初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

FMトランスミッターの正しい使い方とは?ノイズの原因と音質を上げる方法について

皆さんは、FMトランスミッターを知っていますか?車の中で音楽を聴くためには欠かせないアイテムです。FMトランスミッターの使い方からノイズの原因の解説、そして音質を上げる方法をご紹介しています。

FMトランスミッターとは?

今では、スマホや音楽プレーヤーで好きな音楽を聴く人も多いのではないでしょうか。
では、車の中で聴くためにはどうすれば良いのか。
その答えは、FMトランスミッターを使用すれば良いのです。

FMトランスミッターとは、スマホ等の機器内の音楽を車のカーステレオで聴くことができるアイテムのことを言います。
携帯型デジタル音楽プレイヤーやウォークマン、スマートフォンとFMトランスミッターを接続しFM波を出すことできるようになります。
そのFM波を車のFMカーステレオ機能を利用して受信し、音楽を流します。
商品価格は1,000円から2,000円で買えるものが多く、音楽好きにとっては必需品と言えるでしょう。

イヤホンジャックからミニプラグケーブルで接続するタイプが多く販売されていましたが、近年はBluetoothの無線式で接続するタイプのFMトランスミッターも増えてきています。

USBメモリ対応のFMトランスミッターも

FMトランスミッターにはSDHCやSDメモリーカード、USBメモリ対応の商品もあります。
無線式やウォークマンなどの音楽プレイヤーなどを用意したり、充電を気にする必要がない点が便利です。

FMトランスミッターの正しい使い方とは?

使い方

ここでは、有線とBluetoothでの接続方法をそれぞれご説明します。

有線FMトランスミッターの使い方

1.シガーソケットにFMトランスミッターを差し込みます(Bluetoothと共通)。
2.イヤホンジャックにケーブルを差し込みます。
3.FMトランスミッターの周波数(チャンネル)を決定します。
4.車のFMラジオのチャンネルを合わせます。

そして、音楽をつけるだけです。

Bluetooth FMトランスミッターの使い方

1.シガーソケットにFMトランスミッターを差し込みます(有線と共通)。
2.スマホ/iphone/ipodなどの機器の設定からBluetoothをONにします。
3.機器同士のペアリングをします。
4.接続が完了したら、接続した機器とFMの周波数を合わせます。

後は音楽を流すだけなのです。

有線もbluetoothの場合も特に難しい操作を必要としません。

簡単に設定もできるので、気になっている人は是非やってみて下さい。

FMトランスミッターのノイズの原因とは?

FMトランスミッターの電界強度(電波の強さ)は、弱いため受診側であるカーラジオの受診性能にも大きく左右される事もあるのです。
2015年に電波法が改正され、FMトランスミッターの電波が制限されているので昔のFMトランスミッターと違いパワーが制限される様になりました。
一定以上の電波を送信するには、免許が必要なので、一般には基準以下の電波を送信している状況になります。

このようなことから、必然的にFMトランスミッターに使用されている電波は弱いものになっているのです。
また、近くの車がFMトランスミッターを利用していると干渉してノイズが交じることがあるようです。
これらが要因となって、ノイズが発生していると考えられます。

FMトランスミッターの音質を改善させるには

音質を改善させるには様々な方法がありますが、今回はFMトランスミッターの音質を上げる方法を3つご紹介します。

FMトランスミッターの音質対策① ケーブルを抜き差し

軽い接触不良の場合、ケーブルの抜き差しで改善する可能性があります。
Bluetoothなどを用いたトランスミッターは、機器と本体の抜き差しを行います。

FMトランスミッターの音質対策② 周波数を変更

住んでいる地域によって、干渉が少ない周波数帯が異なります。
別の周波数に変更して、改善があるか試してみる方法があります。

その他の注意点としてラジオ放送が聞こえてしまう場合は、 他の周波数に変更してください。

FMトランスミッターの音質対策③ トランスミッターの向きや場所を変える

トランスミッターの向きや角度によって、カーラジオアンテナまで正常に電波が届かない場合もあります。
角度や場所を変えることで、うまく受信ができるかもしれません。

現在では、多くの企業からノイズを極力抑えた高音質のFMトランスミッターも発売されています。
注意点として、電波の扱いには免許が必要になってくるので、改造などはしてはいけません。

各々の状況によって変わってくるかもしれませんが、ノイズでお悩みの人は試してみてはいかがでしょうか。

重低音ブースト機能は期待できない?

迫力の音声を楽しめると謳われているのが重低音ブースト機能です。
FMトランスミッターでも重低音ブースト機能が搭載されているものがありますが、ユーザーの満足度は高くありません。
理由として「FMトランスミッターとしての性能そのものが低く、重低音を楽しむ段階に至らない」という口コミが多くされています。
発売日の古い重低音ブースト機能を搭載しているFMトランスミッターに大きな期待はしないほうが良いでしょう。

FMトランスミッターには充電用USB端子を装備している商品も

・FM送信対応周波数:88.1/88.3/88.5/88.7MHz
・Bluetooth対応:Version 3.0+EDR対応
・対応プロファイル:A2DP SCMS-T
・通信距離:最大2m
・USB出力:5V/1.5A(充電専用)
・使用環境温度 : -10℃~+40℃
・保存環境温度 : -20℃~+60℃
・製品保証:1年間
・0度~90度まで調節可能
・FM周波数4チャンネルから選択

参考価格: ¥ 2,553
(2017年11月21日現在)

FMトランスミッターはカーオーディオから音楽を流す用途に加え、USB電源ポートが備えられ、iPhoneやアンドロイド端末を充電することができる商品もあります。
USB充電ポートがあれば、スマートフォンの電池残量を気にせずに音楽を楽しむことができます。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す