MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ツインカムエンジンとは?DOHCのメリットや仕組み・シングルカムとの違いを解説!
役立つ情報

更新

ツインカムエンジンとは?DOHCのメリットや仕組み・シングルカムとの違いを解説!

ツインカムエンジンとは?

ホンダ S660 DOHCエンジン 2015年型
ホンダ S660 DOHCエンジン 2015年型

ツインカムエンジンとは、カムシャフト(後述)が2つあるエンジンのことです。ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト(DOHC)とも呼ばれ、消費者向けにわかりやすく表現するため、「ツインカム」の名称が用いられています。

カムシャフトが1つのものはシングルカムエンジンと呼ばれ、シングル・オーバーヘッド・カムシャフト(SOHC)と呼ばれます。

吸気バルブの数を増やすことで吸気効率を上げることを実現させた画期的なエンジン構造です。

カムシャフトとは?

カムシャフト
©dreamnikon/stock.adobe.com

エンジンを構成する部品の1つで、バルブの開閉を行う各気筒のカムをまとめて1本に備えているシャフト(軸)のことです。

断面は卵型になっており、このカムが複数に連なっています。これにより外周までの距離と回転の中心が一定ではなくなります。カムシャフトにはクランクシャフトからのタイミングベルト等により回転が伝えられます。

ツインカムエンジンの仕組み

ホンダ CBR250RR DOHC4バルブ イメージ
ホンダ CBR250RR DOHC4バルブ イメージ

DOHC は、エンジンが作動しているときにカムシャフトとバルブのタイムラグ(時間差)を少なくすることができます。これは、吸気側のバルブと排気側のバルブがそれぞれ1本ずつ、合計で2本のカムシャフトを持つためです。

2本のカムシャフトを持つことから、「ツインカム」と呼ばれているのです。

ツインカムエンジンの構造

シングルカムシャフトの場合、1本のカムシャフトを使うので吸気と排気を1本で賄っていました。しかし、これではバルブシステム全体で慣性質量が大きく、高回転時にバルブの追従性が悪くなる問題が生じます。

この問題を解決したのがツインカムエンジンなのです。吸気側と排気側とでそれぞれ独立したカムシャフトを用いることで吸気効率を上げ、同じ排気量でもパワーを大きくすることを可能にしたのです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード