MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 「軽ボンバン」は昔からユーザーが望むクルマだった!1972年には既に先駆車が存在してた【推し車】
メーカー・車種別

更新

「軽ボンバン」は昔からユーザーが望むクルマだった!1972年には既に先駆車が存在してた【推し車】

その時代において価値観をひっくり返し、新しい文化を生み出すような「先駆車」には、技術的に優れているもの、性能が飛び抜けたもの、人間工学的に最適化されたものなど、さまざまなパターンがあります。

それらが必ず成功するとは限らないものの、先駆車のコンセプトが再評価されて現代に蘇り、「改めての先駆車」になることもあり、今回は税制上の有利さや効率的な車内スペースで使い勝手に優れた軽ボンバン(軽ボンネットバン)3台を紹介しましょう。

ホンダ ライフステップバン(1972年)

軽トールワゴン、最近流行りかけている軽トールバン全ての先駆車

ホンダ ライフステップバン

初代シビック以前、ホンダの将来にとって重要な方向転換に成功した水冷エンジン軽乗用車、ライフ(初代)をベースに、短いボンネットへエンジンを押し込むとともに、ハイルーフ化で乗員や荷物のスペースを最大化した軽商用車。

20年以上後に大ヒットしたスズキ ワゴンR(1993年)のコンセプトを先取りしましたが、荷物を載せてもトラクションを確保できる後輪駆動が当たり前という商用車で前輪駆動のFF車、さらにレジャー用途まで考慮してもそんな文化はなしと当時は理解されませんでした。

しぶとく生産を続ければ、1970年代末からの初期RVブームに乗って人気が出たのは間違いなく、実際中古車のカスタムは流行りましたが、当時のホンダは初代シビックに社運をかけ、軽トラ以外の生産をやめていた時期で、惜しくもブームになりそこねた先駆車でした。

スズキ アルト(初代・1979年)

現実には1~2名乗りパーソナルカーと読み切ったスズキの傑作

スズキ アルト(初代)

軽乗用車を小さいながらも定員4名の乗用車として扱う限り、厳しい排ガス規制への対応、それによるパワーダウンを補うための排気量アップ(360cc→550cc)により高価となっていくのは避けようがなく、いつしかコンパクトカーへの優位は消え失せていました。

しかし、税制面ではまだまだ優位だった軽商用車ならまだ価格競争力は残されており、マーケティングの結果、「軽乗用車といっても実際には1~2名乗車のパーソナルユースがメイン」と看破したスズキは、後席を補助的なものとした軽商用車アルトを開発。

同時に軽乗用車のフロンテ(5代目)も併売しましたが、徹底した簡素化と「アルト47万円!」という強烈なキャッチコピーで大ヒットとなり、ライバル各社が同様の軽ボンネットバンを主力とする時代は、さらなる税制改正で軽商用車の優位が縮まるまで続きました。

ホンダ N-VAN(2018年)

仕事用の商用車として、さらにレジャー向けにも最適な新時代の軽ボンバン

ホンダ N-VAN

1989年の税制改正(物品税の廃止と消費税導入)で、軽商用車の優位点は微々たるものとなり、昔ながらの軽ボンバンは、2021年のアルトバン販売終了で歴史を終えました。

しかし、軽トラ/軽1BOXより積載能力は劣るものの乗用車感覚で乗れ、シートレイアウトや仕事にもレジャーにも便利なアクセサリーの設定で積載性や使い勝手は良好な新時代の軽ボンバンが誕生します。

最初のダイハツ ハイゼットキャディー(2016年)は、ウェイクがベースなのに乗車定員2名、最大積載量150kg、レジャー向けや福祉車両向けの装備も皆無と意味不明でしたが、続くN-VANは違いました。

実用的な定員と最大積載量、レジャー向け装備も準備したN-VANは、N-BOXよりレジャー重視のユーザーにも人気のモデルとなり、スズキも「スペーシア ベース」(2022年)で追撃開始、新時代の軽ボンバンは今からが旬です。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード