MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > バール/プライバーの人気おすすめ商品と選び方|車の整備・修理に
アイテム

更新

バール/プライバーの人気おすすめ商品と選び方|車の整備・修理に

自動車に使用する工具としては、バールとプライバーというのはほぼ同じ物を指していると言ってよく、メーカーによってその呼び名が様々あります。元々バールというのは釘抜きの一種でしたが、自動車の整備においては「こじる」ことを主たる目的として使用されています。

バール/プライバーの基本的な用途

バールで車のサスペンションをチェックする男性
©Viacheslav Lakobchuk/stock.adobe.com

バールやプライバーは、パーツとパーツの隙間に先端を差し込み、テコの原理を用いて隙間を広げたり分割したりするのに主に使用されます。先端は薄く鋭利なので狭い隙間にも使えるようにデザインされ、シャフトの部分には強度のある金属が使われているのである程度強い力をかけて使用することができます。

サイズは様々な物があり、大きな物はミッションの分割やベルト類の交換といった割と大掛かりな整備に使用され、小さなものは蓋状の物やグロメットなどを外したりするのに使われます。

バール/プライバーの選び方

バール
©zaharov43/stock.adobe.com

バールやプライバーはドライバーのようにグリップが取り付けられている物が多く、固着した隙間に差し込むためにハンマーなどで叩いて使用することができる貫通タイプ(グリップの底部から先端まで金属製の軸が通っている)などもあります。また、先端部分の角度を変えることができる可変タイプなどもあり、内装の分解用に厚みを抑えたものなどもあります。

テコの原理を用いているので、シャフト部分が長く太いほど強い力をかけることができます。先端部分は作業しやすいようにほとんどのものに角度が付けられており、ブレードには先割れタイプのものもあるので用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

バール/プライバー人気おすすめ6選

【おすすめ1】バールセット(PeroTools)

スタンダードなデザインの、非貫通タイプ

200mm、300mm、450mm、600mmの4本が揃う、カーボンスチール製のシャフトを使用したアイテムです。グリップ部には耐久性を重視した硬質プラスチックを採用し、ブレード部分は使いやすいスクエアタイプです。先端部分は角度の付いたアングル形状になっており、高い作業性を実現しています。

【おすすめ2】プライバーセット(トネ)

トネ(TONE) プライバーセット PRB4 ブラック 内容4点

トネ(TONE) プライバーセット PRB4 ブラック 内容4点

9,023円(05/28 15:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

用途に合わせて使い分けられる、整備に便利な4本組み

自動車のオルタネータやコンプレッサーのベルト調整、ミッション取り外しの際など手力では作業が難しい場合に、隙間に差しこみテコとして強い力をかけることができます。使用する場所に合わせて使い分けられる、203mm、305mm、432mm、635mmの4種類が同梱されています。シャフト部分は鋼製で、耐久性も高いアイテムです。

【おすすめ3】プライバーセット(ストレート)

屈強な造りで、荒事にも対応できるアイテム

クロームバナジウム鋼製のシャフトがグリップエンドまで貫通しているので、ハンマーなどで叩いて使用することができます。滑りにくい材質(TPR)を採用したグリップには安全ガードが取り付けられており、誤って手を叩かないように考慮されています。先端はアングルタイプになっており、使いやすい200mm、300mm、450mm、600mmの4本組みです。

【おすすめ4】バール(Eyourlife)

異なった先端形状を使い分け、作業を快適に勧められる

部品に傷を付けにくいように、幅が広く薄いエッジを持つステンレス性のアイテムです。車の内外装部品の分解などに最適な造りで、一般的な樹脂製のプラスチックパネル取り外しツールよりも高い耐久性を持っています。ハンドル部分には滑り止め加工が施されており、確実な作業を行なうことができるようになっています。

【おすすめ5】バール(Mutuer)

スマートなデザインで、細かい場所も的確に作業できる

先端部分が割れたタイプで、クリップやファスナーといったパーツに使いやすいアイテムです。シャフト部分には高品質なクロムバナジウム合金鋼を使用し、グリップ部分は人間工学に基づいた使いやすいデザインを採用しています。長さは約270mmと内装などにも使いやすいサイズで、様々な箇所に使用することができます。

【おすすめ6】可変プライバー(シグネット)

作業に最適なアングルを実現する、アジャスタブルタイプ

アゴの角度が自由に調整できるようになっており、様々な作業箇所や内容に対応できるようになっています。角度はギアクラッチを押すだけで簡単に調整できるので、スムーズに作業を進めることができます。グリップ部分は握りやすい形状になっており、全長が615mmあるので楽に強い力をかけることができます。

車のメンテナンス工具を収納しよう!工具箱の人気おすすめ商品と選び方

その他の工具はコチラ

ラチェットレンチの人気おすすめ商品と選び方

ホイール交換用レンチの人気おすすめ商品と選び方

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード