MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 1958年から存在していた?クルマ好きにとって憧れだった6速MT搭載車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

1958年から存在していた?クルマ好きにとって憧れだった6速MT搭載車たち【推し車】

最近はATで効率化のためきめ細かい変速を行う8速、9速も珍しくなくなりました。しかし、MT派にとっては6速MT、それも5速MTへ巡航用の6速を追加したようなものではなく、クロスレシオの6速ミッションが憧れです。

1990年代以降はATやCVT車が増えた一方、スポーツユーザー向けに6速MTも数多く設定されるようになりました。そんな過去の6速MT車を振り返ってみたいと思います。

スバル360(3速MT×2段副変速機・1958年)

副変速機で3速×2=6MT仕様な1963年式スバル360デラックス

いきなり「6速なんてあったっけ?」と思わせてしまいますが、本格的に量販された初の軽乗用車、スバル360には通常の3速MTのほか、レバーでハイ・ローを切り替える副変速機搭載型もあり、1速ロー・1速ハイ・2速ローと切り替えれば6速MTとして使えました。

後に全て3速+オーバートップの4速MTへ全て切り替わりますが、後に三菱も初代ミラージュなどで同じく副変速機を使った4速×2で実質8速MTを採用しています。

1964年の第2回日本グランプリでスズライト・フロンテを打ち破る原動力になったとも言われますが、実は1-2フィニッシュを決めたスバル360でも「実質6速MT」は2位で、優勝車は4速MTでした。

2代目マツダ ロードスター(NB・1998年)

1.8リッターで6速MTな、2代目マツダNB8C ロードスターRS

1990年代になると、トヨタが80スープラへゲトラグ製6速MTを採用したのを皮切りに、カローラ系で4A-GE+6速MT設定車を多数揃えるなど、6速MTはスポーツ系で増えてきました。

なかでも1998年に初のモデルチェンジで2代目NB系となったマツダ ロードスターは、1.8リッター車が6速MT(1.6リッター車は5速MTのまま)で、「安価に6速MTを楽しめるFRスポーツ」として注目されています。

翌年にはより本格的なFRオープンスポーツとしてホンダ S2000が登場。こちらも6速MTでしたが、マニアックな乗り味で高価なS2000より、ロードスターの方が手軽に6速MTを駆使するスポーツ走行を楽しめる車でした。

トヨタ iQ GRMNスーパーチャージャー(2009年)

iQ GRMNスーパーチャージャーの元になった、GRMN iQ Racing Concept(2011年)

カローラ系など4A-GE搭載車に続き、2ZZ-GE搭載車やMR-S、ヴィッツ系などでも6速MTを多用したトヨタですが、2009年に発売したiQ GRMNにも6速MTを採用します。

本来は1リッターエンジン+CVTで始まった3+1人乗りマイクロカー「iQ」へ1.3リッターエンジン追加と同時に、欧州仕様エンジンと6速MTを組み合わせたものでした。

2012年にはさらにスーパーチャージャーでパワーアップ、外観も大幅に変わって6速MTもクロスレシオ化されたiQ GRMNスーパーチャージャーを100台限定で販売、EV版のeQといい、実験的車種なだけにトヨタ車でも思い切った試みが行われています。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード