初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

字光式ナンバーとは?文字色の種類からプレートの取り付け方法や費用まで

夜道を走っていると見かけることがある、光るナンバープレート。字光式ナンバーはなぜ存在しているのか、説明できる人は多くありません。車の身分証明書ともいえるナンバープレートに存在する、字光式ナンバーの費用や種類、取付方法について解説します。

字光式ナンバーとは?

字光式ナンバーは車のナンバープレートの一種です。車のヘッドライトと連動していて、ライトを点灯するとナンバープレートの文字が発光します。

1970年に初めて北海道で普通車の字光式ナンバーが導入され、その後、日本のすべての地域で字光式ナンバーを取得することができるようになりました。

2002年には軽自動車ユーザーからの希望で、軽自動車での字光式ナンバーを導入。普通車と軽自動車、色違いで字光式ナンバーが存在します。

一部の高級車や輸入車では、字光式ナンバーが取り付けられない車種もあり、その場合はカタログに記載してあるので取り付ける際には確認が必要です。

字光式ナンバーが付けられる車種

照明器具が車体後部に取り付けられる車種なら、字光式ナンバーの取り付けは可能です。日本車ならほとんどの車に取り付けできると考えて大丈夫でしょう。

球切れ警告機能が搭載されている車は、字光式ナンバーの取り付けができない場合がありますが、車体や電気配線を改造することで取り付けが可能になる場合もあります。

別名「光るナンバー」「電光ナンバー」

字光式ナンバーは、光るナンバーや電光ナンバーと呼ばれることもあります。番号や文字が自ら光っていることから、自光式ナンバーと記載されることもありますが、正しくは字が光ると書いて字光式ナンバーです。

なぜナンバーの文字を光らせる必要があるのか?

なぜ字光式ナンバーが登場したのかという背景には諸説ありますが、初めての導入が北海道ということから、車のナンバープレートに付着した雪を光らせる際に発する熱で溶かすためというのが定説のようです。これは、雪国では、ナンバープレートに雪が付着してナンバーが見えなくなるという問題があったためです。

このほかにも、吹雪でもナンバープレートが目立つように導入されたという説や、夜間に交通事故に遭った被害者が字光式ナンバーを考案したのではないかという説もあります。

字光式ナンバーの文字色の種類は?軽自動車との違いなど

字光式ナンバーは、車によって文字色が違います。車のタイプ別にどのような字光式ナンバーがあるのかをご紹介します。

普通自動車の字光式ナンバーの文字色

普通自動車の字光式ナンバーは、ホワイトのプレートに文字がグリーンに発光します。ペイント式の普通のナンバープレートと同じカラーです。

字光式ナンバーは、プレートから文字をカットして樹脂を流し込んで作成してある関係で、ペイント式ナンバープレートよりも文字が浮き出ています。

軽自動車の字光式ナンバーの文字色

軽自動車のナンバープレートはイエローのプレートに文字色はブラックですが、字光式ナンバーでは文字の輪郭部分がクリアに抜かれて後光を持たせる仕組みになっています。黒い文字の周りをホワイトの光源が囲っているイメージです。

緑ナンバーの字光式ナンバーの文字色

緑ナンバーとは、営業ナンバーとも呼ばれる事業用のナンバープレートです。ペイント式の緑ナンバーは、濃いグリーンのプレートにホワイトの文字で作られています。

字光式も同じカラーリングで濃いグリーンのプレートに文字は白く発光。個人タクシーや小さな運送会社が字光式の緑ナンバーをつけて走っていることが多いです。

軽自動車のナンバープレートについてはこちらも

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す