MOBY

【カスタム】凄過ぎるバニングカー画像集!ドレスアップされた外装から豪華な内装まで

皆さんは『バニングカー』というものをご存知でしょうか?車とは本来、走りを追及していくもですが、その逆をいく、デザインや内装の派手さ、面白さに特化したカスタムカーがあります。海外での手法を取り入れ、日本独自のモノにしつつある『バニングカー』。 今回はそんな見た目が面白いバニングカーを画像を中心にお伝えしていきます!

海外生まれの日本育ち『バニングカー』とは?

バニングカー ピンク

バニングカー 横

皆さんも名前は知らなくても上のような画像の車を見かけた事はあると思います。この車は『バニングカー』と言って、ミニバンやバンをカスタムした車です。

これは元々アメリカの西海岸で発生し、移動時、及び休憩時の快適性向上のために、キャンピングカーようにカスタマイズしていったのが始まりで、そこから徐々に、見た目や内装の派手さが目立つカスタムが流行り始めました。

しかし、1970年代をピークに1980年以降は西海岸でバニングカーは廃退していきました。

日本での導入は、色々な説がありますが、西海岸でのピークであった1970年頃と言われています。日本では、アメリカで流行ったモノをそのまま取り入れたのではなく、独自の発展を遂げてきたといわれています。

バンを愛用していた人たちが、一般的な商業車を好まず、居住性等の為などではなく他の人とは違う個性を表すためにカスタムしてのが起源とされています。

そしてバブル頃の日本で、バニングというジャンルがカスタム界で流行り出すと、他のカスタマー達の間でもこのバニングは流行し、徐々にアメリカで生まれたバニングカーとは乖離していき、日本独自のバニングカーとして育っていきました。

主に派手な趣向が流行り、爆音・大径オーディオの搭載や威圧的なエアロパーツ、車高と同等の高さを持つリアスポイラーを装着し、エクステリアの塗装も派手で目立つものになっていきました。

一時は特殊車両の申請などが可能で、街中でもよく見かけることがありましたが、現在は法改正の後規制が厳しくなり、合法で通すのが難しくなってきています。

そんな日本で独自の文化に発展していったバニングカーですが、ひとえにバニングカーと言っても様々なタイプごとに、カスタムに力を入れている部分が違っていたりします。

ここからはタイプ別に分けて、画像で『バニングカー』を紹介していきたいと思います!

外装編

とにかく派手で目立ちたい!エアロパーツに拘った『バニングカー』

先ずはとにかく見た目に拘り、派手で巨大なエアロパーツを付けたバニングカーの紹介です。

流線型に拘ったバニングカーです。海やイルカを想起しますね。バックのデザインも印象的です。

大きく突き出しているフロント部分が印象的です。

バットマンをイメージしたバニングカーです。塗装も凄いですが、何より目立つのがフロントから飛び出している二つの鎌のようなパーツとバットマンが飛び立つイメージを感じさせるリアウイングです。

塗装に拘った職人的な『バニングカー』

次に紹介するのは塗装に拘った職人気質ともいえるバニングカーの紹介です。痛車のような様々な個性が溢れています。

出典:http://www.emu-spaceart.co.jp/

X JAPAN好きのバニングカー

ディズニーなバニングカー

やっぱりアユはカリスマです。

最早原型なし!車かも分からないやり過ぎ『バニングカー』

全てにおいてやり過ぎて、最早、車かどうかすら分からないカスタムを施したバニングカーです。これは最早有名で、見た目の派手さならNO1と言っても良いでしょう。

車何台分か分からない程の大きさ。そして派手さ。なんとフロントは可動式です。間違いなく走りにくそうなバニングオブバニングカーでしょう。

内装編

続いては見た目も然ることながら、内装に拘ったバニングカーです。

高級感溢れるバニングカー

車内がパーティー会場のような高級感溢れるラグジュアリーさです。

パーティーピーポにうってつけ!走るサウンドカー

サウンドカー

車そのものをスピーカー替わりにしている、そんなバニングカーです。派手好きには持って来いですね。

海外のバニングカー達

日本で独自の発展をさせたバニングカーですが、その発祥であるアメリカではどのようなバニングカーがあるのかを紹介します。

バニングカー 海外

バニングカー 海外

日本に比べると何とも物足りなく、ほんとにバニングカーと思えてしまうでしょうが、本来のバニングカーとはこういった形でした。

アメリカでは衰退していったバニングカー。現在でも宣伝カーや商用車等としてカスタマイズされたバニングカーは現存するようです。

この画像から分かるように、バニングカーとは最早日本独自の誇れる文化、志向といっても良いでしょう。

機能性より個性の『バニングカー』のこれからは?

ハイエース バニングカー

いかがだったでしょうか?機能性や走り易さがデザイン等よりも求められがちな昨今。法改正で規制も厳しくもなり、一時期より見かける事も少なくなってきた『バニングカー』。

ただ、このバニングカーには車を車としてではなく、自己表現、あるいは自分の象徴のようにデザイン、カスタムしている方が大半です。

だからこそ、日本独自に発展していった『バニングカー』をこれからも応援していきましょう!

関連するおすすめ記事はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す