MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 通常の交通事故とは大違い!パトカーや救急車と事故を起こすとどうなるの?
ニュース

更新

通常の交通事故とは大違い!パトカーや救急車と事故を起こすとどうなるの?

パトカーや救急車は、赤信号の交差点でも直進する可能性のある自動車です。万が一、こういった車両と交通事故を起こしてしまうと、一般車両の運転手の過失責任は重くなってしまうのでしょうか。

赤信号で直進する緊急車両、事故を起こしたら過失割合は?

©moonrise/stock.adobe.com

前提として、サイレンを鳴らしていない通常走行時のパトカーや救急車は一般車両と同じ扱いになるので、過失割合は交通事故の内容次第です。

しかし、パトカーや救急車が緊急車両として走行している場合には事情が異なります。

道路交通法第39条〜41条は緊急自動車等に関する条文となっています。このうち第40条(緊急自動車の優先)は、緊急自動車等に道を優先しなければならないと明記されています。

ある保険代理店担当者は、「例えば信号のある見通しの悪い交差点で、緊急車両側が赤信号・一般車両側が青信号で、これらが接触した場合です。この時の過失割合は、緊急車両側が2割で一般車両側が8割となったことがあるようです」と話しています。

端的に言えば、こういった場合は緊急車両の過失はほとんどなくなり、青信号側の一般車両側の過失割合が大きくなるということです。

緊急車両の過失がゼロになるわけではありませんが、どのような状況であれ、緊急車両との交通事故時には大きい過失割合が問われると覚えておきましょう。

緊急車両と交通事故を起こさないためにはどうすればよい?

©xiaosan/stock.adobe.com

緊急車両走行中は、日頃とは異なる運転が求められます。これらの車両と事故を起こさないようにするにはどんなことに気をつければよいのでしょうか?

日常的に実践できることは以下の通りです。

  • 常に周りをよく見ながら運転する
  • 速度超過しない
  • スピーカー音量を控える(周りの音が聞こえる範囲で利用する)
  • サイレンのような音が少しでも聞こえたらスピーカー音量を下げて周りを確認する
  • 緊急車両が近づいている際、交差点に進入しない

人命を預かっている緊急車両は、どんなに急いでいても一般車両と事故を起こすようなリスクを伴う運転をしません。そのため一般車ドライバーはその指示に従い、左側に寄って停止することが大前提といえます。

緊急車両を見かけた際には、適切に対応できるようにしておきましょう。

事故の過失割合は何を根拠に決まる?

教習中ドライバーの起こした事故の責任は誰がとる?

もしも事故に遭遇してしまったらどうする?

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード