MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フォード > 【自動車の歴史】フォードの歴史やルーツと車種の特徴を知ろう!
フォード

更新

【自動車の歴史】フォードの歴史やルーツと車種の特徴を知ろう!

フォード車の特徴は?代表車種を紹介!

大量生産と大衆消費の代名詞のようなT型、マッスルな佇まいが美しいマスタング。
そして、ヨーロッパの入り組んだ小道もすいすい走れるフィエスタ。
各時代や土地のニーズに寄り添ってきた、フォード車の個性的な面々を紹介します。

フォードT型

フォード フォードT 1927年型
Ford Europe CC 表示 – 非営利 2.0 / CC BY-NC 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

1908年に発売されてから1927年まで、基本的なモデルチェンジのなかったフォードT型。
その価格の安さから、アメリカをはじめ世界各国に広く普及しました。
大量生産と大衆ユーザーによる実用を念頭に置いた、独創的で完成度の高いメカニズムを備えています。
しかし、生産末期にはそれも前時代的なものになり、衰退を免れませんでした。
シャシーは在来モデルのN型を多く踏襲していますが、変更点としてサスペンションが縦置きから横置きリーフスプリングの固定軸に変更されています。
以降、競合メーカー各社が前輪の独立懸架を続々と標準化し始めた1930年代を過ぎても、リンカーン系の一部高級モデルを除いて、これがフォード車の基本仕様であり続けます。

フォード・サンダーバード

1954年のデトロイト自動車ショーにその姿を見せたのが、フォード・サンダーバードの始まりでした。
標準で取り外し可能なハードトップを装備しており、1956年モデルではそこに後部の視認性向上のための「ポートホール」と呼ばれる窓が追加されました。
下の写真がポートホール付きの1957年式 フォード・サンダーバード。
キュートなデザインです。

https://www.flickr.com/

1957年型サンダーバードは、フォード初の2シーターモデルとなりますが、1958年から製造販売された第2世代では、さっそく4シーターのデザインに変更されています。
2シーターの販売には限界があったことから、ファミリー層の獲得を狙う意図がありました。
390立方インチ・エンジンを搭載した4代目フォード・サンダーバードでは最高速度200km/hに届き、これが発売された年、売上台数は92,000台を突破しました。

最新「サンダーバード」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 491万円
本体価格 75~1,220万円
サンダーバードの中古車一覧へ

フォード・マスタング

↓2016年式フォード・マスタング

フォード マスタング 2016年型
notman05 CC 表示 – 非営利 2.0 / CC BY-NC 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

いわゆるベビーブーマーをターゲットに開発されたフォード・マスタングは、フォードT型以来の大ヒットとなりました。
今なお人気を誇り、フォードの象徴として扱われることも多い同車。
しかしそれだけではなく、たとえば最廉価グレードのV型6気筒エンジン搭載の2014年モデルは、22,200ドルと比較的低価格で社外品のカスタムパーツも潤沢なことから、カスタムベース車としても人気があります。
初代から現行モデルまでフォード・マスタングは一貫して、2ドアに4人もしくは5人乗りのレイアウトで、「マッスルカー」あるいは「ポニーカー」と呼ばれる2ドアクーペ(ハードトップ)に分類されます。

最新「マスタング」中古車情報
本日の在庫数 250台
平均価格 383万円
本体価格 35~1,389万円
マスタングの中古車一覧へ

フォード・フィエスタ

↓初代フォード・フィエスタ

フォード フィエスタ 1976年型
https://www.flickr.com/

ハッチバック型の小型乗用車「フォード・フィエスタ」は、ヨーロッパ市場に向けて発売されました。
1976年に発売された初代モデルは、イギリス・フォードの「ケントエンジン」をベースとして大幅に改良されたOHV1.0L/1.1Lエンジンを横置きに搭載し、駆動方式はFFでした。

↓2016年型フォード・フィエスタ

フォード フィエスタ 2016年型
https://www.flickr.com/

2014年、2008年から販売されている4代目フォード・フィエスタが日本に上陸しました。
車幅は1,720mmで、5ナンバーの上限である1,700をわずかに上回るため日本では3ナンバー登録になりますが、視界が良好で車両感覚がつかみやすく、5ナンバーと変わらない運転感覚になっています。
また、2014年、フィエスタに追加された直噴ターボ+可変バルブ構造を持つ、新世代の1.0L 3気筒ターボ EcoBoostは、ダウンサイジングの最先端を走りながらも、実用燃費のよさとターボによる力強さを兼ね備えていることが大きく評価されています。

フォード新型フィエスタ|3ドアハッチバックと5ドア2モデルで発売日は2017年か!

最新「フィエスタ」中古車情報
本日の在庫数 18台
平均価格 161万円
本体価格 17~400万円
フィエスタの中古車一覧へ

フォード・フィエスタRSが走りまくる動画!

ケンブロック動画7選|世界最高級のドリフト&ドライビングテクニックを見よ

フォード・フォーカス

フォード フォーカス ST 2016年型
https://www.flickr.com/

フォルクスワーゲン・ゴルフなどのライバルと差別化するために、それまでのフォード車の印象を一新するデザインで1998年にデビューしたフォーカス。
ボディ形状は、3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、5ドアワゴン、4ドアセダンで構成されています。
足回り前にマクファーソンストラット、後マルチリンク式サスペンションを特徴とした新開発プラットフォームを採用しての登場でした。
その一方で、シートの着座地点を上げ、それに伴って視界や操作感覚などを改善した「コマンドポスト」を採用するなど、人間工学面で当時の第一級水準の研究結果が盛り込まれました。
2000年、2001年にはシリーズ生産台数でフォード・フォーカスは世界一位に輝き、現在でも約120ヶ国で販売されるグローバルカーです。

フォード・フォーカスまとめ|スペックや燃費と中古車価格などをご紹介!

最新「フォーカス」中古車情報
本日の在庫数 21台
平均価格 382万円
本体価格 60~649万円
フォーカスの中古車一覧へ

2016年にフォードは日本徹底!しかし今後に期待!

フォード ロゴ 1 2016年型
fpra CC 表示 – 非営利 – 継承 2.0 / CC BY-NC-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

フォードの歴史についてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか?

かっこいいイメージのフォードの車ですが、資本主義の申し子のような歴史がありましたね。
むしろ、それを今日まで貫いているところをかっこいいと評価するべきでしょうか。
さて、フォードモーターといえば、2016年中に日本でのすべての事業から撤退するとの発表がありました。
現状、日本では国産車の需要が高いのに加えて、コンパクトな欧州車に人気が集まっています。
どうしてもコアなイメージの強い「アメ車」から抜けられない日本人の感覚が、今回の撤退につながったのかもしれません。
いずれにせよ、フォードファンにとってみれば、悲しい事態であることに違いありません。
いつの日か、アメ車人気とともにフォードモーターが日本に戻ってくることを願って、筆を置くことにします。

フォード車を紹介するまとめ記事

リンカーン・ナビゲーターまとめ|フォードの高級SUVの新車と中古車価格など

復活の超高性能マシン新型フォードGTとは?その実力と話題まとめ

フォード・コルチナ(コーティナ)まとめ|隠れた名車?!中古車価格もご紹介!

フォード・ブロンコまとめ|中古車価格や燃費など大型SUVのスペックをご紹介!

MOBYではこんなまとめ記事も人気です!

アメ車とは?その定義と特徴と人気&おすすめ中古車ランキングを総まとめ!

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ