MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 最新技術 > スイスのEV郵便配達車が日本上陸!?キーバス セカンドライフ DXS試乗レポ&社長直撃インタビュー
最新技術

更新

スイスのEV郵便配達車が日本上陸!?キーバス セカンドライフ DXS試乗レポ&社長直撃インタビュー

スイスのEVメーカー「KYBURZ(キーバス)」が日本上陸。やってきたのは三輪EV。ヨーロッパやオセアニアでは郵便配達車として活躍するモデルです。日本国内導入されたのは、なんと新車ではなくリニューアル車。その背景に迫る試乗会レポートをお届けします。

モデル名は「セカンドライフ DXS」

キーバス製EVを国内導入したのは、正規代理店の株式会社イベンタス。製品説明はイベンタス社COOの有馬氏(動画 1:02 〜)、CEO上田氏へ、なぜキーバス製三輪EVを日本導入したのか、今後の展開などをインタビュー(動画 13:56 〜) しています。上田氏は元日本郵便副社長で、国内外の郵便事情に精通。今後のラストワンマイル物流をはじめとするEVシフトの推進、SDGsの達成へ貢献されることを期待。

キーバス セカンドライフ DXS

日本国内導入された三輪EVは、「2nd Life(セカンドライフ) DXS」というモデル名。“セカンドライフ”の名称は、リニューアル車であることを示しています。

DXSは、10年以上前から、スイスの郵便配達車として採用され、その後、順次ヨーロッパ、オセアニアなどの世界各国の都市の郵便配達車に採用されました。「セカンドライフ DXS」は、郵便配達車としての任務を終えた車両を、キーバス車が念入りにチェックし、必要箇所には新たな部品と交換したリニューアル車にしたものです。

ちなみに、スイスでは75歳で免許返納が義務付けられていますが、返納後は「L2e」と呼ばれるカテゴリーの車両が、医師の診断により、最高速度を限定して運転できるようになるとのことです。なお「セカンドライフ DXS」はL2eカテゴリーに属していますが誰でも購入でき、高齢者向けのモデルに「DX2」という別モデルが設定されているとのことです。

実際に走ってみた

試乗してみると、想像以上の加速にびっくり。郵便配達車のため、荷物を積むことを前提としたパワーユニットを搭載、試乗時は空荷ですので、さらに加速力が強く感じます。(詳しくは試乗インプレッション動画 10:55 〜)

試乗車の最高速度は45km/hに設定されています。これはEUの規定で、三輪車の最高速度が45km/hに設定されていることから。セカンドライフ DXSでは、10・20・30・45km/hの4段階のうちのいずれかを注文時に設定し納車、販売店以外では変更ができないようになっています。日本の道路で走るなら、ほとんどのユーザーが45km/hの設定にすることでしょう。

キーバス セカンドライフ DXS 充電ユニット
家庭用100Vで充電可能。充電時間は約8時間、航続距離は70〜115kmのスペック。車載充電器は230V対応のため後部に格納される昇圧トランスで日本の家庭用100Vに対応させる

運転免許、車両区分はどれに?維持費は250ccバイク並み

キーバス「セカンドライフ DXS」を運転するには、普通自動車運転免許が必要となります。AT限定免許でOKです。

また、日本の法規制では「側車付軽二輪車」に属します。これは、250ccの二輪車と同じような区分で、車検が不要。自動車税が3,600円/年、自動車重量税は初回登録時の1回のみ4,900円、自賠責保険料が7,650円/年となり、維持費も250cc並みです。

軽ナンバーのトレーラーをけん引可能。総最大積載量は軽貨物車を超える

キーバス セカンドライフ DXS 後部
車体後部にヒッチメンバーを備えている

「側車付軽二輪車」は、けん引が可能。軽自動車のナンバーが付く最大積載量350kg規格のトレーラーをけん引することができます。セカンドライフ DXSの最大積載量は前部に30kg、後部に90kgの合計120kgで、軽ナンバーのトレーラーをけん引したときの総最大積載量は470kgに。軽トラックや軽キャブバンの最大積載量350kgをしのぎます。また、その重量でも余裕で走行できるとのこと(試乗時は空荷のみでした)。

「セカンドライフ DXS」の可能性

キーバス本社前 セカンドライフ DXS

試乗会を終えて感じた「セカンドライフ DXS」の可能性は、ラストワンマイル物流のスムーズなEVシフトを加速してくれることでしょう。キーバスCEOの上田氏が語っていた、SDGs達成のためのツールとなるには間違いない。

最近のニュースで、佐川急便が中国製小型EVの導入を発表していました。日本のEVは海外勢に押されっぱなしの感が否めません。国産メーカーも奮闘してもらいたいですね。

『キーバス セカンドライフ DXS』の車両価格は、94万6,000円から。

関連ページ:KYBURZ(キーバス)日本公式HP

普通免許で乗れるEVバイクについてはこちら!

執筆者プロフィール
宇野智
宇野 智
モーター・エヴァンジェリスト/ライター/フォトグラファー/ビデオグラファー/エディター エヴァンジェリストとは「伝道者」のこと。クルマ好きでない人にもクルマ楽しさを伝えたい、がコンセプト。元MOBY編...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード