MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車のプッシュスタートとは?スイッチの後付けは可能か?
カーライフ

更新

車のプッシュスタートとは?スイッチの後付けは可能か?

プッシュスタートとは?

プッシュスタート

エンジンを始動させるには、従来の方法では鍵を挿し込んでぐるっと時計回りに回していました。イグニッションキーと呼ばれ、長い間使われていた方法で今も健在です。そこに新たに加わったのが「プッシュスタート式」と呼ばれるエンジン始動方法です。

プッシュスタートは、ブレーキペダルをしっかり踏み込んだ状態でプッシュスタートスイッチを押すだけでエンジンを始動させることができます。スマートキーを使うので、鍵を挿し込む必要がありません。

ボタンの位置は、ステアリング周辺やインパネの中央部など車種により異なるのが特徴です。

プッシュスタートの最大のメリットとは?

プッシュスタートの最大のメリットは「防犯対策」です。従来のイグニッションキーを使うタイプだと鍵が回ってしまえばエンジンは始動するため、器用な人なら鍵がなくても針金や金具などを使ってエンジンをかけることが可能でした。防犯上、危険な状態にさらされていたことになります。

一方プッシュスタートは、スマートキーと車のIDが合致しないとエンジンは始動させることができません。泥棒はリモコンキーがなければエンジンをかけることができないのです。また、鍵と違いリモコンの複製はお金がかかる上に簡単にできるものではないので、鍵よりも防犯上安全といえます。

プッシュスタートへ変更するメリットは他にある!

キー挿入口付近を鍵によって傷つけてしまうデメリットがありますが、プッシュスタートにすることによりこれを解消することができます。車のドアを開閉する際、またエンジンをかける際に鍵を取り出さなくても良いという点が大きなメリットです。

プッシュスタートボタン一つで車室内の雰囲気が変わります。おしゃれなボタンも多く販売されており、内装のインテリアとしても重宝されています。

スマートキーの詳しい解説はこちら

スマートキーの仕組みとは?紛失に備えたスペアとケースは必須?電池交換は?

プッシュスタートスイッチの後付けは可能か?

プッシュスタートボタン

イグニッションキータイプの車でも後付けは可能です。もちろん、元々プッシュスタートタイプの車でも交換は可能です。

スイッチの種類は数多くあるので、純正のボタンではなく好みのデザインのボタンを選んで取り付けることができます。自分で取り付ける場合と専門店に頼む場合の2パターンがあります。

自分で取り付ける場合

イグニッションキータイプからプッシュスタート式に変更する場合、ボタン周りの配線の加工が必要となり難易度が高いのでDIYで交換&取り付けをする方はあまり多くないようです。

また、イグニッションキーによりハンドルロックをかけることができ、盗難防止装備として役立てていたものをプッシュスタート式に変更してしまうことで、その機能がなくなり車検時に適応されない恐れがあります。

好みのプッシュスタートスイッチに交換する方法が動画で紹介されています。

お店に頼む場合

エンジン始動という重要な部分の変更なので、専門店に頼むほうが安心です。費用や工賃はかかりますが、盗難防止装備問題についても専門店であれば、車検に適応できる安全な取り付け方をしてくれます。

プッシュスタートスイッチの種類について

純正のスイッチではなく、好みの色・デザインのスイッチを取り付けたい方もいるでしょう。インターネットで購入できるスイッチをいくつかご紹介します。

GARAX プッシュスターターイリュージョンスキャナー

リング部分にLEDが埋め込まれており、発光パターンがいくつもありイルミネーションのようなおしゃれ感があります。

トムス プッシュスタートボタン

トムス プッシュスタートボタン89611-TS001

トムス プッシュスタートボタン89611-TS001

2,831円(08/09 18:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

標準LED透過式により、TOM’Sロゴが点灯します。点灯の光量が多いのでシンプルなデザインでも存在感があります。

SilkBlaze(シルクブレイズ) プッシュスターターボタン

高級感を感じたい方におすすめのスイッチです。高級時計をモチーフにしたデザインとなっており、インパネやハンドル周りがダーク色であればより際立って豪華に感じるでしょう。

プッシュスタートスイッチ後付けの費用は?

費用

プッシュスタート式に交換すると、どの程度の費用がかかるのか気になります。DIYで取り付ける場合の相場と専門店に頼んだ場合の相場について紹介します。

DIYで取り付ける場合の相場

部品のみで4~5万円、スイッチパーツは5,000円程度が相場です。合計すると5~6万円程度あればスイッチの交換ができるということになります。ただし、部品やスイッチの値段幅は大きいので、2~3万円で取り付けできる場合もあれば、10万円近くまでかかってしまうこともあります。

専門店に頼んだ場合の相場

部品と工賃を合わせると6~8万円程度かかるようです。これに好みのスイッチ5,000円を追加すると合計で8~9万円になります。部品やスイッチなど、持ち込めない場合はさらに割高になる可能性もあります。

しかし、きれいに取り付けてくれて盗難防止対策もしっかりと処理してくれるので安心料と考えれば納得です。それほど高い値段ではないかもしれません。

プッシュスタートスイッチ取り付けは専門店へ頼もう!

専門店

DIYでスイッチの取り付けにチャレンジしてみたい方も多いとかもしれませんが、安全上の問題や車検に通せるシステムに仕上げなければならないので、陸運局に問い合わせて設置方法について確認するなどの対応が必要になります。

費用を抑えられることは大きなメリットですが、手間を考えると専門店に取り付けを頼むほうがベターです。

車のカスタムに関連する記事はこちら

車のDIYに必須な電工ペンチおすすめ人気ランキングTOP10!使い方やダイソーで買えるものなど

車のカーボンシートおすすめランキングTOP4|ボンネットへの貼り方も

ヘッドライトクリーナーおすすめ人気ランキングTOP11!コーティングも重要!【2019年最新版】

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード