MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > ZOZO元社長・前澤友作さんの愛車を調査!剛力彩芽さんと乗っていた送迎車は?
エンタメ総合

更新

ZOZO元社長・前澤友作さんの愛車を調査!剛力彩芽さんと乗っていた送迎車は?

前澤友作さんとは

日本最大級のアパレル通販サイト「ZOZO」の元社長として知られる前澤友作さん。月面旅行計画や女優・剛力彩芽さんとの熱愛&破局報道、Twitterでのお金配りなど話題に事欠かない大資産家です。

音楽活動から通販ビジネスへ

かつてはハードコア・パンクバンド「Switch Style」のドラマー、「YOU X SUCK」名義でメジャーデビューも果たした過去も。それがきっかけで輸入レコード・CDの通販ビジネスを開始。このECサイト運営のノウハウが、後のZOZOとなるスタートトゥデイの設立へと繋がります。

今や日本を代表する大富豪

ZOZOの大成功を受け、2016年にフォーブスが発表した「日本の富豪50人(Japan’s 50 Richest)」で14位にランクイン。ZOZOがヤフー傘下になったタイミングで社長の座を退き、現在は株式会社スタートトゥデイを設立、代表取締役社長に就任しています。

最近はTwitterでお金配りを行っており、投稿を拡散した方の中から抽選でお金を振り込むなど、かなり過激なお金の使い方をしています。この活動を通し、ツイートのリツイート数が500万件を超え、ギネス世界記録に認定されています。

恋人は女優の剛力彩芽さん!

2018年4月、前澤さんは自身のインスタグラムにて、女優の剛力彩芽さんとの交際を公表。2019年の11月に一旦破局しているものの、2020年4月に復縁が報じられています。

送迎車だと考えられるメルセデス・マイバッハ Sクラス。価格は3,000万円を超える。

そんな前澤さんと剛力さんですが、高級車デートがパパラッチされており、ドア部分のみ写り込んでいました。詳細な車種は特定できないものの、運転手付きの車両であることと、ドア部分のデザインから、メルセデス・マイバッハではないかと考えられます。

ナンバープレートにもこだわりがあった!

2020のナンバープレートのイメージ。ZOZOに見えなくもない?

前澤さんが所有する車のナンバーはすべて「2020」で統一されています。その理由は、2020という数字が前澤さんの創業した企業名「ZOZO」に見えるからとのこと。ナンバープレートひとつにも、前澤さんの遊び心が垣間見えます。

【希望ナンバー】費用や交付までの日数は?申請から取得までの流れも

前澤友作さんの愛車は?

総資産は2000億円を超えると言われる大富豪、前澤友作さん。それほどの資産があれば、どんな車でも購入することができるでしょう。

これまで発売されたすべての車の中で最も高いものは?歴代最高額は驚きの○○億円!世界一高い車ランキング

実際、前澤さんの愛車はどれもかなりの高級車ばかりで、自身のYouTubeチャンネル「MZ SUPERCAR Channel」で紹介するほどの車好きとしても知られています。

パガーニ ゾンダ ZOZO

名前からも分かる通り、パガーニ ゾンダ ZOZOは世界に一台のワンオフカー。イタリアの自動車メーカー「パガーニ」が手掛けた、前澤さん専用カスタム車両。価格は3億円だそうです。

力強いV12エンジンをはじめ、曲線的で流麗なボディラインはまさに芸術品。こだわったというパープルのボディカラーは、複数ものサンプルを確認したうえで選びぬいたとのこと。

2016年12月に千葉県・幕張にて行われた「Pagani Zonda Zozo Crashes in Japan 」というイベントにて、マイバッハ 62Sと衝突して大破。事故による損害額は4億円にも達したとのこと。

2019年4月、鈴鹿サーキットで行われた「スーパーカーフェスティバル~サウンドパフォーマーズ~」では修復されたゾンダ ZOZOの姿が確認されています。

価格2億8000万円!ゾンダ後継「パガーニ ウアイラBC」の性能は?

パガーニ ゾンダのスペック

ボディサイズ全長4,395mm
全幅2,005mm
全高1,151mm
ホイールベース2,730mm
車両重量1,280kg
乗車定員2名
エンジンAMG製7.3L V型12気筒
最高出力588kW(800PS)/6,200rpm
最大トルク850N·m(86.7kg・m)/2,400rpm
トランスミッション6速セミAT

※グレードは2020年モデル(HP バルケッタ)のもの

前澤さんが実際にゾンダ ZOZOを紹介している動画はこちら

ブガッティ シロン

イタリアの自動車メーカー「ブガッティ」の最新ハイパーカー、シロンです。購入額は3.5億円で、搭載する速度メーターにはなんと時速500kmまで計測できるとのこと。日本の行動では間違いなく使い所がなさそうです。

前澤さんがこのシロンで特にこだわったのはボディカラーだそう。悩んだ末、「ホワイトコーヒー」というカラーを採用したとのことです。ゾンダ ZOZOといい、前澤さんの中でボディカラーはかなり重要視しているようです。

ブガッティから過去最高額のワンオフカーが発表!ジュネーブモーターショー2019の様子はこちら【画像あり】

ブガッティ シロンのスペック

ボディサイズ全長4,544mm
全幅2,038mm
全高1,212mm
ホイールベース2,711mm
車両重量1,995kg
乗車定員2名
エンジン8.0L W型16気筒クワッドターボ
最高出力1,103kW(1,500PS)/6700rpm
最大トルク1,600N·m(163.2kg・m)/2,000-6,000rpm
トランスミッション7速セミAT

前澤さんが実際にシロンを紹介している動画はこちら

ブガッティ ヴェイロン エルメス

シロンと同じメーカー・ブガッティが世界的ブランド「エルメス」とコラボしたワンオフモデル、ヴェイロン エルメス。 2016年に2億5000万円で購入したとのことです。

フロントグリルやホイールといった随所にエルメスの頭文字である「H」の文字が刻まれています。

「ラブ注入」の楽しんごさんもヴェイロンを持っていた?気になる噂を徹底調査!

ブガッティ ヴェイロンのスペック

ボディサイズ全長4,466mm
全幅1,998mm
全高1,206mm
ホイールベース2,710mm
車両重量1,888kg
乗車定員2名
エンジン8.0L W型16気筒クワッドターボ
最高出力736kW(1,001PS)/6,000rpm
最大トルク1250N・m(127.5kg・m)/2,200-5,500rpm
トランスミッション7速セミAT

前澤さんが実際にヴェイロン エルメスを紹介している動画はこちら

メルセデス・マイバッハ G650 ランドレー

前澤さんが2018年に購入したG650 ランドレーは、メルセデスの最高級ブランド「マイバッハ」のオフロード4WD。車名のランドレーは、車体の後部のみがオープンになるボディ形状のことを指す名称で、ランドーレットと呼ぶこともあります。

メルセデス・ベンツのGクラスをベースとしていますが、サイズは全体的にベース車両よりも大きめ。無骨な外観に対して、内装はマイバッハならではのラグジュアリー空間が広がっており、レザーやウッド素材が惜しげなく使われています。後部座席にはオットマン付きのシートや読書灯など、オフロード車とは思えない豪華仕様。

車両価格は6,000万円とのことですが、99台の限定生産のため、今後さらに価格が上昇していくことが予想されます。

【メルセデス・マイバッハ 歴史と名車】設計の王が築き上げたトップ・ラグジュアリー

スーパーカープロジェクトを立ち上げた

前澤さんは、MZ Supercar Projectというスーパーカープロジェクトを立ち上げており、所有する車を始め、数々の激レア車・高級車を多くの方に知ってもらおうと活動しています。

YouTubeチャンネルでの動画投稿やオンラインミーティングなどを中心に活動しており、鈴鹿サーキットで行ったイベントは大盛況でした。常に新しい話題を提供し、社会を盛り上げてくれる前澤友作さん。スーパーカープロジェクトを始めとする今後の活動に注目です!

140人を超える芸能人の愛車図鑑はこちらから

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード