MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > もはや有効策なし?ハンドルロックをかけたレクサスが盗まれた手口とは
役立つ情報

更新

もはや有効策なし?ハンドルロックをかけたレクサスが盗まれた手口とは

事件の概要

2021年1月27日愛知県西尾市で発生した盗難事件。犯人は何らかの方法で車の開錠を行い、盗難防止として設置していた「ハンドルロック」の部品を工具で切断。そしてエンジンを始動させ、逃走しています。

今回被害に遭ったレクサス LXのオーナーは、日頃からハンドルロックを取り付ける程、盗難防止に気を使っていたといいます。自身の所有する車が狙われやすいことを理解し、対策していたにも関わらず盗難されてしまったようです。

被害者のオーナーは既に警察に被害届を提出しており、窃盗事件として調査中しているとのことです。

ハンドルロックとは

ハンドルロックの例
ハンドルロックの例

ハンドルロックとは、ハンドルに取り付ける長い棒です。ハンドルに棒をはめ込み、鍵でロックします。長い棒を取り付けることで、ハンドルの回転を制限させ、運転しにくくさせ盗難を諦めさせることを目的にした商品です。

今回使われていた商品が無いかamazonで探してみたところ、同型のタイプがたくさん売られている一般的なタイプのもののようです。

価格には幅がありますが、3,000円から10,000円以下くらいの価格帯で取引がされています。

確かに、見た目はスタイリッシュなのですが、欠点としてはハンディタイプの切断機で簡単に切れる程度の金属が使われていたということです。

ハンドルロックで有名なものといえばHONET社のLH-12Rが挙げられます。

HORNET ハンドルロック LH-12R

HORNET ハンドルロック LH-12R

7,750円(10/01 15:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

その見た目は確かに無骨なのですが、その金属部は太く頑丈です。したがって切断には時間がかかります。

見た目で選ぶこともあると思いますが、せっかくのダブルロックを有効にするのはやはり機能性だということが分かります。

執筆者プロフィール
渡辺 喬俊
渡辺 喬俊
1986年生まれ、元システムエンジニアからクルマ業界へ転身、社外品サスペンションの試作や、ドライビングサポートのセンサー部品テストドライバーの仕事を経験。愛車はSW20 MR2とBP5 レガシィ。壊れない車が欲し...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード