MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > イベント > 車のイベント > 【TOYOTA GAZOO Racing フェスティバル 2019】5万人超が集まる|フォトレポート
車のイベント

更新

【TOYOTA GAZOO Racing フェスティバル 2019】5万人超が集まる|フォトレポート

2019年の集大成と2020年に向けて…

2019年のモータースポーツはトヨタが席巻。SUPER GT、WRC、耐久レースと数多のレースで勝利を重ねてきました。

2019年12月15日(日)に富士スピードウェイで毎年恒例となった「TOYOTA GAZOO Racing フェスティバル」が開催されました。取材しきれないほどの盛りだくさんのコンテンツ。多数の来場者で大盛況でした。その様子をフォトレポート形式でお届けします。

オープニング・セレモニー
中央はTOYOTA GAZOO Racingの友山プレジデント。隣は細谷四方洋氏。トヨタ初のレースチームで「TOYOTA・7」のドライバーだったレジェンド。
モリゾーはタイからビデオレターでイベントを盛り上げた。
ドリフト・エキシビション
トヨタのラリー参戦の歴史。セリカが並ぶ。
2019年に活躍したトヨタのマシンが勢揃い。
5大陸を走破したトヨタ・ランドクルーザー。V8 4.6Lディーゼルターボエンジンを搭載。
5大陸を走破したランクルの内装は普通。
トヨタの歴史で初のレース参戦となった「TOYOTA・7」優勝を飾った8号車がコースを実走。細谷四方洋氏が感慨深いと語っていた。
「クラシック・ルマン」手前はマツダ・ロータリーエンジン搭載車。レギュレーション変更でロータリーが最後になる年に優勝を飾ったマシン。
全開で走行、ロータリー独特のエンジン音がホームストレートに響き渡る。
V8エンジンを搭載。ドロドロした爆音で走るNASCARスープラ。
日野のダカール・ラリー参戦車両。ド迫力。
バスでコースを周回する「サーキット・サファリ」。バスガイドに近藤真彦監督、折戸学選手らが。フリー走行するマシンがバスと併走するサービスも。
マツダ・ロードスターも走る。後述の86/BRZレースにて。

【初披露】スープラ SUPER GT 2020年マシン

【サプライズ】マツダ、2020年のルマンに参戦意思表明

「オープニングセレモニー」

「ジャパンモータースポーツ・パレード」ではメーカーの枠を超え、日産、マツダ、スバルといった2019年のモータースポーツを盛り上げたさまざまレースカテゴリーのマシンがコースを周回。このコンテンツでマツダが2020年にル・マンに復活することをサプライズ発表しました。マツダのル・マン参戦は1991年が最後で実に19年ぶり。

ロータリーエンジン搭載のル・マン「マツダ787B」
「ミスター ル・マン」の異名を持つ寺田陽次郎氏。787Bのドライバーだった。
WRC オイット・タナック選手(右)とマルティン・ヤルヴェオラ選手(左)
左はマツダ2
右はニュルブルクリンク耐久のSUBARU WRX

【注目】ヴィッツ後継新型ヤリス

年明けに開催される「東京オートサロン2020」でお披露目が決まった新型ヤリスはヴィッツの後継。

「GR Tokyo Racing 86」エキシビジョンレース参戦

GR Tokyo Racing 86 のチームメンバー

TOTOTA GAZOO Racing フェスティバル2019の開催地と同じ富士スピードウェイで行われた、86/BRZワンメークレースのプロフェッショナルカテゴリで優勝を決めた、トヨタモビリティ東京のレースチーム「GR Tokyo Racing 86」がエキシビジョンレースに参戦。このエキシビジョンは成績上位の選手しか走れません。GR Tokyo Racing 86は、2019年に優勝1回、総合5位というディーラーのチームとしては珍しい輝かしい成績をおさめています。

水谷大介選手、アマチュアがプロを制す!86/BRZレース・プロフェッショナルシリーズ第5戦

左から武藤監督、社員ドライバーの水谷選手、スピードスケート長野オリンピック金メダリストの清水選手。

水谷選手に、2019年を振り返った感想を伺ったところ「会社として全体的にがんばった。失敗もしたが大きく成長した1年だった。これが結果に繋がった。私一人だけの力ではない。」と語り、レースに参戦することへの強い使命感があることも補足していました。清水選手は「今年はとても良い勉強になった。特にヴィッツのから86にレースを変えたところが大きい。今日のエキシビジョンレースは楽しみたい」と語りました。

水谷選手は25号車。結果は5位。8ラップレースでは順位を上げるのが厳しい。
125号車は清水選手
86/BRZレースはマツダ・ロードスターワンメイクレースと同時走行開催

トヨタモビリティ東京さんにはタイアップなどでとてもお世話になった1年でした。来年も応援します。
タイアップ記事はこちら↓

【南明奈#おため試乗】トヨタ新型カローラツーリング試乗レビュー!運転するのが楽しくなるクルマ

入場者数50,000人超え

フィナーレ

12月とは思えない暖かい晴天にも恵まれ、入場者数は50,000人を超えたとフィナーレで脇阪寿一監督が来場者に感謝のことばを述べていました。

TOYOTA GAZOO Racing フェスティバル2019で印象的だったのは、トヨタだけでなく他メーカーもイベントに登場するなど、トヨタがモータースポーツ全体を盛り上げていこうとする強い姿勢でした。来場者もトヨタのファンではなさそうな方も多く見られたことも印象的でした。

2020年はWRC(世界ラリー選手権)が国内開催される年でもあります。来年はオリンピックと並んでモータースポーツも盛り上がるよう、MOBYも尽力していきます。

取材・撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

すべての画像を見る (46枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード