初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ETC車載器おすすめ人気ランキングTOP20|価格は安いものでも大丈夫?【最新版】

高速道路に乗る機会は少ないが、ETCはつけている、つけたいと言う人は多いと思います。毎回のように使うという人はそれほど多くないと思いますが、一度ETCの便利さを知ってしまうと、ETCなしのカーライフは考えられませんね。料金所で止まることも、お財布を出す手間もないのです。さらにスマートICはETC非搭載の車は通行ができません。最近はETC2.0という次世代型も徐々に普及してきていますがETC車載機はどんなものが人気なのでしょうか?どれほど便利なのでしょう?渋滞や交通状況は変わるのでしょうか?

ETC車載器の機能・仕組みをおさらい

料金所

©iStock/xavierarnau

それではまず、ETC車載機がどんなものなのかおさらいをしていきましょう。ETCとはElectronic Toll Collection System(エレクトロニック・トール・コレクション・システム)の略で、高速道路の交通システムのひとつです。

ご存知の通り、有料道路を利用する際、料金所で停止することなく通過できるノンストッ自動料金収受システムです。
現在、車にETC車載器を搭載している車の台数は2016年12月時点で76,558,801台に搭載されています。
(一般財団法人ITSサービス高度化機構 ITS-TEA調査)

おすすめのETCカードはこちら

新サービスのETC2.0も徐々に出始めている

2016年度からETC2.0という新サービスも始まっています。これまでのETCとは何が違うのでしょうか?

ETC2.0はこれまでのサービスに加えて、渋滞情報や安全運転支援などより充実した情報でドライバーをサポートするサービスです。

これまでのカーナビは約200km圏内の渋滞情報しか収集できなかったため、渋滞回避能力にも限界がありました。
しかし、ETC2.0では約1000kmまでその範囲が広がり、より渋滞の少ない経路を正確に案内できるようになりました。

まだまだ、準備段階ですが、今後、駐車場料金の支払いや駐車場の入庫の管理、ドライブスルーなど、新たなサービスを展開していくことを予定しています。さらに高速道路の一部区間ではETC2.0を対象とした割引も実施されています。

現在、ETC2.0対応車載器を搭載している車は1,338,117台となっていて、今後ますます増えていくでしょう。
1点注意が必要なのは、カーナビと連動して使うタイプと、独立して使える「発話型」があるため、確認してから購入しましょう。

ETC2.0の新しく転載されるサービスについてはこちら

ETC車載器の選び方は?価格による違いはあるの?

お金 現金

ETC車載器のタイプには以下の3つがあります。

ETC車載器 2ピースタイプ

ETC車載器本体とアンテナが一体となっているタイプです。
本体そのものがアンテナも兼ねているので、ダッシュボードやフロントガラスなどの車外からよく見える位置に設置しなければなりません。価格はアンテナ一体型に比べると低価格なモデルが多いですが、見た目や防犯性はやや劣ります。

ETC車載器とETCカードによって構成されるため、「2ピース」と呼ばれています。

ETC車載器 3ピースタイプ

本体からアンテナを分離させたタイプです。
アンテナのみをフロントガラスなどダッシュボードの上に置くことで、車載器本体は足元などの目立たない位置に設置可能です。

アンテナとETC車載器、ETCカードによって構成されるため、「3ピース」と呼ばれています。

ETC車載器 ビルドインタイプ

車の標準装備として搭載されているタイプです。
アンテナはルームミラーに組み込まれているタイプや、車載器本体はセンターパネルに組み込まれているタイプなど、いろいろなデザインがあります。
(ビルドインタイプは新車購入時などに設置するため、この記事での比較説明は省きます。)

ETC車載器の価格の違い

ETC2.0対応機でない2ピースタイプは大手メーカーの物でも4,000円台から、3ピースタイプは5,000円台から購入できます。

カーナビと接続できるものや、ETC2.0対応のものは10,000円以上と、高額になっていきます。
中にはカーナビがないと音声案内が付かないものなどもあるため、事前に確認が必要です。

ETC車載器の取り付けは自分でできる?

工具

ETC車載器の取り付けは自分でもOK、セットアップは登録業者が行う

ETC車載器の取り付け自体は、車をいじるのが好きな人であればできます。
ただし、ETC車載器を取り付けて使えるようにするためには、「セットアップ」が必要です。
セットアップは、車の情報をかき込み、その情報の暗号処理など高度なセキュリティ処理を行うものです。

インターネットで行う「オンラインセットアップ」とFAXなどの「オフラインセットアップ」があり、実際の店舗で行うには登録店で行います。
ETC車載器のセットアップは、技術や信頼性が保証されているお店に限定されているため、基本的には個人ではできない仕組みになっています。

ETC車載器のセットアップの価格は?

店舗にもよりますが、セットアップ料金は3,000円程度、取り付けも含めると5,000円程度といわれています。
また、インターネットで購入すると、車載器の本体価格にセットアップ料金が含まれている場合もあります。

取り付けは自分で行う、または近くのカーショップにお願いして、セットアップだけはオンラインで行う方法もあるので、ちょっと節約できるかもしれません。

ETC車載器について理解が深まったところで、購入、買い替えをしようと考えている人に、ETC車載器おすすめ人気ランキングTOP20を紹介します。

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第20位】

DENSO DIU-9400

▶【アマゾン価格】5,925円(2017年1月現在)
▶本体寸法:幅約70mm×高さ約17mm×奥行約97mm
▶重量:100 g
▶内蔵スピーカーによる音声案内・ブザー音

安い価格でありながらも大手メーカーの商品なので安心して利用できます。
更に機能性も抜群で音声案内からETC挿し忘れ警告機能などもあります。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

車にセットしてから、まだ高速で利用していませんがエンジンスタートすると、「ETCカードがセットされていません」と案内されます。
商品紹介からすると、当たり前なんだけど、分かりやすく便利でなかなか良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第19位】

カロッツェリア(パイオニア) ETCユニット ND-ETC7

▶【アマゾン価格】17,707円(2017年1月現在)
▶本体寸法:68mm(W)×17mm(H)×106mm(D)
▶重量:549 g
▶カーナビ連動
▶ETC利用履歴表示対応
▶ETCカード抜き差しお知らせ機能

コンパクトで見た目もスッキリとしています。
更に、取り付けも比較的簡単なおすすめETC車載器です。

こちらのETC車載器のAmazonでの現在の最安値はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第18位】

古野電気 FNK-M10T

▶【アマゾン価格】4,750円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:2ピースタイプ
▶音声機能:ブザー
▶サイズ:W72mm×H22mm×D94.8 mm
▶ETC2.0:非対応

安くてシンプルなETC車載器が欲しい人におすすめです。
ETC車載器本体とアンテナが一体の2ピースタイプ、音声機能もブザーですが、ETC車載器としての機能を備えていますので、気軽に使うことができます。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

個人的に無駄な音声無しタイプを探してこれを見つけました。
機能、性能に全く問題ありません。
状態を優しく小さくも大きくもないピピッっというブザー音で教えてくれます。
カード挿入時はアンテナ部と本体のランプがグリーンに点灯するので一目で確認できます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第17位】

デンソー DIU-5310

▶【amazon価格】22,700円(2016年1月現在)
▶動作電圧:DC12V/24V(10V〜32V)
▶告知音:内蔵スピーカーによる音声案内・ブザー音
▶カードコネクタ:全収納式
▶履歴確認:最大100件(音声案内)
▶保存温度範囲:−40℃〜+90℃
▶動作温度範囲:−30℃〜+85℃

こちらはETC2.0には対応していませんが、アンテナ分離型でお買い得となっています。有効期限通知や利用履歴など、ETC車載機としての一連の機能は網羅しています。また、ケンウッドのカーナビ(一部機種)と連携できるようになっており、カーナビがケンウッドという方には、迷わずおすすめしたいモデルです。

こちらのETC車載器のAmazonでの現在の最安値はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第16位】

パナソニックCY-ET809D

▶【アマゾン価格】6,160円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:2ピースタイプ
▶音声機能:音声
▶サイズ:W70×H15×D96 mm
▶ETC2.0:非対応

パナソニックですが、2ピースタイプのため、お値段もお安くなっています。
ちなみに、パナソニックのETC車載器の声優は、タッチの朝倉南役でおなじみの日髙のり子さんが担当しているということで最近話題になりました。
ファンの方は、選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

めったに使わないのでアンテナ一体型を選択し、価格的に希望に合ったのがこれでした。購入したあとに気がついたのですが、案内ボイスがなんと「浅倉南」じゃないですか!(笑)性能もボイスも満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp/


このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第15位】

デンソー ETC2.0 DIU-A050

▶【amazon価格】17,380円(2016年1月現在)
▶入力電圧/消費電流 : DC12V/約150mA、 DC24V/約80mA
▶使用温度範囲 :-30℃~+85℃
▶LED表示 : ETC利用可否・ゲート通過可否など
▶ 告知方式 : 音声/ブザー/LED
▶基本機能: スマートフォン連携/ 音声案内
▶メーカー保証:3年間

DIU-A050の特徴はBluetoothでスマートフォン(Androidのみ)と連携できることです。交通情報や安全運転支援情報をいち早くキャッチし、スマートフォンの画面に表示させます。

現在このような機能を備えているモデルはほとんどありませんので、スマホをもっと有効活用したいという方にもおすすめです。
ガジェット好きな方はやや触手が動いたのではないでしょうか?

さらに、アンテナに異常がある場合や、カードの抜き忘れ、有効期限も音声で教えてくれるので、この辺りは従来のETC車載機と変わりないようです。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

カード有無の音声だけでなく、
高速道路運転中も、渋滞や、事故、故障車情報が、音声で流れます。
カーナビ無くても、音声で情報を得る事ができるので、そこそこ便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第14位】

三菱重工 MOBE-700B

▶【アマゾン価格】6,980円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:音声
▶サイズ:W70mm×H17mm×D105mm
▶ETC2.0:非対応
▶特徴:クラリオン製カーナビと連動可能(カーナビの機種による)

カード挿入位置のグリーンのイルミネーションがカードを入れる場所をわかりやすく示している上に、近未来感を演出してくれるETC車載器です。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

親の車用に購入しました。自分の車についてくるものと比べて格段に進歩していて、この値段。アナウンス機能、カード差し込み状態がライトでわかる機能、これで十分ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第13位】

アルパイン ETC2.0 車載器 HCE-B110

▶【amazon価格】26,577円(2016年1月現在)
▶光ビーコン:赤外線
▶電波ビーコン:電波(2.4GHz帯)
▶ETC2.0:電波(5.8GHz帯)

HCE-B110mもまたパナソニックのナビと同じようにアルパイン製のナビに連動します。ナビと接続をすることで道路上の落下物や渋滞情報など安全運転をナビ画面上でサポートしてくれます。車種専用設計なので、多くの国内メーカーの車に対応し、純正品のようなフィット感があります。

また、道の駅や高速道路のサービスエリアのホームページを表示して、観光情報や施設情報を表示してくれるので、見知らぬ土地でも受動的に情報が入ってくるのはうれしいですね。

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第12位】

デンソー DIU-9401

▶【アマゾン価格】5,380円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:音声
▶サイズ:W70mm×H17mm×D97 mm
▶ETC2.0:非対応

3ピースタイプで比較的安価なものはこちらです。
音声ガイドもついているため、必要最低限の機能を備えています。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

DENSO製品なので信頼性も高く、いい商品です。
取り付けには慣れが必要ですが、ネットなどで調べれば出来ると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第11位】

パナソニック CY-ET2000D

▶【amazon価格】14,917円(2016年1月現在)
▶電源電圧:DC12V
▶消費電流:90mA
▶インジケーター表示:スタンバイ青、エラー橙 〈アンテナ〉スタンバイ青
▶音声案内:カーナビから出力

次世代型のETC2.0でありながら、信頼のあるパナソニック製、かつアンテナ分離型にもかかわらず、この価格帯は良心的です。他のモデルと同様パナソニック製ナビと連携しており、これまで以上に目的地までの所要時間が短縮し、ナビ性能を向上させています。

上位機種との価格の違いは光ビーコンが搭載されていないことです。しかし、ナビとの連携でこれまで以上に渋滞回避が期待できるのは言うまでもありません。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

スズキジムニーランドベンチャー(JB-23W)購入時にスズキ純正ナビ(パナソニック品番CN-RZ72・スズキ品番99000-79AW5)を取付け、後で本品をアマゾンで購入し自分で取付けて、大手量販店でセットアップして使っています。スズキのジムニーオプションカタログでは、本品(ETC2.0車載器)は40,176円もします。(取付費込み)カタログ写真で見て、車載器品番が同じなので、購入して自分で取付けました。B電源、ACC、アースを接続したらあとは、ナビ後部のDSRC端子に付属接続コードを取付け、ETCアンテナ取付・アンテナ・電源ケーブル取り回しをして終了です。アマゾンで購入、自分で取付け、カー用品大手量販店でETC2.0セットアップ(3,000円程)で、スズキディーラーでの購入よりもかなり安く上がりました。ナビ連動式ですので、VICS図形・旅行時間・事故多発区間注意喚起等の情報が、高速走行中に何度も案内が出て、音声読み上げもあり、安全運転支援になります。今後のETC2.0化の進捗も考えると、本品は、パナソニック製ETC2.0対応ナビユーザーには必須の品です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第10位】

古野電気 FNK-M09T

▶【amazon価格】5,480円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:音声
▶サイズ:W72mm×H22mm×D94.8 mm
▶ETC2.0:非対応

こちらも3ピースタイプで比較的安価で、音声ガイドもついています。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

フロントピラーにエアーバックが装着されたのでアンテナの取り付け位置がフロントガラスだとピラーカバーを外しての配線の取り回しが面倒なので、
この機種のアンテナは裏表なく設置できるのでダッシュに直接貼り付けて設置できます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第9位】

カロッツェリア(パイオニア) ETC2.0 ND-DSRC3

▶【amazon価格】30,847円(2016年1月現在)
▶使用温度範囲:-30~+85 ℃
▶電源電圧:DC 14.4 V(10.8 V~15.1 V使用可能)
▶アース式:マイナスアース方式
▶最大消費電流:300 mA以下

価格はやや高めですが、カロッツェリアのほとんどのナビと連携しており、やはりセットで使用したいモデルです。

渋滞回避は他のETC2.0と同様、ETCから得た交通状況や渋滞情報をナビ画面に表示してくれるので、音声だけでなく視覚的に情報を得ることができます。また、積雪や災害時もお知らせしてくれるようになっているので、通常のカーナビでは知ることができない情報も把握することができます。

渋滞だけでなく、危険を教えてくれるという非常に優秀な機能ですね。カーナビとETCを一新するだけで、車が先進的になったかのように思えてしまいます。

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第8位】

アルパインHCE-B053

▶【アマゾン価格】16,082円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:音声
▶サイズ:W65mm×H14.5mm×D96 mm
▶ETC2.0:非対応
▶特徴:別売のビルトインキットで純正位置に装着可能、アルパイン製ナビと接続可能

別売りの「パーフェクトフィット KTX-Y20B」を取り付けることで、純正位置にETC車載器を取り付けることができます。
スマートにETC車載器を取り付けたいときにいいですね。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

同社のビッグX2015年モデルとあわせての購入です。
価格は高くなりますがやはりナビと連動してるのは便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第7位】

三菱電機 EP-7314BRK

▶【amazon価格】7,653円(2016年1月現在)
▶電源:12/24V兼用(車両バッテリー)
▶動作温度:‐30℃~+85℃
▶消費電流:400mA以下
▶音声部:スピーカー内蔵

低価格ながらアンテナ分離型を採用しており、高級感のあるデザインになっているので、安っぽさは感じられません。ETC2.0が普及してきたことにより、従来品の価格が落ち着いてきていますね。このくらいの価格帯ならあまり迷うことなく取り付けようと思えるのではないでしょうか?

今はセットアップも自分でできる時代なので、ネット上で取り付け方法を調べてDIYで取り付けられる方も少なくありません。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

カロッツェリアの楽ナビと三菱純正のケーブル(LE-03EC)で連動させています。
それが出来るのはいわば当たり前のことなのですが、
このETC車載器は、音声案内だけでなく、ビープ音もすべて無音に設定できるので
カーナビと連動させる場合、ナビと重複発声することもなく、おとなしくしてくれます。

アンテナに付いているLEDインジケーターランプは、乳白青のLEDなのですが
夜間、眩しいというか気になります。アンテナを助手席側に寄せて付け直すか
何らかの方法で減光させることを検討中です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第6位】

パナソニックCY-ET2000D

▶【amazon価格】14,917円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:パナソニック製ETC2.0に対応したカーナビと連動して音声案内
▶サイズ:W65mm×H14.5mm×D96 mm
▶ETC2.0:対応
▶特徴:パナソニック製ナビと接続可能

ETC2.0に対応した機種を探していて、なおかつ、パナソニックのカーナビも購入予定という人におすすめです。
カーナビが無くてもETC車載器として使えますが(その場合はブザー音でお知らせ)、カーナビと連動することでよりいろいろなサービスを受けることができます。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

仕事上で必要な為、音声は二の次でした。
この価格で手に入ったのはラッキーでした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第5位】

パナソニック CY-ET912KD

▶【amazon価格】5,100円(2016年1月現在)
▶電源電圧:DC 12/24 V兼用
▶消費電流:55 mA(12 V待受時)、31 mA(24 V待受時)
▶インジケータ(本体):電源ランプ:青
▶スタンバイ : 青
▶スピーカー:アンテナに内蔵
▶音量設定:なし
▶音声案内:ブザー(エラー発生時のみ録音音声)

こちらもアンテナ分離型のモデルになります。他のETCとの違いは、音声案内がカード未挿入時、カード読み込みなどでエラーが発生したときのみという点です。あとは、あとはブザー音のみで通知、音量ボタン類も廃止したことで低価格とスッキリしたデザインを実現しています。

エンジンをかけるたびに音声で有効期限が案内されるのが、煩わしいと感じている人にはおすすめなシンプル設計です。購入者の評価も高くなっており、ETC車載機としての満足度も高いモデルです。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

必要最低限の機能しかないが、それで充分。いちいちエンジンのオンオフの度にうるさい音声案内が無いのがいいです。料金履歴も必要無いので、無駄な機能を省いてその分シンプルで安価、不満なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第4位】

パナソニックCY-DSR140D

▶【amazon価格】20,300円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:パナソニック製ETC2.0に対応したカーナビと連動して音声案内
▶サイズ:W70mm×H18mm×D96 mm
▶ETC2.0:対応
▶特徴:光ビーコン統合アンテナ付き、パナソニック製カーナビと接続可能

ETC2.0対応の車載器で、なおかつ光ビーコンアンテナ(VICS)付きの機種を探している人におすすめです。
(光ビーコンアンテナが付くことで、一般道の交通状況もナビの案内に反映され、より早い目的地へのルート案内が可能になります。)
こちらもカーナビとセットで購入したいという人におすすめです。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

予想到着時間を教えてくれるので、渋滞の度合いを見極められる。
初めてのビーコン装着でしたが、親切にアナウンスしてくれるので予定が立てやすい。
やはり、情報は強い味方です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら!

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第3位】

古野電気 FNK-M100

▶【amazon価格】16,938円(2017年1月現在)
▶車載器のタイプ:3ピースタイプ
▶音声機能:音声
▶サイズ:W70mm×H18.2mm×D105 mm
▶ETC2.0:対応

ETC2.0対応のETC車載器です。
まだカーナビと連動させる予定はないけれど、音声案内機能は欲しい!という人におすすめです。
スマートフォンのナビ機能と併用するなどで、お金をかけずにECT2.0が利用できます。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

ETC2.0の圏央道割引を受けるために購入。カーナビを装着していない車種に使用しており、iPhoneのgoogle mapと併用する形で使用。機械音声はたどたどしいですが、必要な渋滞情報を音声で受けつつ、google mapを使用しているといわゆるカーナビはもはや要らないのではないかとも思う。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第2位】

アルパインHCE-B053

▶【amazon価格】16,075円(2016年1月現在)
▶料金案内
▶音声案内

外観は、上記機種のHCE-B110となんら変わりありません。このモデルは別売のビルトインキットでスマートに装着できるのが人気の理由です。国内メーカーの多くのモデルに装着可能となっています。

料金表示や通過履歴、ETCカード差し忘れ警告もあるので、いざ高速に乗ろうとしたらカードが差さってないなんてことも防げます。価格はやや高めですが、信頼性の高いモデルです。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

プリウスαにビッグXを取り付けるため、連動も兼ねてALPINE(アルパイン) HCE-B110Vと同時に購入しました。
取り付けて、悪くは無いですが値段的に高くなり、結果的には満足には少し遠いかなといった印象が残りました。

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら

アルパイン トヨタ車用パーフェクトフィット KTX-Y20B

【アマゾン価格】1,800円(2017年1月現在)

このおすすめETC車載器のビルトインキットの現在の価格はこちら

ETC車載器おすすめ人気ランキング【第1位】

パナソニック CY-ET925KD

ETC車載器 おすすめ 人気 ランキング

▶【amazon価格】5,500円(2016年1月現在)
▶電源電圧:DC 12/24 V兼用
▶消費電流:55 mA(12 V待受時)、31 mA(24 V待受時)
▶スピーカー:アンテナに内蔵
▶音量設定:5段階(OFF設定含む)
▶音声案内:録音音声

1位はこちらのパナソニック製のETC車載機でした。低価格に加えもちろん、アンテナ分離型を採用。様々なシーンでアンテナに内蔵されたスピーカーで音声案内をしてくれます。ボリュームの調整で自分に合った音量で使用できるので、うるさいと感じることはないでしょう。

またこれだけ低価格にもかかわらず、パナソニックのナビと連動しており、より使い道を広げることができます。

このおすすめETC車載器の口コミはこちら

ETC2.0ではありませんが安価でおススメ出来る発話型のETC車載器です。急いで2.0にする必要もありませんし地方住みの方には2.0の恩恵はあまりありません。それにETC2.0車載器は価格がまだ高価なので元を取ることは難しいでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このおすすめETC車載器の現在の価格はこちら

ETC車載器は機能によって価格が変わる!ドライブをより快適に

ETC車載機のおすすめ人気ランキングTOP20をご紹介してきましたがいかがでしたか?
中には渋滞などの交通情報をもとに渋滞を回避できる新サービスを搭載したものもいくつかありましたね。
ETC2.0が普及し始めていますが、従来品が5000円台まで価格が落ち着いていることから、まだまだ主流となっています。

ETC2.0は将来的には有料駐車場やドライブスルーでの料金支払いなど、様々な使い道があるので、先を見据えて今の内に導入しておくか、価格の安い従来モデルにするかが悩みどころですね。

休みの日はよく高速道路を使ってドライブするという方にはETC2.0はおすすめですが、そういった機会が少なく、料金所をスマートに通過できればいいという人は従来のETCでも満足できると思います。ご自分のカーライフに合わせて最適なモデルを選んでみてください。

ただ、やはりETCを搭載すると、有料道路の料金所でいちいち財布を出す手間が省けますし、ETCを対象とした割引サービスもあります。中にはETCがあるのとないのでは通行料金が倍以上違う道路なんかもあったりします。
快適なドライブのお供と考えれば、高い買い物ではないのではないでしょうか?

ETCカードを作るのにおすすめのクレジットカード

最短即日発行可能なクレジットカード&ETCカード

急な旅行でETCカードがすぐに必要な場合や、ETCカードを作るのを忘れていてなるべく早くカードを作りたい場合は、最短即日発行可能なセゾンアメックスカードがおすすめです。

カードを申し込んで、審査回答が届き次第セゾンカウンターでカードを受け取れば、申し込んだその日のうちにクレジットカードを受け取れ、セゾンカウンターで引き続きETCカードを作りたい旨を説明すると、その場でETCカードも発行してもらえます。
※クレカ申し込み時にETCカードを申し込むと、郵送で送られてくるので、必ずセゾンカウンターでETCカードを申し込むようにしてください。

発行会社クレディセゾンポイント還元率0.5%(海外1.0%)
年会費初年度無料(次年度以降は1,000円+税)
年に1度でも利用すれば年会費無料
付帯保険なし
ETCカード年会費無料ETCカード発行手数料無料

セゾンパールアメックスは、年に1回でもカードを利用すれば年会費無料になるので、ETC利用する人であれば必然的に年会費無料になります。その他の特徴としては、海外でのクレジットカード利用でポイント還元率が2倍になります。

また、国際ブランドがAmericanExpressのため、コストコでのクレジットカード払いにも対応しています。

アメックスブランドと聞くと審査難易度が厳しいんじゃないか?と心配になるかも知れませんが、カード審査を行うのはセゾンカードを発行している「クレディセゾン」なので、審査の厳しさは一般的なセゾンカードと変わりません。

発行会社クレディセゾンポイント還元率0.5%(海外1.0%)
年会費初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費無料ETCカード発行手数料無料

セゾンパールアメックスとセゾンブルーアメックスを比較すると、ブルーのほうは年会費が少し高いかわりに、海外旅行傷害保険など、海外でのサービスが充実しています。

■セゾンパールアメックスとセゾンブルーアメックスの比較

 セゾンパールアメックスセゾンブルーアメックス
年会費初年度無料
2年目以降1,000円(税抜) 年に1回利用で無料
初年度無料
2年目以降3,000円(税抜)
26歳まで無料
ETCカード年会費無料無料
ポイント還元率0.5%0.5%
海外旅行傷害保険なし死亡・後遺障害:自動付帯3,000万円
傷害治療:自動付帯300万円
疾病治療:自動付帯300万円
携行品損害:自動付帯30万円(免責3,000円)
賠償責任:自動付帯3,000万円
救援者費用:自動付帯200万円
国内旅行傷害保険なし死亡・後遺障害:3,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円
ショッピング保険なし100万円
セゾン手荷物無料宅配サービスなし
アメリカン・エキスプレス・セレクト
トラベル・サービスオフィス
海外アシスタンスサービス
tabiデスク
海外お土産宅配サービス

「オリコカード」はETCカードが無料で作れてポイントがどんどん貯まる

発行会社オリエントコーポレーションポイント還元率1.0%~17.5%
年会費永年無料付帯保険なし
ETCカード年会費永年無料ETCカード発行手数料無料

オリエントコーポレーション(オリコ)が発行する、「オリコカードザポイント」は、クレジットカードの年会費無料、ETCカードの発行手数料、年会費無料で持てる完全無料カードです。
その上、一般的なクレカの2倍である1%分(入会から半年はさらに2倍の2%)のペースでポイントが貯まるお得なカードです。

「オリコカードザポイント」はクレジットカード比較サイトでのETCカードでおすすめカードランキングでいつも1位になっているカードなので、ETCカードの年会費がかかる楽天カードや、クレジットカード自体に年会費がかかる三井住友VISAカードと比較する必要もないと思います。

ETC車載機に関するおすすめ記事

高速道路に関するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す