MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > ドライビングポジション・シートやハンドルの正しい調整方法|マツダの女性開発者がベスポジ指南!
役立つ情報

更新

ドライビングポジション・シートやハンドルの正しい調整方法|マツダの女性開発者がベスポジ指南!

「ドライビングポジションは何がベスポジ?シートやハンドルってどう調整すれば良いの?」の疑問にお答えすべく、マツダはシート・乗員保護開発開発グループの女性開発者、芦原友惟奈さんにご指南いただきました!それでは、さっそく!

マツダCX-5に座るマツダ株式会社 車両開発本部 装備開発部 シート・乗員保護開発グループ 芦原友惟奈さん
マツダが推奨するシート調整方法を指南してくれたのは、マツダ株式会社 車両開発本部 装備開発部 シート・乗員保護開発グループ 芦原友惟奈さん。

1. シートの前後スライド量を調整

シート前後スライドの調整。あえてアクセルペダルに足が届かないようにした

運転席に座ったら、まずはあえてシートを後方へスライドさせ、アクセルペダルが踏めない位置まで下げます。

シートを前にずらし、自然に足がアクセルペダルを踏める場所へ

その後、アクセルペダルが自然に踏み込める位置までシートを前へスライドさせます。足を自然に伸ばした位置にアクセルペダルがあり、足首の曲げだけでアクセルペダルが奥まで踏める位置がベスポジ。アクセルペダルを奥まで踏むときに脚全体を突っ張るようにすると離れ過ぎです。近すぎると膝が詰まったような動きになります。どちらも素早く正確なペダル操作の妨げになり、安全運転ができなくなりますし、疲れやすくなります。

座面高さ調整機能があれば、ここで調整

シート座面高さの調整

車種によってはシートの座面高さ調整機能があれば、ここでセッティング。目線の高さを上げ下げするためというより、ペダルが自然に踏み込める高さかどうか、ペダル類が一番操作しやすい位置にすることがポイントです。

2. リクライニングを調整

シートリクライニングの調整。一旦、前のめりになる

シートの前後位置が決まったら、一旦あえてリクライニングを前に倒して、みぞおちの辺りが軽くウッとなるところまで移動させます。

シートリクライニングの調整。シートを後ろに倒して調整

その後、リクライニングを後ろに少しずつ倒していきボンネットが感覚的に10cm程度見えるところで止めます。後ろに倒し過ぎるとボンネットが全く見えなくなり車両感覚が掴み辛くなり、死角も増加し安全運転の妨げとなります。

ハンドルの床面からの高さを調整するチルト、前後方向に調整するテレスコピックが付いていない車のときは、ここで上の画像のように肘の間接が軽く自然に曲がった位置になっているかどうかを確認します。

3.ハンドル位置の調整

ハンドル高さを調整

チルトは、メーター類がステアリングで隠れて見えない位置はNG。メーターを見たとき、ステアリング上部が、メーターよりやや上ぐらいが目安。上に上げ過ぎると大きくハンドルを切るとき、腕を上の方に上げて回さないといけなくなり、ハンドル操作の遅れの危険性が出てしまいます。ハンドル高さの調整は二の腕の動きが最小限でハンドルを目一杯右から左へ、左から右へとスムースに切れるかどうかも確認してください。テレスコピックが付いている車は、肘が自然に曲がる位置に調整しましょう。ハンドル位置が遠すぎたり近すぎたりすると操作の遅れ、操作ミスにつながりやすく、運転疲れしやすい要因にもなります。

4. 最後にシートベルトを

ドライビングポジションをセッティング後、シートベルトを締めたところ
ちなみに、シートベルトを締めるときの、ベルトを引っ張る力の具合も開発のときに十分検証確認、調整されるとのこと。

シートとハンドルの位置が決まったら、シートベルトを締めて完了!正しいシートポジションは、安全運転、疲労軽減に貢献するだけでなく、運転する楽しさもアップします。それでは、安全運転でいってらっしゃ~い!

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

この記事に登場した芦原さんを取材!

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智