MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > スズキ危うし?“20万円車”生まれたインドで「激安EV」登場!タタ製EVの約半額
自動車業界速報

更新

スズキ危うし?“20万円車”生まれたインドで「激安EV」登場!タタ製EVの約半額

インド発、約82万円のEV『EaS-E』登場

PMV Electric EaS-E

インド・ムンバイに拠点を置く新興EVメーカー『PMV Electric』が、タンデム式の二人乗りバッテリーEV『EaS-E』を発売しました。

EaS-Eは、都市部への通勤使用など、日常使用向けに開発されたパーソナルモビリティで、全長2,915mm、全高1,600mm、全幅1,157mmのコンパクトかつスリムな車体に、最大航続可能距離160km、最高時速70km/hの電動パワートレインを搭載しています。

車両価格は47万9000ルピー(日本円で約82万円)で、現地時間2022年11月16日より予約注文の受付を開始。PMV Electricの発表によれば、EaS-Eの納車はインド国内からの予約であれば、予約注文から1年以内に行われる予定です。

なぜ?「シボレー ボルト EVが差別を受けている」その理由とは

“20万円車”ナノ作ったタタが発表したEVのほぼ半額

タタ ティアゴ.ev

インドではかつて現地の自動車メーカー『タタ』が、当時の日本円に換算して約21万円となる約10万ルピーの非常に安価な車『ナノ』を販売していました。

このナノほどではないものの、タタは2022年9月に安価なEVとして『ティアゴ.ev』を発表。その最低価格は84万9000ルピーとなっており、日本円に換算すると約150万円と比較的安価であることが特長です。

しかし、PMV Electricが発売したEaS-Eは47万9000ルピーと、ティアゴ.evの半額に迫る価格となります。

乗車人数や航続可能距離など、ティアゴ.evとEaS-Eで車の性質は大きく異なるものの、通勤利用などの限定的な目的であれば、EaS-Eは強い魅力を備えているモデルとして、人気を集めるかもしれません。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード