MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 購入ノウハウ > 車買取・車売却前に必ず見ておきたい「売買契約書」のチェック項目
購入ノウハウ

更新

車買取・車売却前に必ず見ておきたい「売買契約書」のチェック項目

車売却時に必要な「売買契約書」とは?

書類に記載

売買契約書とは、売買契約を締結した際の契約内容を書面にまとめたものであり、売買契約の当事者である売主及び買主は、その内容に従って売買契約における義務を履行することとなります。

売買契約は、「売主が買主に対して目的物を引渡し、買主が売主に対してその目的物の対価を支払う」ことを約した契約であり、口頭によっても成立します。

売買契約において売買契約書は、契約の当事者間で決めた「売買契約の目的物」「目的物の引渡し時期」「目的物の所有権が移転する時期」「代金の支払時期及び支払い方法」「支払いが遅れた場合の利息の利率」「契約解除ができる条件」「瑕疵担保責任」といった重要な事項を明確にし、当事者間における契約内容の認識の相違及び紛争を事前に防ぐという大切な役割を果たすこととなります。

したがって、売買契約を締結する際には、契約当事者間におけるトラブルを事前に防ぐために売買契約書を作成し、契約当事者間で契約内容の確認をすることが一般的です。

車売却の必要書類を知りたい方はこちら

車下取り・車売却の必要書類を解説!紛失したら?査定額がアップする書類も

車の売買契約書が原因で起こり得るトラブル

書類に印鑑を押す

買取業者に車を売却する際に締結する契約も売買契約ですので、買取業者との間で売買契約書を取り交わすこととなります。

しかし、車の売却において売買契約書が原因となり買取業者との間でトラブルが起きてしまう場合もあります。主なトラブルとしては、以下のようなものが挙げられます。

契約の解除に関するトラブル

売買契約の解除、すなわち車の売却のキャンセルに関するトラブルです。キャンセルができない旨の記載を見落として売買契約書にサインをしてしまい、キャンセルすることができなくなってしまう場合や、キャンセルをすることができたとしても、高額なキャンセル料金を請求されてしまう場合等があります。

車の引渡しに関するトラブル

車を買取業者に売却した場合、その日のうちに車を買取業者に引渡す場合がほとんどですが、後日車を引渡さなければならない場合もあります。

その場合、売買契約書に車の所有権の移転時期が明確に記載されていなければ、キャンセルをしたいとなった時に買取業者との間でトラブルが起きてしまう可能性があります。

瑕疵担保責任に関するトラブル

一般的に、売買契約において目的物に問題があった場合、目的物を引渡した売主に対して瑕疵担保責任が課される場合が多いです。「瑕疵」とは、キズや不具合といった目的物に係る問題のことです。

したがって、売却した車に瑕疵があった場合、買取り価格が減額されてしまったり、その瑕疵によって契約の目的を達成できない場合には、契約自体がキャンセルになってしまったりするということになります。

車売却のトラブル事例についてはこちら

車一括査定や車売却でありがちなトラブル事例と防止法・対処法

車売却前にチェックすべき売買契約書の項目

車 購入 商談 ディーラー

以上の事例を踏まえると、車を売却する前にチェックすべき売買契約書の項目が見えてきます。

売買契約の解除ができる条件

車を売却した後に契約を解除、すなわちキャンセルすることはできるのか、また、キャンセルをするのに料金はかからないのか、といった点をチェックする必要があります。

売買契約書に限らず、ほとんどの契約書に契約解除ができる条件に関する記載があります。

契約を解除できるか否か、どのような場合に契約を解除できるのか、ということを契約の当事者間で明確にしておきましょう。

車の所有権の移転時期

車を売却した場合、その車の所有権がいつ買取業者に移転するのかを明確にしておく必要があります。売買契約書に所有権の移転時期に関する記載がない場合、買取業者に聞いて確認しておくことが望ましいです。契約解除ができる条件と併せて重要なポイントになります。

瑕疵担保責任について

売却した車にキズや不具合といった瑕疵があった場合、売主はどのような責任を負うこととなるのかを確認しておく必要があります。

とりわけ、車を後日買取業者に引渡す必要がある場合において、地震や台風等の自然災害、すなわち不可抗力によって車が破損してしまった場合には契約はどのようになってしまうのか当事者間で明確にしておかなければなりません。

万が一の場合もあるため、免責事項となるのか買取業者との間で予め決めておくことが望ましいです。

車を買取業者に売却する前に、こうした売買契約書における重要な事項をしっかりと確認し、トラブルが起きることのないようにしておきましょう。

売買契約書の内容は必ずチェックしましょう!

握手

車買取・車売却で起こるトラブルの多くは、売買契約書の確認を徹底することで防ぐことができると思います。
そのため、小さな文字で見にくい書類でも、必ず細かく読み、内容を把握するようにしましょう。

車売却の関連記事

車買取で車を売る手続きの流れ!査定から売却後の代金振り込みまで

車下取り・車売却の必要書類を解説!紛失したら?査定額がアップする書類も

車買取は「カーセンサーネット」の一括査定がおすすめ!電話連絡を無しにする方法も解説

車買取や車下取りで実際にあったトラブル事例と回避のための対策

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ