MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

エンタメ総合

更新

Gackt愛車まとめ!車もバイクも超かっこいいガクトさん【芸能人の愛車】

ここからはガクトさんの歴代の愛車をご紹介!

現在のGACKTさんの愛車はランボルギーニでしたが、それ以前はどんな愛車を乗り回していたのでしょう。

ここではその一部を紹介していきたいと思います。

BMW・Z4

BMW・Z4

ドイツの自動車メーカーBMWのスポーツカーです。日本での販売価格はおよそ443万円~ 837万円です。

最新「Z4カブリオレ」中古車情報
本日の在庫数 305台
平均価格 256万円
支払総額 39~788万円

フォード・マスタング

アメリカの自動車メーカー、フォードモーターが販売する乗用車です。日本ではムスタングとも表記されました。日本での販売価格は200万円代前半~430万円です。

最新「マスタング」中古車情報
本日の在庫数 212台
平均価格 462万円
支払総額 78~2,900万円

ポンティアック・ファイヤーバード トランザム

©Sergey Kohl/stock.adobe.com

アメリカのゼネラルモーターズが製造していたポニーカーです。ポニーカーとは日本でいうところのスペシャルティカーにあたります。スペシャルティカーとは、大衆車のコンポーネンツとフレームをベースに、スポーツカー風のボディを組み合わせたもので、比較的低下価格で、スポーツカーやの雰囲気を味わえるのが特徴です。

この車は、DATVのチャリティー企画「ほほえみプロジェクト」の一環として、チャリティーオークションに出品されました。

ランボルギーニ・ムルシエラゴ

©Wolfgang/stock.adobe.com

ランボルギーニが2001年から2010年にかけて製造したスーパーカーでランボルギーニアヴェンダドールの前身になります。「ムルシエラゴ」はスペイン語で「コウモリ」という意味です。

最新「ムルシエラゴ」中古車情報
本日の在庫数 10台
平均価格 3,243万円
支払総額 2,160~3,950万円

ベントレー・フライング スパー

ベントレー・フライング・スパー

ベントレー・フライング・スパーはイギリスの高級車ブランドベントレーによって製造・販売されている高級セダンです。

GACKTさんのベントレー・フライング・スパーは2019年6月11日に発表された2代目モデル。日本での販売価格は2667万4000円でした。

最新「フライングスパー」中古車情報
本日の在庫数 54台
平均価格 1,585万円
支払総額 342~3,360万円

ジャガー・XJ

ジャガー XJ

ジャガー XJは、イギリスの自動車メーカー、ジャガーのフラッグシップセダンです。

GACKTさんのXJは、XJのハイパフォーマンスモデル「XJR」で、赤いレザーシートやカーボンパーツなどでかなりスポーティなインテリアとなっています。

最新「XJ」中古車情報
本日の在庫数 181台
平均価格 199万円
支払総額 58~990万円

キャデラック・エスカレード

キャデラック・エスカレード

キャデラック エスカレードは、アメリカのGMが開発・製造し、キャデラックブランドで販売している大型SUVです。

GACKTさんは4代目モデルのESVを所有していて、YouTubeではコーティング施行の様子も公開されています。コーティングの請求書に記載されていた金額はなんと990,000円。さすがのGACKTさんも「たけぇわ!」と憤慨していました。

最新「キャデラックエスカレード」中古車情報
本日の在庫数 217台
平均価格 569万円
支払総額 65~3,333万円

バイクも大好き!ガクトさんのバイクの愛車はZR-250

車に対して熱意があるGACKTさんは、バイクも好きなんです。勝手なイメージですが、ライダースジャケットに黒のフルフェイスジャケットにバイク姿。GACKTさんは誰よりも似合いそうです!

ZR-250への思い入れ

かなりの昔の話ですが、とあるラジオ番組で愛車であったZR-250の思い出について語っていました。

GACKTさんが語る「美の定義」。美しさにも様々ある中で、ただ美しいものを見て良いと感じる時もあるが、モノが壊れる時に感じる儚い美しさもあると言います。

昔、改造に改造を重ね、愛車にしていたZR-250。そんな愛車で、ある日山をせめていた時、事故を起こしてしまったそうです。GACKTさん自身は事故の瞬間にバイクから手を離していたため大事には至らなかったのですが、目の前で大破した愛車を見た時、もう2度と取り返しのつかないという悲しさと儚さの中に美しさを感じたと語ります。その後はもうバイクには乗らなくなったそうです。

賛否両論ありそうな話ですが、GACKTさんにとってZR-250はいろんな意味で一番思い入れのあるバイクのようです。

ガクトさんの愛車たち

ランボルギーニ・アヴェンタドール LP720-4 50th アニバーサリオ

GACKTさんの愛車はやっぱり、お値段も見た目もかっこよかったです。その分一台一台に対する思い入れも強いようで、GACKTさんの車への愛が感じられるような気がします。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード