MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 2022年の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車はどれに?読者の予想は「6気筒エンジン」
ニュース

更新

2022年の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車はどれに?読者の予想は「6気筒エンジン」

6気筒エンジン搭載の2車種がワンツーフィニッシュ!

【10ベストカー発表!】2022年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝く車を予想してください【国産車】 / CarQ 2022年11月22日時点の投票結果
【10ベストカー発表!】2022年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝く車を予想してください【輸入車】 / CarQ 2022年11月22日時点の投票結果

CarQで事前におこなっていた、今年のノミネート全車を対象に「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車を予想するアンケートでは、マツダの『CX-60 e-SKYACTIV D』と日産の『フェアレディZ』が接戦を繰り広げ、僅差でCX-60 e-SKYACTIV Dが1位となりました。

いずれも3リッタークラスの6気筒エンジンを搭載するモデルで、近年の車の中では比較的大型のエンジンを採用。カーボンニュートラル実現に向け電気自動車の推進が進む中で、内燃機関の最後の意地とも言えるような2モデルが、「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」にふさわしいモデルだと予想する読者の方々が多かったようです。

また、このほか日産 エクストレイルが3位、日産 サクラ/三菱 eKクロス EVが4位、ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプRが5位にランクイン。大きな話題を集めたトヨタ クラウンはTOP5から漏れ6位と、意外と思われる結果になったのかもしれません。

1.8L、2.2Lディーゼルより燃費がいい3.3Lディーゼル?!

12月8日に「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車発表

2022年は各メーカーの人気モデルや話題の新型車が続々とデビューしました。

読者の方々からの投票により「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞する車として予想された1位のCX-60 e-SKYACTIV Dですが、その得票率は約17%。6位のトヨタ クラウンでは約13%と、上位6台までの得票率は約4%しか差がありません。

そのため、どのモデルが「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しても不思議ではないでしょう。

アンケートの予想通りCX-60 e-SKYACTIV Dが受賞するのか、それとも惜しくも2位になったフェアレディZが巻き返すのか、2022年12月8日にいよいよ発表される「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に注目です。

“3.3リッター直列6気筒ターボ”…ガソリンエンジンにも

歴代フェアレディZの人気投票を実施!第1位はやっぱり「原点にして頂点」?

新型クラウン最上位グレード「RS “Advanced”」に最速試乗

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード