MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 覚えてますか?バッキバキ!に過激だった日産のシルエットフォーミュラたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

覚えてますか?バッキバキ!に過激だった日産のシルエットフォーミュラたち【推し車】

パイプフレームへ市販車風のボディをかぶせてもOK、ターボエンジンはマフラーから火を吹くなどカリカリチューン、あまりのカッコよさと速さに1970年代末から1980年代はじめにかけてのレース界を大いに盛り上がらせた「シルエットフォーミュラ」。

日本ではスーパーシルエットとも呼ばれたこのレース、往年の車好きならミニカーで、若い車好きならゲームへの登場で慣れ親しんだ人も多いと思いますが、中でももっとも多数の車種が参戦していたのが日産です。

そんな日産シルエットフォーミュラの中から、注目すべき3台を紹介します。

PA10バイオレット

1979年に富士GC(グランチャンピオンレース)のサポートレースとして始まった、「富士スーパーシルエット」初期の参戦車両。日本では地味な小型セダンだったとはいえ、国際的にはWRCでブルーバードやフェアレディZ後継として大活躍したスーパーラリーマシンでした。

ラリー同様にL型4気筒2リッターをDOHC16バルブ化したレーシングエンジンLZ20Bを搭載、さらにターボ化して570馬力ものハイパワーを叩き出します。

日本ではスポーツイメージが薄いような車でもシルエットフォーミュラ化すれば化ける!という構図はその後日産が得意として、910ブルバードやラングレー、マーチのシルエットフォーミュラマシンも存在します。

S110シルビア

日産シルエットフォーミュラ軍団を代表する車の1台で、星野一義率いるインパルなどが参戦。

中身はヴァイオレット同様にLZ20B搭載で、長いノーズにド派手なフロントスポイラーは空力のためでしたが、当時は現在と違い緻密なコンピューター解析で作られておらず、前後の重量や空力のバランスが悪いため直線では最速を誇るも、全く曲がらなかったと言われています。

シルビアはこのS110(3代目と、兄弟車の初代ガゼール)のほかにS12(4代目)が参戦、後継レースともいえるJSS(ジャパン・スーパー・セダン)レースにもS12シルビアの姿がありました。

最新「シルビア」中古車情報
本日の在庫数 309台
平均価格 252万円
本体価格 88~988万円

R30スカイラインRS

富士スーパーシルエットと言えばこの車を思い出す人がもっとも多いのでは?という代表中の代表。途中からワークス体制に入った日産が、R30(6代目)スカイラインRSのデビューに合わせ投入、同車が大人気となる原動力になり、観客には違法レプリカも多数いたほどです。

もちろん中身はお決まりのパイプフレームにR30スカイライン風カウル、エンジンはFJ20ではなくLZ20Bターボでしたが、現在のSUPER GTがそうであるように、「好きな車と形さえ似ていれば、中身は問わない」ものです。

ミニカーやプラモデルも人気でしたし、後年ゲームで使用可能になると、フルブースト時の直線番長ぶりに惚れ込んだ人も多いと思います。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1267台
平均価格 309万円
本体価格 11~3,980万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード