MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > いきなり冬が来た!寒い車内をすぐに暖めるコツは「エアコンをつけない」ってホント?
役立つ情報

更新

いきなり冬が来た!寒い車内をすぐに暖めるコツは「エアコンをつけない」ってホント?

車の中が寒い!車内を早く暖めるには?

©petrushin1984/stock.adobe.com

気温が10度を下回るような厳しい寒い時期のドライブ、寒さで足が震えてしまったり手がかじかんでしまったりしてしまうと車の運転にも支障が出てしまいます。

乗り込んですぐに暖房をつけて早く車の中を暖めたくなりますが、しっかりと暖かくなるまでは意外と時間がかかってしまうものです。

実は、「1秒でも早く暖房を効かせたい!」と思ってエンジンをかけてすぐに暖房をつけると、かえって暖かくなるまでに時間がかかってしまうというのをご存知でしょうか?

エンジン始動直後は車の暖房が利かないのはなぜ?

車に搭載されている暖房はエンジンから発生した熱を利用しています。さらに詳しく言えば、エンジン内からラジエーターへ送られる熱くなった冷却水の熱が、暖房の暖かい空気の元です。

エンジンが冷えている始動直後などに暖房をつけても冷たい空気しか出てこないのは、冷却水が十分に温まっていないことが原因となります。

車の暖房をしっかりと機能させるには、エンジンが温まっていることが重要なのです。

空ぶかしで温めるのはエンジンの寿命を縮める

©Paylessimages/stock.adobe.com

早くエンジンを温めようと空ぶかしをすると、かえって車の寿命を縮めるおそれがあります。

エンジンの内部にはエンジンオイルが入っていますが、始動直後は十分にエンジンオイルが温まっておらず、潤滑などの効果を適正に発揮できません。そのため、エンジンにダメージを与えてエンジンの寿命を縮めることにつながります。

また、空ぶかしは騒音の原因にもなります。暖かい空気と一緒に冷たい視線も浴びてしまうので、空ぶかしはやめましょう。

エンジンのオーバークールって知ってる?冬場の燃費が30%以上悪化する原因とは

暖房を早く効かせるコツは「すぐに暖房をつけない」

©veera/stock.adobe.com

暖房のスイッチを入れるとブロアーが回り始めますが、このブロアーが車内の冷たい空気を冷却水に当てて、当たった空気は暖かい空気として再び車内に送られるという仕組みになっています。

つまり、車の暖房は車内を暖めるだけでなく、冷却水の水温を下げる(=エンジンを冷やす)効果もあるのです。

そのため、まだエンジンが温まっていない状態で暖房をつけてしまうと、せっかく温められた冷却水が冷まされてしまいます。いつまでも冷たいままということはありませんが、エンジンを効率良く温めるのには逆効果。

冷却水が温まらなければ暖房をつけても暖かい空気は出ないということを覚えておきましょう。

暖房が効き始める目安となるのは水温計の針が動き始めたり50度を上回ったときや、青い水温警告灯が消えたあたり。それまでは暖房のスイッチをつけないことが、早く暖房を利かせるコツとなります。

エンジンが温まってなくてもすぐに利く!シートヒーター導入で快適な冬ドライブ

冬対策は早めが吉。雪や凍結など冬の道路は危険がいっぱい

冬の必需品といえばスタッドレスタイヤ!古くなったタイヤは早めに履き替えよう

その他の最新情報

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれのサウナー。90年代から00年代はじめの国産車が好きで、バブルの残り香がする車に目がない。運転はもちろん、メンテナンス、チューニング、カスタムなど車と関わることならなんでも好き。モーター...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード