MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 【ホンダS07A型エンジン】ブーストアップはできる?ターボ・チューニングの要点
ホンダ

更新

【ホンダS07A型エンジン】ブーストアップはできる?ターボ・チューニングの要点

ホンダ S07A型エンジンとは?

ホンダ S660 2015年型 直列3気筒・DOHCターボエンジン

ホンダ S-07A型エンジンは、新世代の軽自動車用に開発されました。
2011年発売のN-BOXに初めて搭載され話題となりました。
ホンダとしては、1963年以来となるDOHCを採用した、3気筒12バルブエンジンです。

ホンダは従来の軽エンジン(E、P型)の高回転を捨て、よりロングストロークで、低中速トルクに優れた燃費のいいエンジンが必要でした。
そこで開発されたのが、100kmまでの常用域で使いやすいトルク型のS-07A型エンジンだったのです。

ホンダ S660とNシリーズに搭載されるS07A型エンジンの違い

ホンダ N-ONE G SSブラウン FF 2015年型

S07A型エンジンのスペックは、660ccのNAで最高出力:43kW(58PS)/7,300rpm、最大トルク:65N·m(6.6kgf·m)/4,700rpm、ターボで最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルク:104N·m(10.6kgf·m)/2,600rpmとなっています。

搭載車種はホンダのN-BOX、N-WGN、N-ONEです。Nシリーズには、CVTしか設定されていません。
2015年より発売されたS660にもS07A(ターボ)が搭載されています。S660にはトランスミッションに6MTとCVTがあり、マニュアルのみ、700回転プラスの7,700rqmとなっています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事