MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 高速道路での合流の「コツ」とは?合流地点での事故は他人事じゃない!
役立つ情報

更新

高速道路での合流の「コツ」とは?合流地点での事故は他人事じゃない!

高速道路の合流地点は怖い?

高速道路
©Denis Rozhnovsky/stock.adobe.com

高速道路の合流地点は、運転の初心者の方だけでなく、一般道路の運転にはある程度慣れてきたというドライバーの方にとっても苦手なものではないでしょうか。

高速道路の合流が怖いというのは、頻繁に耳にする声かと思います。高速道路の合流地点での合流には、早く走っている車の波に乗るために自分の車も同じくらいのスピードで走ることが必要になります。

合流レーンをずっと走るのは危険!

合流レーンをゆっくり走るのはおすすめしません。いつまでも本線に入れず、合流レーンがなくなるところで停車してしまうことになり、かえって危険です。合流したときに後続車に追突されてしまう可能性も増すのです。

今回は、多くの人が苦手とする高速道路の合流地点での合流のコツをご紹介します。

充分な加速が大切

高速道路 合流
©BSDC/stock.adobe.com

インターチェンジやサービスエリアから高速道路にスムーズに乗るには、加速車線で十分に加速して合流することが大切です。

走行車線を走る車との距離があることを確認して車線変更して合流することです。

また、本線を走っている車をしっかりと目視で確認して、その車の後ろについていくことをイメージをすると良いかもしれません。

あらかじめ、あの車の後ろに入ると決めておくこともポイントになります。

動画で解説:高速道路での合流のコツ

どのようにして、安全に本線に合流すれば良いのか、そのポイントをしっかりとおさえています。

そんな合流する際のコツを動画では分かりやすく紹介しています。合流が苦手な人は、動画を見て勉強しておくと実際の合流の時にスムーズに運転できると思います。

ポイントのおさらい

ポイント
©hikari_stock/stock.adobe.com

高速道路に乗るための最初の難関が、本線への合流の「コツ」をまとめると以下のようになります。

  • 合流レーンに入ったら、加速を始める
  • 同時に、ミラーと目視で、本線を走るやや後方のクルマの流れを確認する
  • 「あのクルマの後ろに入ろう」と、入る場所を決める
  • 入る場所が決まったら、そこに合わせて加速する

※「いつか入れるだろう」と、合流レーンをゆっくり走るのはおすすめしません。いつまでも本線に入れず、合流レーンがなくなるところで停車してしまうことになり、かえって危険です。

合流地点での合流も「コツ」に気をつければ怖くない!

ハンドル 握る 安全運転
©beeboys/stock.adobe.com

高速道路での運転は、運転に慣れていない人にとってハードルが高く感じるもの。

高速道路は一般道よりも速度を出して走行しているため、事故が発生した場合には死亡事故につながるような危険性もあります。高速道路での事故の中でも、今回触れた合流地点での事故の割合は低くありません。

追突事故・もらい事故の加害者・被害者になったらどうする?|示談金や慰謝料の相場、過失割合など

大型道路での練習もおすすめ

すでに合流地点での合流には慣れているという方でも、自分は大丈夫だと過信せず、一度自分の運転を振り返ってみても良いかもしれません。

どうしても合流が不安という方は、大型の道路などで練習してみるのもおすすめです。

高速道路の逆走はなぜ起こる?その納得の原因とは?

正確な運転は足元から!ドライビングシューズと普通の靴は何が違う?

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部