アルピーヌA110
現行型アルピーヌA110のリア。富士山を背景。

現行A110のボディサイズは、全長4,205mmととてもコンパクト。全幅は1,800mm、全高1,250mm、ホイールベース2,420mm。エンジンは1.8L直列4気筒直噴ターボエンジンで、最高出力は252ps/6000rpm、最大トルク320N・m/2000rpm。車両重量は試乗車の「ピュア」で1,110kg、「リネージ」で1,130kg。この20kgの差はシートとオーディオシステムの装備の違いによるもの。トランスミッションは7速DCT。

現行型アルピーヌA110のリア。富士山を背景
サイドウインドウ後部にエアインテークが。ミッドシップレイアウトであることの証。

最高速度は250km/h(リミッター作動)、0-100km/h加速は4.5秒というスペック。エンジンパワーだけ見るとそれほどでもない数値ですが、軽い車体とバランスの良いボディでライバルに負けない高い性能を引き出しています。現行A110の重心は車のど真ん中、運転席と助手席の間にあります。このエンジンとボディバランスが冒頭で述べました、速い、曲がる、愉しいなどといったインプレッションの理由となっています。ちなみに、ライバルは同じミッドシップレイアウトでA110の車両価格800万円前半と近い価格帯のポルシェ・718ケイマンとなるでしょう。

「軽い」は正義。意外と乗り心地はイイんです。

アルピーヌA110。富士山と芦ノ湖が背景。
箱根ターンパイクにて

「ALPINE」とは、“アルプス”、“高い山”という意味があります。試乗コースは「高い山」で決まりです。自動車メディアの定番試乗コース、箱根ターンパイクからの芦ノ湖スカイライン。A110のおいしいところを堪能するには最適なワインディング・ロード。

アルピーヌA110のフロントマスク

乗り味もさることながら、個人的に文句なしにカッコいいデザインと思います。自宅前で荷物の積み込みで車を停めていたら掃除のおばちゃんに、「この車は何?かっこいいね?いくら?速いの?乗り心地は悪いの?」などと質問責めに遭いましたね。

意外と乗り心地はイイんです。

アルピーヌA110のサイドビュー

デザインとスペックからして、乗り心地が悪そうなイメージを持たれている方は多いことでしょう。しかし、乗り心地はイイんです。高級セダンと比較したらもちろん良くはないですが、この手のクルマとしては最上級に位置する乗り心地ではないでしょうかね。硬い足ではありますが、長時間乗っても疲れません。助手席にご婦人ないしはご令嬢をお乗せしても、ご立腹されるまでのガチガチではございません。(たぶん)

フランス人は車にコンフォート(快適さ)を求めながら、せっかち、アクセル踏み込んだらそこそこ走ってくれないとダメなお国柄らしいです。

ほんと良く曲がります。「軽い」は正義。

アルピーヌA110のサイドビュー。背景は富士山。

前述しましたが、重心がちょうどドライバーのお尻の辺りになります。前後の重量配分は前がちょっと軽め。自動車評論家がよく使う形容「ヒラヒラと曲がる」、「お尻から曲がる」というのはこのクルマのことでしょう。ハンドルを切ったらすっと曲がり、きついカーブはグイーっと横Gを感じながら、高い速度でも安心してコーナーを抜けられます。アクセルを強めに踏めば、軽快かつ鋭く加速、小気味よく走れる「自分中心」な乗り味、走り心地です。あまりクルマに詳しくない方でも、A110は運転しておもしろいな、と感じていただけることでしょう。エンジンパワーはマッスルではないので、危険な感じはしません。やはり軽いクルマは今も昔も正義なのです。

燃費は悪くない

アルピーヌA110のメーターパネル内の燃費表示
ヨーロッパのクルマの燃費は、100kmの距離を何リットルの燃料を消費するかの「?L/100km」で表示することが一般的。

A110を丁寧に運転してあげると街中で12km/Lを超えてくれます。ワインディングを楽しんで走ると7、8km/Lとこの手のクルマにしては経済的。やはり、軽いクルマは燃費にも好影響なのです。

エンジンルームへのアクセス方法

エンジンが車体の中心部にあって後輪を駆動する「MR」は、シートの真後ろにエンジンがあります。

アルピーヌA110のリアウィンドウ
リアウィンドウの真下がエンジンルーム
アルピーヌA110のリアラゲッジ。トランクリッドを開けたところ
トランクもあります。

試乗のときは必ずエンジンを撮影するのですが、アルピーヌ・A110はちょっと厄介です。今日のクルマは昔と違ってエンジンルームを開ける回数はほんと少なく、1回も自らの手で開けることなどないオーナーも少なくありません。昔のスポーツカーでは、道路状況に応じて点火プラグを交換する必要はあったものも。

仕事柄、いろいろなクルマに乗り、だいたいクルマの取扱いは説明書見なくてもわかりますが、アルピーヌ A110は拝読しました。せっかくなのでその手順を共有させていただきます。興味ない方はお読み飛ばしを。

① トランクリッドを開ける

アルピーヌA110のトランクリッドを開けたところを横から撮影

② エンジンフード下のネジを外す

アルピーヌA110のエンジンフードとトランクリッドの間にあるネジ
黒い円筒形の部分のトランク側内部上にネジが3ヶ所ある。
アルピーヌA110のトランク内部上側にあるネジ
トランク内側上部にあるネジ。
アルピーヌA110のトランクに置かれたネジ3つ
外したネジがこちら。

③ リアウィンドウを開けてエンジンカバーを外す。

アルピーヌA110のリアウィンドウとトランクリッドを開けたところ
ネジが外れるとリアウィンドウを跳ね上げることができるようになる。普通のクルマのボンネットを開けたときの支柱と同じものが備えてある。
アルピーヌA110のエンジンフード
アルピーヌA110のエンジンフード着脱用のネジ
10ヶ所ほどあるエンジンカバーのネジを外す。取り外しは楽だが、取付けは合わせ込みが難しく時間とコツを要する。

④ エンジンカバーを外せばエンジンが見えます。

アルピーヌA110のエンジンルーム
若干、エンジンは車両の右側にオフセットされた配置に。
アルピーヌA110のエンジンとトランスミッション
左奥はトランスミッション。

フロントとリアにあるラゲッジ

筆者の記憶が正しければ、ミッドシップのクルマで前後にラゲッジを備えたクルマは他になかったかと……(もし、あったらご指摘ください)

アルピーヌA110のフロントラゲッジスペース
アルピーヌA110のフロントラゲッジスペースにリュックサックを入れたところ
このバッグのスペックは約横31cm×高さ50×奥行18cm。
アルピーヌA110のフロントラゲッジスペースにリュックサックを入れたところ
アルピーヌA110のリアラゲッジスペース。トランクリッドを開けたところ
トランクリッドは文字通りのリッド「蓋」。
アルピーヌA110のリアラゲッジスペースにブリーフケースを1つ入れたところ
ブリーフケース2つプラスαぐらいの容量。

2人乗って2、3泊ぐらいのドライブ旅行なら行けるぐらいの容量を備えています。無論、荷物の量によりますが、思わずお土産をたくさん買い込んでしまうと詰めない事案が発生するでしょう。

インテリアはいい感じのストイックさ

インテリアはシンプルというか、余計なものが何もありません。ストイックですがスパルタンなものではなく、いい感じのフランスらしいゆるさを残してくれている印象です。

アルピーヌA110のインテリア。ハンドルまわりからダッシュボード全体
クルーズコントロールは付いていますが、アダプティブではないので車間距離保持機能はありません。
アルピーヌA110のインテリア。運転席の足元
アルピーヌA110のインテリア。助手席側のドアパネルとダッシュボード。
助手席にも足が踏ん張れるプレートが付いています。
アルピーヌA110のインテリア。シート。
試乗車のグレードは「ピュア」でフルバケットシート仕様。シート高さなどの調整機能はなく前後スライドだけの調節。上級グレード「リネージ」では、リクライニング機能付きになり、オーディオシステムにサブウーファーが付くなどの装備が追加される。この分、ピュアとの車重差は20kg。バケットシートの座り心地は良い。
アルピーヌA110のインテリア。シート上部。
アルピーヌA110のインテリア。シート上部とリアウィンドウ。
リアウィンドウの面積は小さいが後方視界は確保されており、運転のし辛さは感じない。
アルピーヌA110のセンターコンソール
シフトはボタン式。パワーウィンドウスイッチと電動パーキングブレーキスイッチが前後に連なっているため誤操作に注意したい。センターコンソールは2階建て。下段にスマホを置く場所がありUSB給電ポートを備える。シートの間に一つ穴があるがドリンクホルダーにしては浅すぎ。ここにはアッシュトレイが備えられていた。
キーはカード式。カードといってもクレジットカードのようなプラスチックカードではなく、厚みがあるリモコンキー。ダッシュボードの穴に差し込んでエンジンを始動する。

演出も楽しい

走行モードの切り替えに合わせて変化するメーターパネル、センターコンソールのインフォメーションディスプレイで表示される多数の車両情報切り替え機能は運転を楽しくさせる効果的な演出に。実際使える情報も多いのも嬉しいところ。

アルピーヌA110のインテリア。メータパネル。
左からノーマル、スポーツ、トラック。走行モードの切り替えに合わせてメーターパネルのデザインが変わる。
アルピーヌA110のインフォメーションディスプレイ。
履歴が残る前後左右4方向のGメーター、現在シフト位置と次のシフト待機を示すトランスミッションの模式図、ステアリング角度、ターボ過給圧とインテークエア温度、出力・トルク・過給圧などの総合情報、0-100km/hから0-1000km/hまでの5つのタイム計測などといった多数の情報を表示させられる。
アルピーヌA110のインテリア。メータパネル上部のスリットから夕焼けを覗く。
メーターパネル上部にあるスリット。なぜあるのか不明。

夜の演出も美しい

アルピーヌA110。夕陽を背景に撮影。
アルピーヌA110のヘッドライト点灯状態
レンズを絞ると、ツケマつけたみたいに撮れます。
アルピーヌA110のヘッドライトをアップで撮影
アルピーヌA110のリア。暗い状態で撮影。
アルピーヌA110のリアライト点灯状態
アルピーヌA110のリアライト点灯状態をアップで撮影
アルピーヌA110のヘッドライト点灯状態でウインカーを点灯
ウインカー点灯時。
アルピーヌA110のヘッドライト点灯状態でウインカーを点灯、ウインカーが消灯時のウインク状態を撮影
ヘッドライト点灯状態でのウインカー消灯時はウインクした状態になる。
夕焼けをボディ後方に反射させるアルピーヌA110
空気抵抗の良いなだらかなライン

ピュア・フレンチ・スポーツカー

アルピーヌA110のドアミラーとアルピーヌのロゴバッジ

アルピーヌ A110の試乗レポートの総括にふさわしいキャッチフレーズとして「ピュア・フレンチ・スポーツカー」とさせていただきました。“ピュアなフランス車”と“ピュアなスポーツカー”の両方の意味としています。試乗車のグレード名の「ピュア」にも係りますが、上級グレードのリネージでも同じキャッチフレーズが使えるはずです。

夕焼けの逆光でアルピーヌA110のサイドを撮影

ガチのスポーツカーではない乗り味とは長時間ドライブしてもドライバーを疲れさせず、運転する愉しみをずっと飽きずに味あわせさせる、フランス車らしいクルマでした。

試乗車、アルピーヌ A110 ピュア、ボディカラー「ブルーアルピーヌ」の新車車両価格は税込826万円(ボディカラーで車両価格が変動)、上級グレード「リネージ」で税込み844.4万〜856.6万円。お金に余裕があればセカンドカーに欲しい1台。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

夕焼けを背景に撮影したアルピーヌA110

【アルピーヌ A110】ルノー・ジャポン公式WEBサイト

夕焼けの駿河湾の夜景
天候に恵まれた試乗と撮影終了後、駿河湾を望む。
この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智