MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 車の空走距離・制動距離・停止距離とは?意味の違い、計算方法を図解で紹介!
役立つ情報

更新

車の空走距離・制動距離・停止距離とは?意味の違い、計算方法を図解で紹介!

車の「空走距離」「制動距離」「停止距離」の違いを再確認。なめたらいけないのは空走距離!

【図解】車の空走距離・制動距離・停止距離とは?

まずは、語句の意味を表にまとめます。

空走距離ドライバーが「ブレーキを踏む」と意思決定(無意識の条件反射を含む)してから、ブレーキペダルを踏みはじめ、実際に効き始めるまでに車が空走する距離。
制動距離ブレーキが効き始めてから車が停止するまでの距離。
停止距離ドライバーが「ブレーキを踏む」と意思決定(無意識の条件反射を含む)してから、車が完全に停止するまで。

図解と合わせて語句の意味をご覧いただくと、その違いもおわかりいただけると思います。

【図解】車の空走距離・制動距離・停止距離とは?
※上記の停止距離は、乾燥路での場合の目安。濡れた路面などではもっと伸びる。

それでは、それぞれの語句について掘り下げていきましょう。

空走距離は個人差に大きく依存する

空走距離は次の3つの時間的要素で構成されます。

  1. 【反射時間】ドライバーが「ブレーキを踏む」と意思決定(無意識の条件反射を含む) し、ブレーキペダルを踏む足の筋肉を動かし、
  2. 【踏み替え時間】アクセルペダルからブレーキペダルに踏み替える時間
  3. 【踏み込み時間】ブレーキペダルが踏まれてから、その踏力をブレーキまでに伝えて、ブレーキキャリパーなどの制動装置を作動させるまでの時間。

1については、ドライバーの年齢、運動神経、反射神経など、フィジカルな部分で時間が短くなったり長くなったりします。同じドライバーでも疲労の度合い、健康状態によっても変化します。

3については、車の設計や経年劣化、走行距離などのコンディションによる時間ですが、2より1の要素の方が占める割合が多くなります。つまり、個人差が大きく影響することになります。

空走時間は?

あくまで平均値となりますが、

約0.75秒

とされています。この秒数の間に時速60kmではおよそ22mも進みます。

制動距離は路面状況、タイヤの性能によって変わる

車が止まるには、タイヤと路面との間で生じる摩擦力が必要です。当たり前ですが、濡れた路面、凍った路面(アイスバーンなど)は滑りやすいため、止まりにくくなります。

この摩擦力は、タイヤの性能によっても変化します。摩擦力が高いタイヤ、すなわちグリップ力が高いタイヤは、制動距離を短くすることができます。(その反面、タイヤの寿命が短い、乗り心地が悪い、騒音が大きいなどのデメリットも多い)さらに、タイヤの摩耗状態も影響を与えます。

あわせて読みたい

車の「停止距離」計算方法と速度別一覧表

車の停止距離は、次の公式で計算すると求めることができます。

【車の速度(時速〇km)の2乗】÷【254×摩擦係数】

なぜ「254」なのかの解説すると、論文ほどの文章が必要となるようなので割愛します。高度な算式へ経て、254という係数にたどり着いたそうです。

摩擦係数とは?

摩擦係数とは、二つの物体の接触面に働く摩擦力と、接触面に垂直に作用する圧力(垂直抗力)との比のこと。なんのこっちゃわからないなら「モノとモノを擦り合わせたとき、めっちゃ擦りやすいモノが摩擦係数が低い、擦りやすいモノは摩擦係数が高い」とおぼえてください。

車を走行させるよくある場面での摩擦係数は以下の通り

  • 乾いたアスファルト:0.7
  • 濡れたアスファルト:0.45~0.6
  • 圧雪路:0.15
  • 凍結路:0.07

※乾いたアスファルトの10倍滑りやすいのが、凍結路という単純計算ではありません。実際のすべりやすさ度はもっと開きます。

バナナの皮
滑りやすいモノは摩擦係数が低い
©david_franklin/stock.adobe.com

【速度別停止距離一覧表】実はこんなに空走していた

乾燥路(アスファルト)

時速
(km)
空走距離
(m)
制動距離
(m)
停止距離
(m)
20628
4011920
60172037
80223658
100285684
1203381114

濡れた路面(アスファルト)

時速
(km)
空走距離
(m)
制動距離
(m)
停止距離
(m)
20639
40111324
60172845
80225072
1002879107
12033113146

思っていた以上に、空走距離が長いと感じませんか??

安全な車間距離とは?簡単に覚える方法

追突事故
こんなことにならないように…
©S_E/stock.adobe.com

安全な車間距離は、時速マイナス15mなどと言われていますが、わかりやすく「走行中の速度」と同じm数の車間距離を開けておくと安全です。

また、「2秒」の車間距離も安全とされています。前方を走る車が通過したポイントまで、最低2秒以上かかる車間距離を空けるという方法もあります。

さらに、車線や電信柱の間の距離も、車間距離を測る目安として活用できます。

高速道路の破線:20m(8mの実線と12mの空白)
一般道路の破線:10m (5mの実線と5mの空白)電信柱の間隔:約30m(場所のより違いあり)

それでは、安全運転で楽しいカーライフを!

安全運転に関する記事

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード