MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダが「過走行車コンテスト」開催!優勝者にマツダ2新車プレゼント、メキシコで実施
マツダ

更新

マツダが「過走行車コンテスト」開催!優勝者にマツダ2新車プレゼント、メキシコで実施

車の“寿命”は10万キロと言われている

©bizoo_n/stock.adobe.com

一般的に、乗用車の寿命は「10年10万キロ」と言われています。これを超えた車は故障リスクが高いとされ、中古車としては敬遠されてしまいがちです。

実際に、メーカーや販売店が新車に設定する保証も、最長10年・最大10万キロまでとされることがあり、多くの人がその範囲を超える前に車の乗り換えを検討します。

そのため、車の寿命は「10年10万キロ」と言われているのですが、乗り方やメンテナンス次第では20年、30年、または20万キロ、30万キロ…と長く付き合えるものです。

中には100万キロ以上を走ったとして、メーカーからお祝いをされた人もいます。

車の寿命は「部品の調達ができなくなったとき」

ホンダ、160万キロ走ったアコードとそのオーナーをパレードで祝福

Million Mile Joe

ホンダの米国部門は、2011年10月25日にアメリカ・メイン州サコで1990年式のアコードに乗るジョー・ロシセロ氏の偉業達成を祝うパレードを開催しました。

このパレードで祝われたのは、ジョー・ロシセロ氏が所有するアコードが100万マイル(約160万キロ)を達成したことです。

ジョー・ロシセロ氏のアコードは1年間に平均約62,500マイル(約10万キロ)を走行。ホンダとしても、アコードの信頼性の高さを示す、これ以上ないアピールとなりました。

実際にアコードはアメリカではいまでもトヨタ カムリと並び信頼性が高いセダンとして、定番の人気を誇っています。「寿命を超えてなお走り続ける車」は、そのメーカーの信頼性の高さを証明するのに十分なちからを持っているということです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード