MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 仲間由紀恵さんの愛車がすごい!美人女優が意外な車に?【芸能人の愛車】
エンタメ総合

更新

仲間由紀恵さんの愛車がすごい!美人女優が意外な車に?【芸能人の愛車】

仲間由紀恵さんの愛車って?

仲間由紀恵さんの愛車はキャデラックのエスカレード!

キャデラックエスカレード

キャデラック・エスカレードはアメリカのゼネラルモーターズが展開する高級車部門のキャデラックブランドより販売されている大型高級SUVです。

一世紀以上も高級車の歴史を築いてきたキャデラック。そのキャデラックの頂点が、成功のシンボルとして数々のセレブに愛されてきたエスカレードです。

もっと詳しく知りたい!キャデラック・エスカレードのスペックは?

キャデラック・エスカレード 4代目 2015-
Clément Bucco-Lechat CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://commons.wikimedia.org/

全長5195mm、全幅2065mm、全高1910mm、車両重量2650kgという堂々としたサイズです。エンジンは6.2L 気筒休止機構付直噴V8エンジンを搭載しています。最高出力は426PS、最大トルクは63.5kgmで、従来モデルよりパワーは約5%、トルクは10%も向上しています。

燃費は高速燃費で約8.8km/Lで、2014モデルから10%以上向上しているようです。

極めて高度な安全性能

ドライバーの安全なドライブをアシストしてくれる先進技術が満載です!

エマージェンシーブレーキシステム、 レーンディパーチャーウォーニングや、アダプティブクルーズコントロールも搭載しているため、高速道路でのドライブも安心。また、オートマチックセーフティベルトタイトニング、フロント&リアパーキングアシストも付いています。

また、車両各部にフォワードコリジョンアラートやレーンチェンジアラート/サイドブラインドゾーンアラート、 セーフティアラートドライバーシート、リアクロストラフィックアラー用に多くのレーダーやカメラ、超音波センサーを搭載しており、運転状況を監視し、注意を促す機能が満載。

これで死角も安心!のサラウンドビジョンも搭載していますので、バックでの駐車もバッチリです。バックで後退している際に、ディスプレイにて上から見下ろしたような映像が写ります。これにより車の周囲360°を確認でき、安全な操作が可能です。

内装は重厚で高級感に溢れています!

インテリアは高級感を出すため、一つの素材を裁断・縫製する「カット&ソー」製法で仕上がっています。ムーランレザーを贅沢に使用したステアリングホイール、フルレザーシートには最上級セミアニリンのナパレザーを使用。

流石はアメリカ大統領の専用車を作っている事でも有名な老舗ブランドだけあります。

フロントシートとセカンドシートにはシートヒーターも標準装備していて、寒い季節でも快適にドライブを楽しめます。

その価格はなんと!

キャデラック・エスカレード ESV 4代目 2015-
Bull-Doser パブリック・ドメイン
出典 : https://commons.wikimedia.org/

車両本体価格【税込み】¥11,490,000~¥12,490,000!流石は高級車といった価格です!

最新「キャデラックエスカレード」中古車情報
本日の在庫数 221台
平均価格 460万円
本体価格 49~3,000万円
キャデラックエスカレードの中古車一覧へ

実際の試乗動画!

静かでなめらかな走行、堂々とした走りっぷりです!安定感があり加速もパワフルですが、焦って急ぐよりも極上の乗り心地を楽しみながら、ゆったりとクルージングするのが似合います。

見た目は厳つくて意外?!でも走行は繊細な愛車

ZERO DESIGN 4代目 キャデラック・エスカレード 2015年
Loadbeta CC0 / CC0 1.0
出典 : https://commons.wikimedia.org/

今日は美人女優仲間由紀恵さんの愛車をご紹介させて頂きました。

その巨体と厳つい外観で知った時は意外に思われたかもしれませんが、その静かで繊細な走りは仲間由紀恵さんのイメージに似合っているかもしれません!寧ろ外観も併せて、流石の大物女優の愛車といったところでしょう。

またこの車はアメリカでは成功の象徴として愛好家が多いそうですが、それも頷けます!

前田敦子の愛車って?元AKB48あっちゃんのイメージ通り?【芸能人の愛車】

マツコデラックスの愛車って?意外と小さい?【芸能人の愛車】

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード