MOBY

ホンダの軽自動車一覧&人気ランキング!燃費&価格でおすすめの軽はこれ!

ホンダは2011年にNシリーズ第1弾「N-BOX」を発売して以来、個性的なデザインで人気のあるホンダの軽自動車を燃費と車両価格を基準にしたランキング形式でご紹介します。

第6位 S660

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

2016年度販売台数:9,296台  
燃費:24.2㎞/L~ 
車両価格:1,980,000円~
全長/全幅/前幅:395/1,475/1,180㎜

男性だけの人気ランキングなら間違いなく1位になったであろう軽オープン2シーターモデルが2015年4月に発売された「S660」です。

燃費と価格で今回は下位になりましたが、この燃費と価格でこのクルマが手に入るのなら、1位でも納得して頂けたかもしれません。

パワーユニットはターボエンジンのみで、走行性能に重点を置き、FR駆動で横置きミッドシップという軽自動車でありながら凝ったレイアウトを採用した「一線入魂ボディ」を採用しており、まさに「NSX」の軽自動車版。

おすすめするまでもなく、ホンダ製2シーターが欲しかった人のみが乗る究極の軽自動車といえるでしょう。

第5位 N-BOX/(スラッシュ)

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

N-BOX/(スラッシュ)の室内空間はまるで自分専用のリビングルーム

JC08モード燃費率:24.4㎞/~
車両価格:1,340,000円~
全長/全幅/全高;3,395/1,475/1,780~1,800㎜

「N-BOX+(プラス)」と同価格帯ではありますが、豊富なメーカーオプションを選択すると、ターボ車などでは200万円にもなる高額車になってしまいます。
特に「N-BOX/(スラッシュ)」は、箱型スタイルながらチョップドルーフでクーペのように見えるフォルムが目を引きます。

軽自動車とは思えないカスタムテイストのエクステリアと、大胆なインテリア、そして本格的なオーディオシステムを採用し、まるで自分専用のリビングルームでくつろいでいるような雰囲気は、走る以外のクルマの楽しみを提案しています。

販売台数は「N-BOX」シリーズとして合算されるため公表されていませんが、シリーズの中での人気ランキングは一番だと考えられます。

第4位 N-BOX+(プラス)

N-BOX+(プラス)は広い室内に独創的なアイデアをプラスしたモデル

出典:http://www.honda.co.jp/

JC08モード燃費率:24.4㎞/L~ 
車両価格:1,340,000円~
全長/全幅/全高:3,395/1,475/1,780~1,800㎜

「N-BOX+(プラス)」は「N-BOX」と同じボディながら、高め設定であり、今回のランキングではこのポジションに。

「N-BOX+(プラス)」は、斜めの床とアルミスロープの採用により荷物や道具の積み降ろしを容易にする「ユニバーサルブリッジ」と、大きさの異なる3つのボードにより多彩な空間アレンジを実現した「マルチスペースシステム」という2つの独創的なアイデアをプラスしています。

日常生活からレジャーまで活躍するほか、お年寄りなど介護が必要な方がいるご家庭にもおすすめできます。

第3位 N-BOX

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

N-BOXは広くてアイデア満載の室内が魅力

2016年度販売台数 :184,92台(シリーズ合算)
JC08モード燃費率:25.6~㎞/L
車両価格:1,198,000円~
全長/全幅/全高:3,395/1,457/1,780~1,800㎜

発売から5年も経過し、燃費ではライバルに差を付けられていますが、価格の安いグレードも投入しており、競争力はまだまだ健在です。

「N-BOX」は、2013年には軽自動車の売り上げランキングで1位を記録し、今でもその勢いが止まらない、ホンダの軽自動車販売ランキング№1です。

「N-BOX」は低床構造やセンタータンクレイアウトにより、室内スペースが軽規格の最大限に利用され、ホイールベースと室内高の高さを活かしたシートアレンジも豊富であり、小さなお子様がいるご家庭にはおすすめの一台です。

また、「N-BOX+」、「N-BOX/」という次々に投入される個性的な新機種によるところも多いのです。

次のページ