コンパウンドとは?使い方からおすすめ人気ランキングTOP10まで【最新版】

大切な愛車に傷がついてしまった時、あなたはどうしますか?便利なお助けアイテム「コンパウンド」を使えば、ほとんど凹みがない軽い傷なら自分でも補修できちゃうんです!「コンパウンド」の使い方やおすすめ製品をご紹介します。

コンパウンドとは?使い方からおすすめ人気ランキングTOP10まで【最新版】《目次》

■愛車のボディに傷が!そんな時に役立つ「コンパウンド」
■コンパウンドとは
■コンパウンドの種類と特徴
■コンパウンドでどこまで直せるか
■コンパウンドを使用する際の留意点
■コンパウンド作業の手順
■コンパウンドおすすめ人気ランキング TOP10
■コンパウンドは上手に使えば強い味方!

愛車のボディに傷が!そんな時に役立つ「コンパウンド」

車を磨く画像

出典:http://minkara.carview.co.jp/

どんなに大切に乗っていても、外を走ったり、駐車すれば、車のボディにスリ傷がつくのは、避けようのない事故のようなものです。
車のボディのスリ傷は、見た目の問題だけでなく、小さなスリ傷の塗装が剥げた箇所から、雨やホコリが入りこみ、サビの原因となって車を劣化させてしまいます。
時間が立てば立つほど、劣化のリスクは高まりますから、ついてしまった傷を放置せず、少しでも早く対処することが大切です。
そうは言っても、修理工場に持ち込むのは大変ですし、おサイフにも厳しい……
そんな時の強い味方が「コンパウンド」です!

「コンパウンド」を使えば、ほとんど凹みがない軽い傷なら、素人でも補修できるんです。
便利なお助けアイテム「コンパウンド」について、特徴から使い方、おすすめ製品まで、まとめてご紹介します。

コンパウンドとは

研磨材の画像

出典:http://www.femtech.co.jp/

「コンパウンド」とは広義には混ぜ合わせたもの、つまり「複合物」「化合物」を指す言葉です。
天然ゴムや合成ゴムのポリマーに、カーボンブラックなどの補強材や薬剤を配合したタイヤの素材にも使用しますが、一般にカー用品で「コンパウンド」と言えば“研磨剤”のことになります。

「コンパウンド」を見たことがないという方は、サンドペーパー(紙やすり)のざらざらした表面を思い浮かべてください。
あの“ざらざら”がつまり研磨材なんですが、サンドペーパー(紙やすり)は、粉状の研磨材を紙に塗布したものです。

そして、コンパウンドは粉状の研磨材を油分などの薬剤と混ぜ合わせて、使いやすいペースト状もしくは液状にしたものと考えていただくとよいと思います。
身近な例をあげると、キッチン用品のクレンザーや練り歯磨きと同じようなものです。

プロ仕様では、粒子の大きさが違う研磨材が揃っています。
プロは傷の状態や使用する箇所の状況に応じて、数種類を混ぜ合わせたり、混合する油剤を調整することで研磨力を調整し、市販のコンパウンドでは対応できない傷にも対応しています。

コンパウンドはどんなときに使う?

車の傷消しの結果の画像

出典:http://webmist.info/

コンパウンドは研磨材ですから、車のボディに適量をつけて軽くこするだけで、表面をごくわずかに削り取ることができます。
塗装の表面が変色してしまった場合も、コンパウンドで磨けば綺麗に落とすことができます。
例えば、鳥の糞や虫の死骸による変色、洗車では落とせない雨染みや水垢の除去には、コンパウンドは非常に効果的です。
また、ほとんど凹みのないごく浅い傷でしたら、傷の周辺を研磨して、表面を平らにする程度でも目立たなくなります。

コンパウンドは、洗剤だけでは落とせない頑固な汚れ落としから、修理に出すほどではない表面上の傷にまで使える便利なアイテムです。

コンパウンドの種類と特徴

コンパウンド各種の画像

出典:https://goo.gl/

コンパウンドには、研磨材の粒子の大きさの他、配合される溶剤や成分によって様々な種類があります。
それぞれに特徴があり、効果や使い勝手も異なってきます。
成分では、ノンシリコン、ノンワックス、水性、水溶性のものと、石油系溶剤、シリコーンやワックスなどを含む油溶性のものに大きく分けることができます。

油溶性のコンパウンド

油溶性コンパウンドの画像

出典:http://item.rakuten.co.jp/

油溶性のコンパウンド石油系溶剤、シリコーン、油溶性のワックスなどを配合したタイプのコンパウンドです。
シリコーンやワックスなどの艶出し剤や石油系溶剤が配合されたコンパウンドは滑りがよく、水性、水溶性よりも初心者や女性にも扱いやすいと人気が高いようです。
短時間で傷を目立たなくすることができて、すぐに艶が出るため、急いで仕上げたいときや応急処置としてはとても便利です。

しかし、油溶性のコンパウンドで傷が目立たなくなるのは、コンパウンドによる研磨と同時に、石油系溶剤や艶出し剤が傷の内部に入りこんで埋めてしまっている場合が多いです。
そのため、時間の経過や脱脂によって傷を埋めた溶剤などがなくなれば傷が現れてきます。
例えば、仕上げとしてガラスコーティングなどを行う場合、下地処理として「脱脂」をしなければなりません。

すると、コンパウンドを使用して「消えた」と思っていた傷が出てきてしまうこともありえます。
また、ピカピカになったと思っても磨き上げた艶ではなく、表面に塗られた艶出し成分による艶の場合は、比較的短期間で「艶引き」を起こすということもあります。

油溶性のコンパウンドでは、研磨して補修する以前に傷が埋まって目立たなくなってしまうため、作業中に脱脂をして傷の状態を確認しながら研磨する必要があります。
また、油溶性のコンパウンドの特徴に、艶出し剤や石油系溶剤の成分で滑りが強いので、水溶性と比較すると切削性が弱いということもあります。
つまり、油溶性のコンパウンドでしっかり研磨して傷を補修しようとすると手間がかかるということです。
反面、切削性が弱いということは、車の塗装を労わりながら慎重に作業をしたい場合には良いとも考えられます。

また作業中に飛散した場合の拭取りが大変だったり、素材によっては付着すると変質する危険性もありますので、作業場所の養生にも気を配った方がよいでしょう。

 長 所  ・傷を埋めるため、急ぎの仕上げや応急処置に適している。
・初心者や力のない女性でも簡単に艶が出せる。
・切削性の弱さが慎重な作業には適している。
 短 所  ・表面的に塗っただけでは研磨の効果が出づらく、比較的短時間で効果が消える。
・きちんと研磨しようとすると手間がかかる。
・油溶性のため、周囲の汚染や付着への注意が必要

水性・水溶性のコンパウンド

出典:http://minkara.carview.co.jp/

水性・水溶性コンパウンドは、ノンシリコーン、ノンワックスで石油系溶剤など油溶性の成分は最小限に抑えています(ゼロではありません)。
そのため、油溶性と比較して切削性が高く、作業中に脱脂する必要はありません。作業時間も短くてすみます。
コンパウンドを使用した後、ガラスコーティングをする場合(下地処理)には、脱脂がいらない「水溶性」のコンパウンドが適しています。

油溶性は使いやすい反面、傷を埋めてしまうという特徴があります。その際に研磨で生じたカスも含んだままになりますので、作業中に研磨カスが飛散することは少ないです。
それに対して水溶性コンパウンドは、研磨カスが出やすいです。水洗いで簡単にメンテナンスが流すことができます。

 長 所・研削性がよいため、作業効率は良い
・脱脂の必要がなく、コーティングの下地処理が不要。
・飛散しても簡単に拭き取ることができる。
 短 所・乾燥しやすく、初心者には扱いづらい。
・研磨カスが出やすい。
・油溶性のため、周囲の汚染や付着への注意が必要

コンパウンドの形状による違い

水溶性、油溶性という成分由来の区別だけでなく、リキッドやペーストなど形状による違いもあります。それぞれの特徴をまとめました。

■ リキッドタイプ(液体)

 長 所・液状なのでコンパウンドの伸びが良い。
・均一に研磨しやすい。
・研磨カスの排出性がよく、傷を埋めにくい(特に水性や水溶性)
 短 所・飛散しやすい。
・乾燥しやすく、作業がしにくくなる。

■ ペーストタイプ(より粘度が高い)

 長 所・流れないので、ピンポイントに使用できる。
・研磨カスが出ない。
・飛散しにくい。
 短 所・伸びが悪く、ムラが出やすい。
・研磨カスの排出性が悪く、傷を埋めてしまう。(特に油溶性)

コンパウンドとして使える?歯磨き!

歯磨き粉

実際に、クレンザーや練り歯磨きを車に使用する方もいるそうです。
車のように塗装がない場所に使用するための製品である、クレンザーや練り歯磨きに含まれている研磨材は粒子が細かく、余分な傷をつけずに済むそうです。

特に練り歯磨きの研磨材は、歯のエナメル質を傷つけないすぎよう、一定以上の力が加わると砕けてなくなるように作られているため、安心して使えるそうです。

歯磨きはどのご家庭にもあるものなので、思い立って試せますね。その場合は、研磨材が配合された製品であることを確かめましょう。また、歯磨きの相棒である歯ブラシは絶対に使用してはいけません!

コンパウンドでどこまで直せるか

出典:http://www.carpika.net/

残念ながら、コンパウンドで傷を完全に消すことはできません。
研磨によって、人の眼には見えづらいレベルまで目立たなくしているだけです。
コンパウンドは「傷を埋める」のではなく、「塗装ごと削り取って目立たなくする」ものと理解しましょう。
そのため、研磨した分だけ塗装は薄くなりますし、深い凹みのある傷や大きな傷は傷を広げてしまうおそれもあります。

コンパウンドで直せる傷の目安は?

水をかけると消える傷の画像

出典:http://www.rakuten.ne.jp/

まず、下の条件にあてはまる傷は市販のコンパウンドでかなりきれいに直せます。

○ 表面をなぞっても引っかからない程度の浅い傷

○ 傷の周辺に水をかけると傷が見えなくなる


さらに、次の2項目に該当するものであれば、コンパウンドを使用しても問題ないと思われます。
但し、ほとんどの傷はこれらの条件が複合している場合が多いので、慎重に傷や凹みの状況を見極めて、無理をせず、プロの手に委ねる判断も大切です。

コンパウンドで直せる傷①元々の塗装の色だけのスリ傷

塗装表面の傷の画像

出典:http://minkara.carview.co.jp/

元々の塗装の色だけのスリ傷は、コンパウンドで直せる可能性が高いです。
その傷は塗装の厚みの中でおさまっていて、下地まで至っていないからです。
こうしたタイプの傷は、傷を含む周辺の塗装を研磨して平らに戻すことで、傷を人目につかないレベルにできます。
但し、下地に至らないとはいっても、深い傷や凹みがある場合は、コンパウンドでは埋めることができません。

コンパウンドで直せる傷②こすった相手方の塗装が付着した傷

塗装がついた傷の画像

出典:http://www.carpika.net/

他の車や物にこすってしまった時、相手方の塗装が付着してしまうことがあります。
これは塗装に傷がついたのではなく、こすった相手の塗装が表面に乗っている状態です。
この場合は表面に付いた相手の塗装を落とせばよいので、コンパウンドで対処しやすい傷です。
同様に鳥のフン、水垢などの洗車では落とせない汚れも、それを削り取ることで綺麗になります。

【要注意】コンパウンドでは直せない傷

塗装が剥げた傷の画像

出典:http://www.hakko-motor.com/

凹みが無いスリ傷でも、白やグレーなどの元々の塗装とは違う色が出てしまった傷は、コンパウンドで直すことはできません。
塗装が削り取られ、傷が塗装の下地材や車体の表面にまで至っているからです。

白っぽいのは、金属面と塗装面の密着をよくするための「サフェーサー」と呼ばれる下地材です。
これを無理にコンパウンドで修復しようとすると、傷周辺の塗装をはがすことになり、結果として傷を広げることになります。
無理をせず、修理に出しましょう。

白っぽい色よりさらに重傷なのが、グレーが見えている傷です。
グレーの部分は車体の鉄の表面です。下地材まで剥がれるほどの深い傷ということです。

下地材までの傷であれば、すぐ錆びてくるようなことはありませんが、この場合は必ず処置をしなければなりません。
雨が多く、湿度の高い日本ではそのまま放置するとあっという間に錆びてしまいます。

コンパウンドを使用する際の留意点

コンパウンド使用のリスク

コンパウンドで傷周辺を磨く画像

出典:https://carnny.jp/

あなたの愛車にコンパウンドを使用する前に、コンパウンドを使用した場合の注意点も理解しておきましょう。

1、コンパウンドには副作用がある
コンパウンドは研磨材なので、どんなに粒子の細かい製品を使用しても、塗装を削ることには変わりありません。
磨いた分だけ塗装は薄くなっていき、微細なものであっても磨き傷(磨くことでつく傷)もついてしまいます。
ここはあくまでも自己責任になりますから、コンパウンドのリスクをきちんと理解したうえで、ついてしまった傷の状況やバランスを考えながら慎重に作業しましょう。

2、コンパウンドが使用できない部分がある
コンパウンドは塗装面に使用するもので、一般的にはゴム製品や樹脂素材には使用できません。
付着すると残りやすく、成分によっては変質してしまいます。
心配な方はマスキングテープなどで養生して作業しましょう。

コンパウンド作業を始める前に

コンパウンド道具の画像

出典:http://www.ju-janaito.com/

【用意するもの】
・コンパウンド
・スポンジ  ※使い分けるコンパウンドの種類にあわせて用意
・ウエス
・クロス(仕上げ用)

【あると便利なもの】
・マスキングテープ(養生用)

コンパウンド作業のポイント①コンパウンドを使い分ける

コンパウンド種類の画像

出典:http://www.jeyheart.com/

コンパウンドは、研磨材の粒子の大きさが切削性の高さに比例します。
粒子の大きいものほど切削性が高く、塗装を削り取る力が強いということになります。
作業工程によって、コンパウンドを使い分けるとよいでしょう。
粒子の大きさが異なるコンパウンドがセットになっている製品もあります。

コンパウンド作業のポイント②道具を正しく選ぶ

コンパウンド用品の画像

出典:http://page2.auctions.yahoo.co.jp/

コンパウンドを使い分けても、磨く際に使用するウェスやスポンジが合っていないと効果が出ません。
車のボディに傷をつけない柔らかい材質であることが大前提で、コンパウンド製品に付属している場合もあります。

天然パルプなどを原材料とした「セルロース系」や多孔質体の「PVAフォーム」のワックススポンジなど、保水性が高いものが適しています。
磨く作業で生じる摩擦熱で、コンパウンドが乾いて削り過ぎるのを防ぐ効果が期待できます。
また、拭き取りには柔らかな「ネル地」のウエスを使用しましょう。

ある程度の面積を磨くときはスポンジを使用するとよいです。
柔らかいスポンジが手の力のムラを分散してくれますので、より均等に磨けるようになります。
コンパウンドには、一般的なワックス用のスポンジよりも硬めのものが適しています。
カー用品店などでは、コンパウンド用として販売している製品があります。

広範囲を磨くときには電動ポリッシャーが便利

電動ポリッシャー の画像

出典:https://goo.gl/

傷周辺が対象となる場合は、狭い範囲になることが多いですが、ボンネットやドアなどの広い範囲は、手作業では均一に磨くことが難しいです。
そういった場合には、電動ポリッシャーが販売されています。意外に手頃な価格の製品もありますので、状況によっては活用されると良いでしょう。
もちろんコンパウンドだけでなく、普通のワックスかけにも使用できます。

【参考】自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ

自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ の画像

出典:https://goo.gl/

製造元:PROSTAFF(プロスタッフ)
Amazon価格 2,859円(2016年10月)

女性でも取り回しが楽にできる軽量コンパクトな製品です。一般家庭のコンセントから電源がとれます。

コンパウンド作業のポイント③作業する場所

直射日光の画像

あくまで「研磨」であるコンパウンドを使用した作業にとって熱は大敵です。
作業全般は、日陰もしくは屋内で行うのがベターです。
作業開始前には、車のボディの塗装面が冷えていることを確認します。
外気温や走行で熱を持っている状態であれば、必ず冷ましてから作業を始めましょう。

コンパウンド作業の手順

0:作業範囲の周辺を養生する

コンパウンド前の養生の画像

出典:http://www.xn--nckgz8cverb3k0c.net/

傷を修復することだけが目的である場合は、コンパウンドを使用する範囲をあらかじめ決めてしまい、使用する範囲を残す形で周辺を養生しておくのも一つの方法です。
保護したい部分を養生するのに便利なのが、マスキングテープです。
養生は必ずしなければいけないものではありませんが、やっておくと安心して作業を進められます。

コンパウンドを使用すると微細な傷は見えなくなりますが、それは塗装の表面を削っている訳ですから、無計画に広範囲に使用することはおすすめできません。
また、コンパウンドはゴムやモール、樹脂製の部分に残りやすく、こうした材質に付着したままにしておくと変質してしまうことがあります。
特に油溶性のコンパウンドを使用する場合は要注意です。
修復したい傷の周辺のライトやゴムなど、作業中に付着しそうな部分を保護しておくと安心です。

但し、マスキングテープの養生で完全な保護ができる訳ではないこともお忘れなく。プロはビニールシートなどを被せて養生しています。
素人の修復作業でそこまでの必要はないと思いますが、その代わり、作業終了後にきちんと点検して拭取っておきましょう。

1:スポンジを水に浸して絞る

スポンジを絞る画像

出典:http://221616.com/

コンパウンド作業の大敵「摩擦熱」を防ぐための手順です。
熱を持ったコンパウンドは乾いて切削性がより高くなることを防ぐため、水を含ませたスポンジを使用します。
作業を始める前にスポンジ全体が柔らかくなるまで水に浸し、水が流れてこない状態まで固く絞ります。

2:コンパウンドを塗布する

コンパウンドを搾り出す画像

出典:http://ameblo.jp/

傷を落とす時は、できるだけ細かいコンパウンドから始めましょう。
最初に使用するのは「鏡面仕上げ用」「極細」などがごく細かい粒子の製品がおすすめです。
コンパウンドを使用することでつく傷もあります。
何より傷が目立たないことが大切ですから、いきなり大粒の研磨材を使用するのではなく、細かいものから試しましょう。
粒子が細かいコンパウンドを試して、様子を見ながら粗い粒子のコンパウンドへと変えていきます。
粒子の細かい製品で傷を落とすことができれば、磨き傷という副作用なしで修復できます。

製品の裏面などに書かれている使用説明を参考に、少量をスポンジに絞り出します。

3:コンパウンドを均等に付着させる

コンパウンドを塗る画像

出典:http://minkara.carview.co.jp/

コンパウンドを付着させたスポンジの研磨面を、傷ついた箇所に軽く押し付けます。
そのまま、数回をポンポンと叩いて均等にならします。こうすることでコンパウンドが均等に付着します。

4:傷とその周辺を磨く

出典:http://221616.com/

コンパウンドが塗布した箇所を磨きます。この時、直線的にスポンジを動かします。
コンパウンドによる傷が一方向に集中すると逆に目立ちやすくなりますので、縦と横の動きを織り交ぜることも大切です。
円を描くように動かすとスクラッチ状の傷を付けてしまったり、仕上がりにムラができる場合があります。

そして、磨くのが傷だけに集中しないよう注意しましょう。
傷だけを集中して磨くと、傷があった箇所が逆に浮き上がってしまいます。
傷の周辺を優しく擦りながら、傷の部分を強めにこするイメージです。

あまり力を入れ過ぎないようにして、10回程度(目安)を擦ったところで様子を見ます。

5:コンパウンドを拭き取り、傷の状態を確認する

コンパウンドをふき取る画像

出典:http://hyperpikapikarein.com/

ネル地などの柔らかいウエスで、塗布したコンパウンドを拭き取ります。
この時も傷に対して直線的にウエスを動かすように注意しましょう。
コンパウンドが取り除けたら傷の状態を確認し、目立たなくなっていたら⑦仕上げの工程に進みます。
まだ傷が目立つようなら、⑥で再度3、4の工程を繰り返します。

6:粒子の大きいコンパウンドを使用する

コンパウンド使い分けの画像

出典:http://swatch37.blog69.fc2.com/

傷の状況があまり変わっていない場合は、コンパウンドを少し粒子の大きいものに変えましょう。
それでも、落ちなかったらさらに大きいものという形で段階を見ても変えていきます。

様子をみながら「少しずつ」が原則です!根気づよく作業しましょう。

この時、コンパウンドごとにスポンジを変えなければなりません。
大粒のコンパウンドを使用したスポンジには大粒のコンパウンドが付着しています。
そのスポンジで、小粒のコンパウンドを使っても意味がありません。
コンパウンドを使い分けるときは、使う種類の数だけスポンジを用意しましょう。

7:仕上げ ~艶出し

コンパウンド艶出しの画像

出典:https://hapikara.jp/

傷が目立たなくなったら、周辺との差が目立たなくなるようコンパウンドの磨き傷を消していきます。
粒子の大きいコンパウンドでついた磨き傷は、より粒子の細かいコンパウンドで磨いて消します。
無理に大粒のコンパウンドを使う必要はありませんが、より小さい粒子のコンパウンドへと変えると艶が出せます。

【要注意】磨き過ぎは逆効果!

出典:https://www.beautifulcars.biz/

コンパウンドによる磨き作業はどんなに粒子の細かい製品を使用しても、塗装を削ることに変わりはありません。
磨き過ぎれば、その部分だけ色あせてしまったり、さらに限度を超えれば下地が出てしまいます。
磨いている箇所の艶が無くなったと感じたら、すぐ作業を止めましょう。

コンパウンドのプロの技がわかる動画

コンパウンドおすすめ人気ランキング【TOP10】

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第10位】3M コンパウンド 仕上げ用 ハード・2-L 750ml

3M コンパウンド 仕上げ用 ハード・2-L 750mlの画像

出典:http://amzn.to/

自動車販売店や板金塗装屋さんなどでプロが使用しているシリーズです。小さなキズ消しから磨き、水垢取りまで対応する優秀な製品です。

製造元:3M (スリーエム)
Amazon価格 3,414円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第9位】PiKAL コンパウンド ラビングコンパウンド 140g

PiKAL コンパウンド ラビングコンパウンドの画像

出典:https://goo.gl/

金属磨きの老舗メーカーの自動車の塗装部分のキズ・汚れ落とし用コンパウンドです。中目~中細目のコンパウンドで、自動車の塗装部分のキズ取りや汚れ落としに効果的です。クラシックで素朴な外見もいかにも効きそうで素敵です。

製造元:日本磨料工業
Amazon価格 432円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第8位】魔法のコンパウンド 傷を取り傷を埋める! クリアーベールフィニッシュ 業務用

クリアーベールフィニッシュ 業務用の画像

出典:https://goo.gl/

この製品は業務用のコンパウンドです。研磨して傷を目立たなくするだけでなく、塗装と同じアクリル成分が塗装の傷に入りこんで塗装と一体化します。 効果は3ヶ月以上ということですが、一定期間で修復を繰り返す必要があります。

製造元:G'ZOX
Amazon価格 4,980円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第7位】RINREI ボディークリーナー ProMiraX スリキズキズ消しコンパウンド

RINREI ボディークリーナー ProMiraX スリキズキズ消しコンパウンドの画像

出典:https://goo.gl/

細め(100g)超微細(95g)の2液とタオル2枚がセットになった製品です。
ボディカラーは、白から濃色のパール、マイカ、メタリック及びソリッド塗装に適応しています。

製造元:RINREI(リンレイ)
Amazon価格 1,231円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第6位】WILLSON ハンネリコンパウンド 極細 (200g)

WILLSON ハンネリコンパウンド 極細 (200g) の画像

出典:https://goo.gl/

知る人ぞ知る、AMAZONでも高評価のコンパウンド製品です。平均1ミクロンの超微粒子パウダーが配合され、ワックスがけや洗車機のブラシでついた微細な傷も消すことができます。仕上げの磨きには最適です。

製造元:WILLSON [ ウイルソン ]
Amazon価格 559円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第5位】99工房 コンパウンドトライアルセット 120g

99工房 コンパウンドトライアルセット 120gの画像

出典:https://goo.gl/

「キズ消しからツヤだしまで」とのキャッチコピーの通り、これ一つで傷の修復ができるコストパフォーマンスの高い製品です。別売りで専用スポンジもあります。同シリーズでリキッドタイプも人気製品です。

製造元:SOFT99 (ソフト99)
Amazon価格 754円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第4位】ワコーズ MTC メタルコンパウンド 万能金属用磨き剤

ワコーズ MTC メタルコンパウンド 万能金属用磨き剤 120gの画像

出典:https://goo.gl/

この製品は車専用ではありませんが、アルミ・ステンレス・銅・真鍮等の金属の表面やメッキ部の錆やスリ傷を取り除く、万能金属磨き剤です。のびが良く、少量で作業がしやすいです。

製造元:和光ケミカル (WAKO'S)
Amazon価格 1,620円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第3位】Holts リキッドコンパウンドミニセット

Holts リキッドコンパウンドミニセット の画像

出典:https://goo.gl/

1919年創業のイギリスの自動車補修用品メーカーです。
欧米では日本以上に自分で自動車の修理や補修を行う文化が根付いていますので、こういった製品は充実しています。研磨性の高い細目、鏡面仕上げ用の極細、鏡面仕上げ用・艶出し仕上げ用の超極細の3タイプがセットになった製品です。傷補修の目的で購入するにはピッタリの少量タイプです。

製造元:Holts(ホルツ)
Amazon価格 1,626円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第2位】3M コンパウンド 目消し肌調整 ハード・1-L

3M コンパウンド 目消し肌調整 ハード・1-L 750mlの画像

出典:https://goo.gl/

超硬研磨粒子を使用した切削性の高い製品です。粒子が細かい万能タイプで、仕上がりの良さ、艶には定評があります。淡色の車であれば、これ一本で仕上げまで対応できます。このリキッドタイプの他に、チューブ入りのペーストタイプもあります。

製造元:3M (スリーエム)
Amaozn価格 3,414円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドのおすすめ人気ランキング【第1位】99工房 液体コンパウンドトライアルセット

99工房 液体コンパウンドトライアルセットの画像

出典:https://goo.gl/

国内ワックスメーカーの老舗、ソフト99の製品です。リキッドタイプで、キズ消し用、仕上げ用、超鏡面用の3ステップと専用スポンジのセットです。コンパウンド初心者にも使う順番などがわかりやすい、おすすめの製品です。トライアル製品ということですが、小さな傷ならこれひとつで充分です。

製造元:ソフト99 (SOFT99)
Amazon価格 1,191 円(2016年10月)

こちらのコンプウンドの現在のAmazon最安値はこちらで確認!

コンパウンドは上手に使えば強い味方!

コンパウンド作業の画像

車のボディの補修に便利なお助けアイテム、コンパウンドについてご紹介しました。便利さやコストパフォーマンスだけでなく、初心者でも、自分の手で大切な愛車を補修できることも、コンパウンドの魅力のひとつではないかと思います。
楽しみながら愛車をメンテナンスできると、とても素敵だと思います。

もちろん、コンパウンドは万能ではありませんから、コンパウンド補修に適した傷であるかを慎重に見極めましょう!

車のメンテンナンス関連のおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す