キャンバー角とは?ポジティブとネガティブの違いから調整方法まで

キャンバー角にはポジティブキャンバーとネガティブキャンバーの2種類があります。皆さんはご存知でしょうか。ここでは、これらの役割や違いを解説するとともに、調整方法をご紹介しています。

キャンバー角とは?

出典:http://www.garson.co.jp/wheel/rimline.html

キャンバー角とはアライメント(タイヤ・ホイールが車体に対して取り付けられる角度)の内の一つになります。

そのほかにはボディに上から見た時の進行方向に対するタイヤの向きである「トー」、車を横から見た時のサスペンション角度の「キャスター」というものがあります。

キャンバー角には車を正面から見たときに、タイヤ上部が外側に傾く(逆八の字)ことをポジティブキャンバー(+キャンバー)、内側に傾く(八の字)をネガティブキャンバー(-キャンバー)があります。

現代ではタイヤの接地面を常に活かし切ることを狙ってキャンバーを付けないのが主流でしたが、旋回時には遠心力で車体がロール(左右に傾く)するのに伴いタイヤの外側から磨耗して行く傾向が出るのです。

キャンバーの設定はサスペンションの挙動と組み合わせて考えられることが多いようです。

ポジティブキャンバーとネガティブキャンバーの違い

出典:http://www.tamiya.com/japan/cms/rcstartguide/293-rcguide06.html

ポジティブキャンバー(+キャンバー)とは?

出典:http://www.clublexus.com/forums/gs-2nd-gen-1998-2005/635355-pics-of-lowered-gs300s-with-positive-camber.html

ポジティブキャンバーは、前述したように、タイヤが逆八の字になる状態のことです。

かつてステアリングの重さを軽減することが目的のためにポジティブキャンバーにしていたこともあったようです。

今では、パワーステアリング機構のある車の登場によってポジティブキャンバーにすることは滅多にないようです。

また、車への荷重が大きくなるとサスペンションがたわむ影響でネガティブキャンバーになるので、前もってポジティブキャンバーにしておくこともあるようです。

ネガティブキャンバー(-キャンバー)とは?

出典:http://police.community/topic/5981-stretched-tyres/

繰り返しになりますが、ネガティブキャンバーは、八の字にタイヤを傾けることです。

メリットは、コーナリング性能の向上です。旋回する際に遠心力で車体が傾いたときに、地面に対してのグリップが効くようになります。

デメリットとしては、ネガティブに傾けすぎるとタイヤの内側が偏磨耗してしまいます。

また、カーブが多い山道などを頻繁に走行する場合などはタイヤの外側が偏磨耗するので、予めネガティブに設定することもあるようです。

普通に一般道を走行する場合などはそこまで気にする必要はないかもしれません。

鬼キャンと呼ばれるカスタムがありますが、一般的には八の字に極端に傾けることを言うようです。
鬼キャンの由来は「鬼のようにキャンバー角を傾ける」ことにあります。

キャンバー角の調整方法は?

①キャンバー角の測定をする

出典:http://buyee.jp/yahoo/shopping/store/item/iboat_CEIM100500/iboat/1/

もし、自分でキャンバーの角度を測定したいと思ったらどのようにすれば良いのでしょうか。

簡単な方法として挙げられるのは、スマホアプリの傾斜計を用いて測定するやり方ではないでしょうか。
無料のアプリも多くでているので、それらを利用するのも手のひとつかもしれません。

ただし、正確に測るという点においては注意する必要がありそうです。

もしくは「マグネットキャンバーゲージ」という商品も販売されています。

こちらは簡単に使用してキャンバー角を測定することができます。

価格は、おおよそ1万5000円前後といったところでしょうか。

キャンバー角は、約1度以下の角度であれば大きな偏磨耗はしにくいということなので、ひとつの基準となると思います。

②キャンバー角を調整する

出典:http://www.yokohama-tire.com/staff.html?brand=1&pref=11&id=406&yy=2014&mm=9&key=17864/

キャンバー角が自動車メーカーの指定する数値から外れていた場合は、工具を使用して調整を行います。

基準となる数値は車種によっても異なってくるので注意が必要ですが、基本的にはゼロに近い数値であれば、バランスは保たれるようです。

ただし、調整ができない車も多くあるので、自分の乗っている車が調整できるのか知っておくことも重要です。

一般的にはアッパーマウントかアッパーアームを用いて調整します。

もちろん自分で調整することができますがジャッキアップして、タイヤを外してボルトを締めるもしくは、緩めるといった過程を経ることになります。

自分で行う手間を考えるとプロに任せる方が確実なのではないでしょうか。

調整を整備工場で行ってもらう場合の価格の相場としては、4輪トータルで約5000円から30000円だと言われています。

また、キャンバー角を適切に調整することはタイヤの寿命や性能に大きく関わるのでとても重要になってくるのです。

キャンバー角を調整してより楽しいドライブを!

出典:http://autoc-one.jp/honda/s660/report-2358679/photo/0002.html

現在の自動車の性能を考えると、キャンバー角にそこまでこだわる必要はないかもしれません。

キャンバー角は自分で測定することも調整することもできます。

ただし、調整することに関しては手間もかかるということを理解しておくことが必要でしょう。

それでも、「自分でやりたい!!」と興味が湧いた人がいたら一度試してみる価値はあると思います。
キャンバー角を調整するカスタムが車好きの間で、人気があるのも確かです。

自分の車に自らの手を加えることで、より愛着も湧くのではないでしょうか。

きっとこれからのドライブも楽しくなるはずです。

タイヤ・ホイールのカスタムに関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す