MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 運転免許 > 準中型免許で運転できる車種は?新制度ができる前に免許取得した人は?【運転免許Q&A】
運転免許

更新

準中型免許で運転できる車種は?新制度ができる前に免許取得した人は?【運転免許Q&A】

準中型免許とは?新制度を分かりやすく解説

トラックのイラスト
©IchisDesign/stock.adobe.com

準中型自動車免許は平成29年3月12日に新設されました。準中型自動車免許は18歳以上であれば取得でき、車両総重量7.5トン未満、積載量4.5トン未満、乗車定員10人以下のすべてを満たす車を運転できます。新設の背景は2つあります。1つは物流業界の人手不足の解消(中型免許は20歳以上かつ2年以上の免許保有実績が必要)です。もう1つは普通免許ドライバーの知識・技能不足による貨物車の事故が多く、事故抑止の観点からの要請です。

準中型免許で運転できる車種は?

準中型免許では、トラックを例に挙げると2トントラックや3トントラックの運転が可能です。いすゞエルフ、三菱ふそう キャンター、日産アトラスなどが挙げられます。ただし4トントラックには注意が必要です。最大積載量は4.5トン未満で条件をクリアしていても、多くの4トントラックの車両総重量は7.5トンをオーバーしています。4トントラックを運転する際は、準中型免許では運転できないケースがあることは覚えておきましょう。

免許区分一覧表

準中型運転免許が新設されたことにより、他の中型運転免許や大型運転免許取得者への影響はありませんが、普通免許で運転できる車種が変更されています。どのように変更がなされたのか免許区分一覧表で確認してみましょう。

旧運転免許区分(平成19年制度改正前まで)

平成19年の制度改正では中型免許が新しく導入されました。それまでは以下の表に示すような旧運転免許区分でした。現在の免許区分と見比べるとだいぶ区分が大まかです。普通免許と大型免許のみだったため、普通免許を取得するだけでかなり幅広い車種に乗ることができていました。どちらが良かったのかと言われると人それぞれでしょう。

免許区分車両総重量最大積載量乗車定員
普通免許8トン未満5トン未満10人以下
大型免許8トン以上5トン以上11人以上

平成29年改正時の免許区分

準中型免許が新設される前までは以下の表に示したような免許区分がされていました。中型免許が導入されたことで、普通免許で運転可能な車種が縮小しています。また、大型免許取得で運転できる車種の基準が大きくなりました。今まで普通免許の取得で乗れていた車種の一部が乗れないのは少し残念なことです。

免許区分車両総重量最大積載量乗車定員
普通免許5トン未満3トン未満10人以下
中型免許11トン未満6.5トン未満29人以下
大型免許11トン以上6.5トン以上30人以上

現在の運転免許区分

平成29年の改定後の免許区分では以下の表に示したように変更がされています。準中型運転免許が導入されたことで、普通免許で運転できる車種の規模が小さくなっています。これから運転免許を取る方は注意してください。一方で、この改正において大型免許、中型免許に関しては何も変更はされていませんので、普通免許取得者の方以外は特に免許区分の変更を気にすることはありません。

免許区分車両総重量最大積載量乗車定員
普通免許3.5トン未満2トン未満10人以下
準中型免許7.5トン未満4.5トン未満10人以下
中型免許11トン未満6.5トン未満29人以下
大型免許11トン以上6.5トン以上30人以上

現行の新制度運転免許区分ができる前に免許を取得した人の条件は?

新制度の実施前に運転免許を取得した人はどのように区分されるのでしょうか。取得時期によって扱いが異なりますので注意しましょう。

平成19年6月1日までに取得した人

平成19年6月1日までに普通免許を取得した方は、「8トン限定中型免許」の保有者です。準中型の新設の影響は受けず、これまでどおり車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車を運転できます。大型免許の取り扱いも変更はありません。

平成29年3月11日までに取得した人

平成29年3月11日までに普通免許を取得した人は、改正後は「5トン限定準中型免許」の保有者とみなされます。免許区分こそ変更されましたが、運転できる範囲に変更はありません。大型免許、中型免許についても改正前と同じ条件で運転できます。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ

関連キーワード