MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ドライブにはエナドリ!いちごの新作フレーバー『レッドブル レッドエディション』
役立つ情報

更新

ドライブにはエナドリ!いちごの新作フレーバー『レッドブル レッドエディション』

レッドブルに新フレーバー登場

スポーツ、仕事、勉強、そしてドライブにピッタリな飲み物として人気のエナジードリンク。その代名詞としてモンスターエナジーに並び多くのファンを持つブランドといえばレッドブルです。

昨年2021年秋に登場した限定フレーバーのレッドエディションは、すいか味のアメやガムを思わせる独特の甘さをもったフレーバーで、ケミカルっぽさもしっかりとあるエナジードリンクらしい味わいとなっていました。

そんなレッドブルから新たなレッドエディションが2022年9月27日より登場。昨年と同じく、鮮烈な赤色に包まれた新フレーバー「レッドブル レッドエディション」をチェックしていきます。

新たな“レッドエディション”、その名も『グルービーフィズ』

昨年2021年秋のレッドブル レッドエディションは『ワイルドパッション』の名称で、すいかフレーバーを楽しめましたが、2022年秋のレッドブル レッドエディションは『グルービーフィズ』となっています。

「イケてんね!」な意味を持つ“Groovy”に、炭酸飲料を表す“Fizz”を組み合わせ、具体性はないもののどうやら「イケてる炭酸飲料」だというレッドブル レッドエディション。

裏面を読むと、ストロベリー&アプリコットフレーバーと書かれています。いちごとあんずのようなフレーバーとなっているようです。

いちごを搾ったような甘酸っぱさ感じられるフレーバーに

開封してみるといちごらしい甘酸っぱい香りをしっかりと感じられます。あんずらしい、ほんのりとした優しい甘い香りもあるようです。

昨年のレッドエディションも香り自体はいちごのような香りで実際はすいか味だったのですが、今回のレッドエディションは間違いなくいちご味であろうと予想できるほど、いちごのキャラクターが強めに出ています。

ひとくち飲んでみると、エナジードリンクらしい味は感じられず、いちご味のソーダジュースを飲んでいるよう。

背面にはストロベリー&アプリコットフレーバーと書かれていましたが、あんずの味わいはほとんど感じられません。いちごのキャラクターが全面に出たフレーバーのようです。

いちごならではの甘酸っぱさを楽しめますが、甘みと酸味のバランスでは酸味が若干強くなっています。甘みでは昨年のレッドエディションのほうが強いでしょう。

酸っぱすぎることはなく、甘すぎるということもないため飲みやすい印象を受けました。良い意味でも、悪い意味でも、レッドブルらしさはありません。

飲みやすいレッドブルが続々

2022年7月19日に発売されたライチ味同様、無果汁なが、いちごをそのまま搾ったかのような味わいはエナジードリンクらしさがなく、苦手な人でも飲みやすいフレーバーに仕上がっているのではないでしょう。

いちご風味のエナジードリンクでは、過去にZONeシリーズの『graffiti holic』もレビューをしていますが、それよりも味、香りともに控えめとなっています。

ベタつかない甘さで後味がすっきりとしており、とても飲みやすい印象があるレッドブル レッドエディションでした。とはいえ、エナジードリンクであるため一気に飲み干してしまわないよう気をつけたいところです。

レッドブル レッドエディションについて

【購入価格】206円
【内容量】250ml
【エネルギー】112.5kcal
【たんぱく質】0g
【脂質】0g
【炭水化物】26.75g
【食塩相当量】0.3g
【ナイアシン】7.5mg
【パントテン酸】5mg
【ビタミンB6】5mg
【ビタミンB12】5μg
【アルギニン】300mg
【カフェイン】80mg

【みんなの意見】投票受付中!

Q. 一番好きなエナジードリンクのブランドは?

仕事や勉強で気合を入れたり、気分転換したりする時に役立つエナジードリンク。あなたが一番好きなエナジードリンクのブラン...

  • RED BULL
  • MONSTER ENERGY
  • ZONe
  • KIIVA
  • RAIZIN
  • その他
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

レッドブルカーとは?

シュワシュワ感アップでより爽快に!

飲みやすい?普通すぎる?クセのないシンプルなライチ風味

そのほかのエナドリレビューはこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれ、東京都出身。エナジードリンクをよく飲む。バイクやレーシングカートを経て車好きに。あまり人気がない車ばかり乗ってきたため、部品の流用やDIYに詳しくなった。結婚を機に普通の車(マツダ ロ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード